かぼちゃの種の育毛効果!栄養豊富で髪の毛にもいい影響?

育毛
更新:2022.07.10
カボチャの種

かぼちゃの種であるパンプキンシードには各種ミネラルやビタミンが豊富に含まれており、最近は健康維持やダイエットの時の栄養補給には欠かせない食材となっています。

この記事ではかぼちゃの種の育毛効果について解説します。かぼちゃの種に含まれている髪や頭皮にいい栄養成分やオススメのかぼちゃの種の食べ方についてご紹介!

かぼちゃの種の育毛効果

実はあまり知られていませんがかぼちゃの種(パンプキンシード)には育毛効果があり、その高い栄養成分が体の細胞分裂に良い影響を与えるのはもちろんのこと、他の種子にはないユニークな機能が備わっているのです。

5αリダクターゼ阻害作用

かぼちゃの種(パンプキンシード)の持つユニークな機能、それは5αリダクターゼ阻害作用です。
これは男性型脱毛症(AGA)の治療薬に備わっている働きと大変近いのです。

男性の頭髪が薄い人というのはたいていこの5αリダクターゼの働きが活発で、このことにより男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されてしまい、それが毛乳頭にあるレセプターと結びつくと毛髪の成長サイクルが正常に働くなり抜け毛、薄毛が進行してしまうのです。

厳密にはっきりと分かっているわけではありませんが、かぼちゃの種(パンプキンシード)の脂肪酸やリグナンはホルモンバランスの安定につながると考えられており、それが発毛サイクルの正常化に効果があるとされているのです。

昔からヨーロッパで薬などに

ヨーロッパでは昔から植物療法が盛んで、今でもかぼちゃの種(パンプキンシード)から抽出したエキスは前立腺肥大の治療などの薬に使用されています。

そして男性型脱毛症の治療薬の有効成分であるフィナステリドも当初開発された理由は前立腺の治療目的であり、こういった共通点も育毛効果に期待が持てる要因として考えることができます。

あわせてしたい薄毛対策

確かにかぼちゃの種(パンプキンシード)に育毛効果がありますが、ただ食べるだけでは髪をフサフサにするのには不足です。

さらに髪の毛と頭皮へ効果のある薄毛対策をしましょう。

育毛サプリ

髪の毛をフサフサにするのに必要な栄養成分は他にもあります。
しかし日頃の食事だけでは補えきれない成分も多いので、育毛のためのサプリで摂取するのがオススメです。

育毛剤

食事やサプリで内側から栄養素を与えるのとあわせて育毛剤を使って外側からも発毛促進するのがオススメです。

まとめ

かぼちゃの種(パンプキンシード)には髪や頭皮にいい栄養成分が多く含まれているため、育毛効果があるといえるでしょう!

しかしかぼちゃの種を大量に食べるのは難しいですし、食べているだけで薄毛が改善できるというわけではないのでその他の方法と一緒に行うことが大切です。

0%