男性のクマの種類と原因、対策について解説!目元でマイナスの印象になってない?

メイク
更新:2022.06.29
目元

鏡を見たときに、目の下のクマが目立つ…このような悩みを抱えていませんか?クマが目立つといろいろと不具合が生じかねません。クマと一言で言いますが、いろいろな種類があります。まずは自分のクマがどのタイプなのか把握して、その原因と対策について考えていきましょう。

目の下のクマが与える影響

鏡を見る男性

目の下にクマがあると、どうしても周りからマイナスの印象を抱かれがちです。どのような悪影響が考えられるか、以下にまとめました。

目の下のクマが与える印象とは?

目の下のクマが目立つと、どうしても疲れている印象を与えがちです。その他にも老けて見られてしまう恐れがあります。実年齢よりも見た目の年齢が上でオジサン視されてしまうでしょう。目元の印象はその人の第一印象を決めるところがあるので、クマが目立っているとマイナスのスタートになってしまいます。

女性の場合、メイクで目元のクマを隠すこともできるでしょう。一方男性の場合、若い人の間ではメイクする人も徐々に増えています。しかし全体的に見ると、メイクをするメンズはまだまだ少数派です。メイクをしないと目元のクマがより目立ってしまいます。ですから女性以上に男性は、目元のクマに対してしっかり対策をする必要があるわけです。

男性の方が女性よりも目元のクマの目立ちやすい理由

実は目元のクマは女性よりも男性の方が目立ちやすいといわれています。特に年齢を重ねれば重ねるほど、その傾向が強まります。というのも目も下の変化は男性の方が大きいからです。その理由は眼窩脂肪量にあります。目元の脂肪量は基本的に男性の方が女性よりも多いといわれています。脂肪が多いので年齢とともに目元のたるみが目立ちます。たるみでより肌の表面がりったり的になるので影ができやすいです。このため、よりはっきりクマが浮かんでしまいます。とあるクリニックのホームページを見ても、目元の印象で相談に訪れる患者さんで多いのは30~50代の男性と言います。中高年に差し掛かってきたのであれば、クマをはじめとして目元ケアをしっかり行う必要があります。

職種によってはかなりの影響も

特に営業職や販売スタッフのような人と対面して仕事をする男性の場合、クマが目立つのは致命的になりえます。相手の印象があまりよろしくないので、うまいこと商談を進められなくなる恐れがあります。その結果、自分の成績にも深刻な影響を及ぼしかねません。

特に接客業の場合、クマの目立つ男性スタッフを女性が嫌がる傾向があるようです。クマのある男性スタッフに対し、女性は「とっつきにくそう」「怖そう」という印象を持ちがちです。女性客の足が遠のき、お店の業績にもマイナスの影響を与えることも考えられます。

コロナ禍で目元の印象がより重要に

クマの与える影響は、この度のコロナ禍でより大きくなったと考えられます。感染防止の観点から、外出する際にはマスクを着用する方が多いでしょう。ハナから口元にかけて、マスクでカバーされるので外に露出しているのは目元だけになってしまいます。ですからクマがあると、疲れている、老けている印象がより前面に出てきてしまいます。当面マスク生活は続くとみられているので、目元のクマが目立つようであれば早めに対策を講じたほうがいいでしょう。

目元のクマには種類がある

さまざまな色

目元のクマというと、黒く変色している状態をイメージする人もいるでしょう。しかしよく見てみると、色合いが人によって異なります。どのような色かによって、その原因や対処法が異なります。まずは自分の目の下のクマが何色をしているか、鏡でしっかり確認しましょう。

青クマ

目元があざのように青黒く変色しているようであれば、青クマに該当するでしょう。「自分がそうかも?」と思うのであれば、目の下を引っ張ってみてください。もしこれでクマが薄くなったのであれば、青クマです。

黒クマ

目元のクマというと黒く変色している状態をイメージする人もいるでしょう。クマの中でも黒クマはもっともポピュラーなタイプといわれているからです。目の下のクマの中でも9割以上がこのタイプに該当するといわれているほどです。もし「自分はそうかも…」と思うのであれば、目の上の瞼を引っ張ってみてください。すると目の下のたるみやくぼみがなくなるはずです。この時色が薄くなったように思えたのであれば、黒クマだと思いましょう。

茶クマ

目の下が茶色っぽく変色するのが茶クマです。確認方法として青クマ同様、目の下を引っ張ってみましょう。もし皮膚と一緒に茶色く変色したところが動いた場合、茶クマだと考えましょう。ほかのクマと違って、皮膚自体が色素沈着している状況だからです。

赤クマ

赤クマはいわゆる赤い色をしているわけではありません。どちらかというと赤黒く目元が変色している状況を指します。この見分け方ですが、日中の屋外など明るいところに出て、正面から鏡を見るか、スマホで撮影してみてください。屋内でも照明のついた明るいところで黒っぽく見えてしまうので、屋外で確認するのがおすすめです。

青クマの原因と対処法

眠そうな男性

もし自分が青クマだと思ったのであれば、その原因は何でしょうか?原因が分かったところでどのように対処すればいいかについて解説します。

毛細血管が影響

青く変色する要因は、皮膚の下を走っている毛細血管です。目元はもともと皮膚がそんなにないので、毛細血管の色味が透けて見えてしまいます。健康な状態であれば血液の赤い色をしているのですが、調子を崩すと暗めのトーンになって、青黒く見えてしまうのです。

ではなぜ毛細血管のトーンが暗くなるのか、それは生活習慣の乱れが関係しています。睡眠不足やストレスなどで血行が悪くなると青クマが発生しやすくなるので注意しなければなりません。

十分な休息が必要

改善するためには、生活習慣を見直しましょう。特に十分な睡眠時間を確保することが大事です。まず眠る前にスマホを見るとブルーライトの影響で脳が覚醒してしまいます。寝つきが悪くなりますので、眠る前にスマホの画面を見るのはおすすめできません。

また目元の血行を改善するためにマッサージをするのもおすすめです。蒸しタオルを目元に乗せて温めることでも結構は促進されます。蒸しタオルは身近なもので簡単に作れます。タオルに水を含ませ軽く絞ります。これを電子レンジに入れ、加熱しましょう。電子レンジを使用する際には500~600Wで30秒から1分を目安にしましょう。

黒クマの原因と対処法

美顔グッズ

目の下のクマの大半はこの黒クマと言われています。特に年齢を重ねると黒クマの発生リスクが高まるので、しっかり対策を講じたほうがいいでしょう。

皮膚のたるみが原因

黒クマの原因は一言で言ってしまうと、目元のたるみです。皮膚がたるむことで段差が生まれます。そこに影ができるので、黒っぽく変色するわけです。ではなぜたるみが起きるのか、加齢のほかにも紫外線が関係しているかもしれません。紫外線が体に有害であることは広く知られていますが、皮膚にもよくありません。コラーゲンが減少して、皮膚の弾力が梁が失われ、たるみやすい状態になってしまいます。

スキンケアでアンチエイジング対策を

目元のたるみ対策を進めることが、有効な改善方法といえます。目元のボリュームアップのためのスキンケアを早く進めるといいでしょう。洗顔をして清潔な状態を保ち、マッサージをするのがおすすめです。マッサージすると血行が促進され、肌に必要な栄養分が血液に乗って運ばれます。その結果、目元のツヤや弾力が戻るかもしれません。また洗顔は毎日している人も多いでしょうが、やり方を間違えるとたるみを助長する可能性があります。洗顔をするときにはゴシゴシ強めの力でこするのはおすすめできません。指の腹を使って十分洗顔料を泡立て、優しくなでるような感じで洗顔しましょう。これでも余分な皮脂や汚れは十分取り除けます。

筋力の衰えによって、目の下のたるみが進んでしまう可能性もあります。そこで周りの筋肉、特に表情筋をトレーニングする方法もおすすめです。やり方は簡単です。目じりの下あたりに指を持ってきます。そして瞬きをするような要領で指を下から上に持ち上げ、下ろすを繰り返しましょう。10回を目安に行ってください。最後に目をぎゅっと閉じます。これを1セットにして、2~3セット繰り返し続けると表情筋に刺激を与えられます。

茶クマの原因と対処法

紫外線対策グッズ

茶クマは皮膚の表面で起きていると考えられます。間違った生活習慣やスキンケアで発生しやすくなるので、日頃の自分の生活を見直してみるといいでしょう。

シミと原理は一緒

茶クマの原因はずばり、メラニン色素です。メラニン色素が色素沈着を起こすと、茶クマができやすくなります。茶クマとシミは基本的に発生するメカニズムは一緒です。茶クマができるのは、シミのできやすい生活習慣をしているからです。例えば日中外出する際にUVケアを行っていない、洗顔でゴシゴシ強めの力でこするようなやり方をしていると起こりやすいです。メラニンは紫外線や摩擦で分泌されやすいので注意が必要です。

美白ケアを進めよう

茶クマ対策は、美白ケアとほぼイコールと考えてください。まずはメラニンの分泌しやすい生活習慣を改めることです。こすらない、紫外線を当てないようなケアが必要です。洗顔する際には目元はゴシゴシこすりすぎないように注意しましょう。また日中外出するときにはUVクリームを塗るなどの紫外線対策を進めましょう。夏場の場合、クリームを塗って外出しても汗ですぐに流れる恐れがあります。そこでクリームを携帯して、こまめに塗り直したほうがいいです。それが面倒であれば、つばの大きめの帽子をかぶって外出するのも一考です。

またドラッグストアなどに行くと美白化粧品が販売されているでしょう。このようなスキンケア化粧品を使ったケアもおすすめです。ビタミンC誘導体やプラセンタ、ハイドロキノンなどは美白成分として含まれています。このような化粧水や乳液、美容液などを使ってメラニン色素の生成を抑制する湯女ケアを進めましょう。

赤クマの原因と対処法

男性の目の疲れ

赤クマの原因ですが、眼輪筋という目の周りの筋肉の色が透けて見えている状況です。これは目の下にある脂肪が筋肉を押し出すような形になっているので生じると考えられています。

目を酷使している人は注意が必要

赤クマができてしまうのは、ズバリ目の使い過ぎです。デスクワークがメインで長時間パソコンの画面とにらめっこしている、もしくはスマホでゲームをやりすぎていると赤クマができやすくなります。ですから赤クマが気になるのであれば、パソコンやスマホを必要以上に使いすぎないように注意してください。

目をリラックスさせよう

目の酷使が原因なので、目に休息を与えることが重要です。パソコンやスマホをずっと見続ける環境を改善することが優先です。特に何もすることがない時にだらだらスマホでゲームを行っているのであれば、その習慣は見直したほうがいいです。しかし中には仕事の関係で、どうしてもパソコンを長時間見続けないといけないという人もいるでしょう。その場合には、仕事外の時に目をしっかり休ませましょう。

具体的には蒸しタオルで目元を温める、市販の蒸気の出るアイマスクを使用する方法があります。このような方法で目元を温めることで血行が促進されます。また蒸しタオルを目に当てる前に、アロマオイルを数滴たらすのもおすすめです。アロマの香りをかぐことでリラクゼーション効果が期待できるからです。リラックスすると、血行も改善するといわれているので更なるプラスの効果がもたらされるかもしれません。

まとめ

男性の目元

男性も今では第一印象を重視するためにスキンケアやメイクをするのが当たり前の時代になりました。特に目元のクマは印象を大きく左右するので、クマの目立つ人は早めにケアを進めるといいでしょう。ここでも紹介したように、目元のクマでもいくつか種類があります。その種類によってクマが発生する原因や対策も違ってきます。まずは鏡を見て、自分がどのタイプに該当するか確認して、どう対処すればいいかを考えていきましょう。

0%