【メディカルダイエット】フォシーガってどんな薬?効果や副作用、使用方法などを解説!

ダイエット
更新:2022.06.30
薬

いわゆる「やせ薬」と呼ばれるものがいつの時代も発売され、ダイエットしたい人の間で注目されます。

男性

今回紹介するフォシーガもダイエット効果が期待できる薬として関心が高まっています。
運動しなくても痩せることができるのは本当でしょうか?

この記事ではフォシーガのダイエット効果があるのか、服用方法、服用するにあたっての注意点について解説します。

そもそもフォシーガってどんな薬?

薬

フォシーガという薬品名を今回初めて耳にしたという人もいるでしょう。
フォシーガとはどのような患者さん向けの薬でどんな効果があるかについて、まずはくわしく見ていきましょう。

フォシーガの期待される効果

フォシーガには血糖値を抑制する効果があります。

血液中に含まれる糖分は腎臓から再吸収されて血中にとどまります。
フォシーガにはこの腎臓からの再吸収を阻害する働きがあります。
そして腎臓に再給されなかった糖分はそのまま尿として体外に排出されます。

フォシーガを毎日服用し続けることで、60~100g程度の糖分を排泄できるといわれています。
このため血中に含まれる糖分が減少するわけです。

どんな患者に処方される?

糖尿病の患者

血糖値の上昇を抑制する効果があるので、糖尿病の患者さんに対して処方されます。糖尿病の中には先天的な1型と後天的な2型の2タイプがあります。いずれのタイプについても血糖値を正常値で維持するために効果があります。1型糖尿病患者はインスリン注射を行っているでしょうが、インスリンとの併用も可能です。

慢性心不全の患者

またフォシーガには心血管疾患の悪化による複合リスクを低下することが立証されている医薬品です。そこで慢性心不全、特に左室駆出率の低下した患者さんに処方されます。

慢性腎臓病の患者

さらに蛋白尿を減少し、腎機能を守る効果もあります。このため、慢性腎臓病の疾患を抱えている患者さんにも処方されます。ただし末期の腎不全や透析を行っている患者さんに対する効果や安全性がまだわかっていないので、使用されません。

ダイエット用の医薬品として処方されることは?

フォシーガはダイエットにも効果が期待されています。
※具体的なダイエット効果については別項で詳しく見ていきます。

美容クリニックの中にはダイエット用にフォシーガを処方している所もあります。
運動なしで痩せることが可能であるメディカルダイエットは最近人気です。

糖尿病や心不全、腎臓病の場合、薬の処方では保険が適用されるので3割負担になります。しかしダイエット目的の場合、保険診療の対象外です。自由診療扱いなので、薬代は全額自己負担になりますので注意してください。

フォシーガのダイエット効果

ダイエット
男性

フォシーガが注目されているのはダイエットへの効果が期待できるからです。
なぜフォシーガを服用すると痩せるのか、どのくらいの減量が期待できるのか詳しく見ていきましょう!

糖分の排泄作用が関係

フォシーガには血中の糖分が腎臓から再吸収されるのを抑制する効果があります。もともと人間にとって糖分が必要なエネルギー源なので、腎臓から再吸収され、できるだけ血中にとどまるような仕組みになっています。しかしこれだけ血糖の高い状態が続き、なかなか痩せません。

フォシーガには糖分の再吸収を阻害し、尿で糖分を体外に排出する効果があります。フォシーガには1日60~100gの糖を排泄できます。糖には1g当たり4キロカロリーと言われています。つまり1日240~400キロカロリーを排出できます。カロリーの排出が進むことで、ダイエット効果が期待できるわけです。

1ヶ月1~2kg程度のダイエット効果も

1日あたり240~400キロカロリーの糖の再吸収を抑制できるフォシーガを1か月服用し続けると、7,200~12,000キロカロリー分の糖が排出されます。体重1㎏落とすには7,000キロカロリーが必要と言われています。つまり1か月フォシーガを服用すれば、1~2kg程度のダイエットが十分可能な計算です。

どんな人におすすめ?

フォシーガダイエットは食事制限や運動をしなくても減量効果が期待できます。フォシーガを服用するだけで、ナチュラルにダイエットできます。ダイエットをしたいけれども仕事などが忙しいと、自炊したり運動したりするのが難しいでしょう。そのような忙しい生活の中で手軽にダイエットを実践してみたい人におすすめの方法といえます。

フォシーガを購入するには?

薬局

薬局などでは購入できない

市販薬としての販売は認可されておらず、ドラッグストア等の店頭で同様の薬剤を購入することもできません。

クリニックで処方してもらう

ダイエット用として美容クリニックで処方してもらうことができます。

メリットとして医師からの処方を受けるので安心です。
困った時に相談することもできるのでまずはカウンセリングにだけ行ってみることもできますし、他の方法を提案してもらうこともできます。

デメリットとしては保険が効かないので全額自費での購入のため高額になります。
また、追加で購入する場合も再度クリニックで処方してもらう手間があります。

個人輸入代行サイトで購入可能

おすすめなのが個人輸入を利用する方法です。

代行サイトであれば通販サイトでネットショッピングするのと同じような感覚で注文できます。

ネットでの手続きですから24時間いつでも好きなタイミングで利用できます。さらに商品は自宅に届きますのでお店に行く必要も一切ありません。

そして金額もまとめて購入することで大幅に安く入手可能になります。

フォシーガの服用方法について解説

薬

フォシーガでダイエットするのであれば、正しい用法・用量を理解しておくことが大事です。いつ服用すればいいか、どのくらい飲めばいいか、服用期間について解説しますので参考にしてみてください。

服用するタイミング

特定の時間に服用しなければならないというルールはありません。しかしおすすめなのは朝に服用するものです。フォシーガは糖分を尿として排出する作用があります。つまり薬が効いている間は尿意を催しやすくなります。夕方以降に服用すると、就寝中に何度もトイレで起きないといけなくなります。睡眠不足に陥る恐れがありますので、朝に飲むのがおすすめです。また1回服用したら、12時間以上開けてから次に服用するように心がけましょう。

1回あたりの用量

1回あたりの用量ですが、5mgです。おそらくどのフォシーガも1錠5mgのはずなので、1日1錠服用するように心がけましょう。ただしもし服用してしばらく経過しても効果が表れていないようであれば、1日2錠・10mg服用するといいでしょう。10mgを超える量のフォシーガを一度に服用するのはやめてください。

ちなみに服用する場合には水もしくはぬるま湯で飲みましょう。お茶やコーヒー、紅茶などと一緒に服用すると想定通りの効果が現れなくなるかもしれないからです。

どのくらいの期間服用すべき?

自分が目指す体重になるまでフォシーガを服用すればいいです。長期服用しても問題ないことは、研究でも立証されています。むしろ過去の長期投与試験を見てみると、血糖コントロール効果が期待できることがわかっています。血糖値を正常値の範囲内に収めたければ、できるだけ長く服用することです。

フォシーガを服用する際の注意点

医師からの禁止

フォシーガを服用し続けることでダイエット効果が期待できます。しかし一方で医薬品なので、使い方には注意すべきポイントがあります。禁止事項と注意点がいくつかありますので、ここでまとめました。

禁止事項

フォシーガには禁忌事項がいくつかありますので注意してください。糖尿病性昏睡や前昏睡の症状のある方は服用してはいけません。その他にも感染症で重症になった、手術前後をはじめとして重篤な外相を抱えている人も服用すべきではないといわれています。さらに過敏症でフォシーガに含まれる成分で何らかの既往歴のある人も服用すべきではありません。

その他にも高齢者やよくお酒を飲む人もフォシーガの服用には慎重な態度で臨んだ方がいいです。低血糖症や脱水症を引き起こすリスクが高いからです。女性の場合、妊娠中や授乳中の方はフォシーガを服用しても差し支えがないか、主治医に相談するのが賢明です。

注意事項

フォシーガを服用して副作用の現れることがありますので注意が必要です。主なものとして、低血糖症があります。低血糖症になると冷や汗が出たり、動悸が激しくなったりします。最悪けいれんや意識障害を起こすこともまれにあります。服用してしばらくして上のような症状を自覚したのであれば、まず安静にすることです。そして糖分を補給しましょう。砂糖をそのまま摂取してもいいですし、清涼飲料水には糖分が含まれているのでこちらを飲むのもいいでしょう。

またフォシーガを服用すると体内の糖分が尿で排泄されます。すると陰部に糖分が付着する場合があります。これを放置していると尿路感染症やカンジダをはじめとした性病を引き起こすかもしれません。用を足したらウォシュレットで陰部を洗浄するなど、清潔な状態を保つように意識してください。

フォシーガの効果はどう?口コミを検証

ユーザー

フォシーガに興味があるけれども、実際のところ効果がどうなのかまだ心配という人もいるでしょう。フォシーガダイエットに挑戦した人の体験談がネット上にいろいろと投稿されています。これを見ると「効果があった」という人もいれば「効果がなく、むしろトラブルが起きた」という意見も見られました。良い口コミと悪い口コミをいくつかピックアップしてみました。

良い口コミ

効果を感じられた!
利尿作用がかなり強くトイレがかなり近くなりましたが、私の場合3kg程度ダイエットできました
痩せたしむくみも気にならなくなった。
1日1回半錠(5mg)を服用して2週間で2kg体重が減りました。尿量が増えたことでむくみが気にならなくなったので満足しています
今まで通りの生活でも期待できる
普段運動はしませんし、スイーツも大好きなのですが服用したら徐々に痩せていきました。暴飲暴食さえしなければ効果は十分期待できると思います

このようにフォシーガを服用して数週間くらいで効果が実感できた、という人は結構いました。またむくみの症状も軽減する可能性があるというので、女性も試してみる価値はあるでしょう。

悪い口コミ

途中で挫折してしまいました。
1日1回フォシーガを服用したところ、尿量は確実に増えました。でも膣カンジダになってしまって辛くなったので途中で挫折してしまいました…
副作用?でやめてしまった
ダイエットに効果があると聞いて購入して実践したのですが、低血糖症なのか頭痛や吐き気、めまいがあったのでやめてしまいました
体重はしっかり落ちたけど
思っていたよりも早く体重が落ちたのですが、ほてりや震えの副作用がありました。時にボーっとしたのでパソコン作業や運転する前に服用するのはよした方がいいと思います

フォシーガを服用したところ、何かしらの副作用が出たというコメントも時折見られました。最初の膣カンジダは洗浄を念入りに行えば予防は十分できるので、排便時のウォシュレットは欠かさず行いましょう。

フォシーガに関するよくある質問

FAQ

フォシーガダイエットにチャレンジしようと思っているけれども、まだ踏ん切りがつかないという人もいるでしょう。そこでここではフォシーガに関するよくある質問をいくつかピックアップしてみました。使用する前の参考にしてみてください。

フォシーガ購入時に保険は使えますか?

購入する目的によって変わります。糖尿病や心不全、腎臓病の治療薬として処方された場合には保険診療の対象で3割負担で買い求められます。しかしダイエット目的のためであれば、自由診療扱いです。薬の代金も全額自己負担になりますのであらかじめ理解しておいてください。

フォシーガの値段はどのくらいですか?

アストラゼネカ製のフォシーガの価格を参考情報として紹介しますと、1錠あたり5mg錠が179円・10mg錠が264.9円です。

ほかのダイエット薬を服用しているのですが、併用は可能ですか?

フォシーガは2022年6月現在、併用禁忌薬は報告されていません。ですからほかのダイエット薬と併用しても基本的には問題ありません。ただし服用して何かしらの症状を自覚した場合には速やかに使用を中断して、医師の指示を仰いでください。

まとめ

薬

フォシーガは体内に吸収されるはずの糖分を尿として体外に排出する作用があります。1か月服用すれば、1~2kg程度の減量は十分可能です。ダイエットしたいけれどもなかなか時間が取れないというのであれば、フォシーガを服用してみるといいでしょう。1日1回、トイレが近くなることも考えて朝服用するのがおすすめです。ダイエット効果は十分期待できますが、一方で副作用として低血糖症を引き起こすことがあります。副作用に十分注意して、無理のないダイエットを実践してみませんか?

0%