老けて見える?白髪の原因と対策方法

育毛
更新:2022.02.07
白髪の男性

白髪とは色素がなくなって白くなった髪の毛ですが、年齢とともに白髪が増えてきたと悩んでいる人も多いです。

白髪だから嫌いになるほどの悪い印象は一般的には与えないようですが、「老けて見える」、「老人」のイメージが多いようです。
「若々しく見られたい」と悩んでいる場合は原因を知って対策したいですね。

この記事では白髪の原因と対策方法について解説しています。
自分の白髪の原因を知り、合った方法を試してみてください。

白髪で悩む40〜60の人は要チェック!白髪の原因とは

白髪の原因を具体的に知っている人は少ないのではないでしょうか。

白髪の主な原因
  • 遺伝による体質
  • 老化現象
  • ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 不規則な生活習慣

さらにこれらは髪の悩みで多い薄毛、抜け毛と原因がほぼ一致しているのです。
そのため対策として育毛剤が白髪予防にも効果があるというのは合理的な考え方からくるものであることがわかります。

遺伝による体質

親が若い時に白髪になっていると子供も同じく白髪になるのが早いと言われていますね。
これは白髪が生えやすくなるという遺伝子が親から受け継がれるためです。

髪の毛を黒くするメラニン色素が作られにくい遺伝子、成長ホルモンの分泌量が少ない遺伝子があることで白髪が生えやすくなってしまうのです。

しかし、親が白髪が多いからといって悲観的になる必要はありません。
きちんと対策を取っておくことで若い時に白髪が増えてしまうことを防ぐことができます。

老化現象

老婆

歳をとることで身体の様々な機能が衰えてきます。

これは髪の毛の色を作り出す細胞であるメラノサイトにも影響があるため白髪が生え始めるのです。
メラノサイトは個人差がありますが歳をとるごとに減少していき死滅したままで終わってしまいます。

メラノサイトがダメになってもその機能をどうにかして補おうとする色素幹細胞が活躍しますが、その細胞も次第に機能が低下していきます。

メラノサイトとは

メラノサイトは色素細胞ともメラニン細胞ともいわれています。
「メラニン」と呼ぶ色素を産生する細胞です。

ストレス

頭を抱える男性

実はメラノサイトもストレスに影響されてしまうことをご存知でしょうか。

精神的な理由から白髪が生えてしまうということもあります。
外部からのストレスを受けることで血行が悪くなるため、頭皮の血流が悪くなり髪へ十分な栄養が回らなくなります。
最悪の場合にはメラノサイトは機能停止状態になり髪を黒くすることもできなくなってしまいます。

白髪だけではなく薄毛・抜け毛の原因となるのもこのためです。

ホルモンバランスの乱れ

歳をとることでだんだんとホルモンを調節する機能も低下していきます。
ホルモンバランスが崩れてしまうことで機能不全・支障が起きることがあるため、白髪が生えることに関係すると言われています。

特に女性の方は女性ホルモンが低下していくため、更年期から次第に白髪が増え始めます。

不規則な生活習慣

ハンバーガー
  • 食生活の乱れ
  • 飲酒喫煙
  • 睡眠不足
  • 運動不足

これらの悪い生活習慣は身体だけではなく髪の毛にも悪影響です。

上記のホルモンバランスの乱れに密接に関係しているためです。

白髪を抜くのはダメ!

バツをする女性

気になって白髪を抜くと思わぬトラブルの原因に!

数本生えていると気になってつい白髪を抜いてしまう人が多いのではないでしょうか。
一度抜いても毛が生える部分である毛乳根が壊れない限り髪の毛が生えてこないということはありません。

しかし、白髪を何度も抜くことでこの毛乳根が傷つき壊れてしまうため髪が生えてこなくなります。
頭皮のトラブルに繋がったり、薄毛の原因にもなるので抜くのはやめましょう。

白髪は抜くと増える?

抜くと増えるよと言われている人も多いと思いますが、実は白髪を抜いても増えることはないです。

白髪が生える毛穴は決まっているので白髪を抜くことで他の部分の毛穴も同じように影響されるということはないのです。
また、減ることもないので抜くことはおすすめできません。

白髪を抜いた後の髪の色は?

白髪を抜くことで後から生えてくる髪の毛は黒い!と信じている人も多いですが、それはあり得ません。

元々白髪が生えていた毛穴はメラニン色素を作り出す能力が低下しているからです。
毛根・頭皮トラブルにつながる上に、抜いた後に生えてくる髪の毛も白髪であることが多いため抜くのはやめておきましょう。

対策方法

具体的な白髪の対策方法を解説していきます。

白髪染め

白髪染め

白髪対策として最も多く用いられているのは染料を使用して行う白髪染めです。
スーパーや薬局で販売されているので簡単に買うことができます。
自宅で自分だけでもかんたんにできるのがメリットです。

また、美容院などでもメニューに入っていることも多いです。

一方で、髪染めの染料には非常に強い化学成分が含まれているため頭皮・髪の毛にダメージがあります。
髪の毛のタンパク質や水分を保持しているキューティクルに影響が出るため髪の毛の乾燥・パサパサに繋がってしまうのです。
頭皮がダメージを受けることでヘアサイクルが乱れてしまうため薄毛の原因にも繋がります。

育毛剤を使う

頭皮にスプレー

育毛剤は薄毛・抜け毛を予防することや頭皮の炎症や血行不良を改善することに使用されます。

実は白髪予防として育毛剤を使用する人も多いようです。
なぜなら育毛剤には頭皮の環境を整える成分が含まれているからです。

白髪が進行されるホルモンバランスの乱れと頭皮の硬直は密接な関係があります。
頭皮がカチコチになることで髪の毛に流れる血液が十分に行き渡らなくなるため栄養が回らず抜け毛や薄毛になる髪の毛が増加してしまうのです。
髪の毛の栄養不良は白髪染めが頭皮に与える刺激も原因として知られています。

育毛剤は白髪に直接的な効果があるとはいえないですが頭皮環境を整えることで頭皮の乾燥、頭皮の血行が改善されます。
このことから育毛剤を使うことで間接的に抜け毛・薄毛・白髪の対策につながるといえます。

ストレス解消

ストレッチをする女性

ストレスが白髪に影響するということですが100%ストレスを受けないようにするというのは不可能です。
ですが、自分にあった解消法を日常に取り入れることでストレスを軽減することは可能です。

個人としては毎日の運動が最も良いと考えます。
血行も睡眠の質もよくなり、白髪の原因をまとめて対策することができるからです。

だからと言っていきなり計画せずにランニングのように激しい運動を始めても辛くて続けることはできないと思います。
まずは自分でもできそうな簡単な運動から始めて毎日継続できるようにしてみましょう。

サプリメント

サプリメント

白髪対策として亜鉛、チロシンなどの髪に良い成分が含まれているサプリメントを飲むという方法があります。

サプリメントは毎日ただ飲むだけで良いという手軽さがあるため続けやすく、育毛剤よりも直接的な効果が出やすいと言われています。

多くのサプリメントがありますが白髪対策専用のサプリメントがオススメです。

[item-blackex slug=”gray-hair”]

専用クリニック

医師とカルテ

自分だけでは対策するのが難しいという人は髪に関する専用クリニックに頼ってみるというのも一つの手です。
薬局でも白髪対策のための薬品が販売されていますが自分一人ではあっているのかわからないという場合も多いため、病院に行くことをおすすめしている医師も多いようです。

治療だけではなく食習慣や栄養バランスの指導、1人1人に合っている処方箋を出してくれるため、何もわからずに一人で対策するよりは効果的にできると言えます。
保険適用のクリニックも増えつつあるため高額な治療費は払いたくないという人にも嬉しいですね。

黒髪スカルプシャンプーを使う

普段使っているシャンプーを変えるだけでいいので、毎日何かをしなければいけないといったことがなく簡単です。

[item-haru slug=”gray-hair”]

正しいシャンプーの方法で行わないと頭皮ケアどころか頭皮を傷つけてしまうので気を付けてください。

まとめ

白髪の原因と対策まとめ
  • 白髪は老けて見える
  • 白髪の原因は薄毛の原因とほぼ同じ
  • 白髪染めやサプリメントで対策がオススメ

以上白髪の原因と対策方法でした。
自分にあった対策方法をぜひ試してみてください。
白髪のない若々しいイメージを取り戻して充実した生活を送りましょう!

0%