髪の毛を生やす方法まとめ!本当に効く7つの発毛方法

育毛
更新:2022.08.19
育毛剤を使う男性
フサくん

「最近髪の毛が少なくなった…!?」と感じることはありませんか?

髪の毛が気になっているけどどうしたらいいのかわからないからと何もしていない人が多くいます。
まだ大丈夫だろうとそのまま放置しておくと進行してハゲてしまうかもしれません。

手遅れになる前に髪を生やすための行動に移りましょう!

フサフサへのステップ

この記事ではフサフサへの2番目のステップ「髪の毛を生やす(発毛)」について解説しています。
気軽に試せる方法から、どうしても髪を生やしたいという人のための本気の方法まで紹介しています。
自分にあった方法を選んで髪を生やしましょう!

髪の毛をフサフサにするためにはまずは減らさないことが重要です。
前のステップ「抜け毛を減らす」がまだの方は下記からどうぞ。

この記事は公益社団法人日本毛髪科学協会を参考に作成しています。

髪を生やすのに必要なこと

髪を生やすのには3つ必要なことがあります。
それぞれの要素を実現するための方法を順に説明します。

  • 男性ホルモンの影響を抑える
  • 頭皮環境を整える
  • 髪に必要な栄養を摂る

男性ホルモンの影響を抑える

男性

男性の薄毛の原因の1つとして男性ホルモンの影響があります。
DHTという悪玉の男性ホルモンによって抜け毛が増えてしまうのです。

男性の薄毛に多い男性型脱毛症(AGA)も男性ホルモンの影響で発症します。

抜け毛が多ければいくら髪を生やしても増えません。
そのため髪を生やすためにはまず男性ホルモンの悪い影響を抑えなければいけません。

  • サプリメントを摂取
  • 育毛剤を使う
  • 発毛剤を使う
  • 専門のクリニック

オナ禁も効果があると言われていますが、上記の方法に比べると効果的ではないので合わせて実践などするといいでしょう。

頭皮環境を整える

髪を上げる女性

髪を生やすためには土台となる頭皮の状態を健康に整えましょう。

頭皮には細い毛細血管が無数にあって血液によって運ばれてくる栄養で髪は生成されます。
そのため頭皮の血行が悪ければ髪の毛に必要な栄養が不足してしまいます。

また毛穴の詰まりや乾燥なども改善していきましょう。
頭皮の環境が悪いと髪が生えないだけではなく抜け毛の増加にもつながります。

頭皮環境を整える方法

  • 頭皮マッサージ
  • 育毛シャンプー
  • 育毛剤を使う
  • 専門のクリニック

髪に必要な栄養を摂る

青汁を飲む男性

髪をつくるのに必要なタンパク質や亜鉛などの栄養を摂りましょう。

日頃の食事でバランスよく食べることができるのが理想です。
しかし、食事だけでは難しいので足りないものや摂りにくいものはサプリメントで補うのがオススメ。

健康的な食事は髪だけでなくダイエットにも効果があるため、髪の毛を生やしながらダイエットができると考えるとよりがんばれると思います。

髪に必要な栄養を摂る方法
  • バランスのよい食事
  • サプリメントを摂取

髪を生やす7つの方法

具体的な髪を生やす方法を解説していきます。
髪を生やすのに必要なことをそれぞれ満たすように複数組み合わせて行うといいでしょう。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージ

頭皮をマッサージで揉みほぐすことで血行を改善できます。
頭皮を傷つけないように爪を立てず指の腹を使いましょう。

心身ともにリラックスできるというメリットもあります。
一度に長時間ではなくてもよいので毎日5分でも継続してできるといいですね。

頭皮マッサージの効果
  • 頭皮環境を整える

育毛シャンプー

シャンプー

シャンプーを行うことで髪と頭皮を清潔にすることができます。
毛穴に皮脂が詰まったままだと様々なトラブルの原因になります。

また、使用するシャンプーの種類も重要です。
洗浄力が強すぎるものや肌にあっていないシャンプーを使っていると薄毛の原因になるので気を付けましょう。

通常のシャンプーよりも育毛シャンプーは血流改善や抗炎症など頭皮へのいい働きがあり、薬用シャンプーはフケや炎症を抑える有効成分を配合しています。
自分の頭皮の状態にあったものを使うことでより効果的に発毛することができるでしょう。

育毛シャンプーの効果
  • 頭皮環境を整える

育毛剤を使う

ボトル

育毛剤は今ある髪の毛が細くなったり、抜けるのを対策するために使用するものです。

薄毛の原因となる男性ホルモンの流れを阻害する働きがあり、薄毛の進行を止めることで薄毛を改善できます。
また新しい髪の毛が生えやすいように頭皮環境を整える効果があります。

発毛剤と違い、育毛剤は副作用がほとんど無いように作られているので使用するときは安心して使うことができますね。

育毛剤の効果
  • 男性ホルモンの影響を抑える
  • 頭皮環境を整える

バランスのよい食事

色とりどりの野菜

髪の毛も栄養が必要ということから食事も気をつけましょう。
見直しをして改善するだけでも薄毛対策に繋がります。

忙しいからといってコンビニ弁当やファーストフードで適当にすませていませんか?
栄養が偏った食事をとることで血圧の上昇や血流が悪くなったりするため頭皮に悪影響がでます。
タンパク質、亜鉛、ビタミンを満遍なくとるようにしてきましょう。

バランスのよい食事の効果
  • 髪に必要な栄養を摂る

サプリメントを摂取

サプリメント

毎日の食事で気をつけていても髪の毛に必要な栄養全てを摂るのは難しいのでサプリメントを使用するのがおすすめです。

サプリメントを買う時に適当に選ぶと栄養が偏ってしまうためまずは日々の食事を見直して何の栄養が足りていないのかを確認した上でサプリメントを選びましょう。

食事とサプリメントを合わせることで内側からの薄毛の対策は十分なものになります。

サプリメント摂取の髪への効果
  • 髪に必要な栄養を摂る

発毛剤を使う

頭皮にスプレー

育毛剤と発毛剤は同じようですが実は違います。
発毛剤は育毛剤と違い新しく髪の毛を生やすようにする効果があり、ミノキシジル、フィナステリドなどの成分が入った医薬品です。
既に薄毛が進行している人が使用するものと言えます。

ミノキシジルは副作用として多毛症や動悸やむくみを感じることがあり、フィナステリドは食欲不振、じんましん、むくみ、うつなどの症状が出ることがあります。

このような副作用があるため薬局で購入する場合には、薬剤師からの質問を受ける必要があります。

また、塗るタイプとは別に飲む錠剤タイプのものもありますがこちらは薄毛治療をしているクリニックで処方してもらわないと手に入れることができません。

発毛剤を使用するときは副作用があるということをきちんと理解した上で使用しましょう。

発毛剤を使う効果
  • 男性ホルモンの影響を抑える
  • 頭皮環境を整える

専門のクリニック

医師とカルテ

一人では髪を生やすのが難しいと感じる人も多いと思いますがそういった時にはAGAや髪専門のクリニックを頼るのも一つの手です。

薄毛は個人によって状態・進行度が違うのでそれぞれにあった適切な治療方法を見つける必要があります。
無料カウンセリングを行っているクリニックも多いので、うまく活用し自分に合った治療方法を見つけるようにしましょう。
また、カウンセリング前に費用などの面で不安な部分を質問しておくことで不安も解消できるためおすすめです。

治療としては薬を処方してくれるのはもちろん、植毛、注射器で直接頭皮に薄毛に効果がある成分を注入する毛髪再生治療があります。

専門のクリニックの効果
  • 男性ホルモンの影響を抑える
  • 頭皮環境を整える

タイプ別の髪を生やす方法の選び方

とにかく楽なのがいい人

深呼吸

めんどくさがりで楽をしたい人にオススメなのが、育毛シャンプーとサプリメントです。

メリットとしては手間がかからないということです!
普段使っているシャンプーを育毛シャンプーに変えるだけで、毎日時間をとって何かをしなければいけないということもありません。
サプリメントも1日数粒飲むだけなので一瞬で済みますね!

育毛シャンプーやサプリメントの購入もネットでかんたんにできるため自宅からわざわざ出る必要もありません。

既に薄毛が進行してしまっている人には効果的ではない場合があるので、気になり始めた人や今後のために対策したいという人向けです。

とにかく楽に生やす方法
  • 育毛シャンプー
  • サプリメント

自宅で手軽に行いたい人

家 リビング

自宅で手軽に行いたい人は楽に生やしたい人向けの方法に頭皮マッサージと育毛剤を追加した方法です。
全て自宅で1人でできるので手軽です。

頭皮マッサージと育毛剤を使うのも毎日決まったタイミングで行うなど習慣化してしまえばいいでしょう。
組み合わせて行うことで、より効果を発揮します。
根気よく生えるまで続けてみましょう!

自宅で手軽に生やす方法
  • 頭皮マッサージ
  • 育毛シャンプー
  • サプリメント
  • 育毛剤

本気で髪を生やしたい人

薄毛の男性

本気で髪を生やしたい人にはAGAなどの専門クリニックか発毛剤を使うのがオススメです。
一番髪を生やすことができる可能性が高く、一刻も早く解決したいと悩んでいる人には向いています。

クリニックの場合は薄毛になっている原因をしっかりと判明させることができるため、自己判断による間違った対策をするリスクがなくなります。
また1人1人にあわせた対応になるので安心です。

デメリットとしては保険のきかない治療で費用がかかってしまうことと、発毛剤によっては副作用があることです。
あなたに合わせた提案をしてくれるのでまずは専門のクリニックで相談してみるのがいいでしょう。
カウンセリングは無料で行っているところが多いので気軽にいけます!

本気で髪を生やす方法
  • クリニック
  • 発毛剤

まとめ

以上髪を生やす方法でした。
あなたにあった方法をぜひ試してみてください!
複数組み合わせて行うことでより効果的に発毛することができると思います。

髪の毛を生やすことができたら生やした髪を育てましょう!
フサフサへの次のステップは「髪を太く丈夫に育てる(育毛)」です。

0%