Crystl Finance (CRYSTL)の特徴と購入方法!将来性や効率的な運用方法を解説

投資
更新:2022.06.14
Crystl Finance

高金利のVaultとPoolでDefiを探る

Crystk Token

Crystl Finance

Crystal Financeのプロジェクト基本情報

名前Crystal.Finance (PolyCrystal.Financeからリブランド)
公式サイトhttps://www.crystl.finance
ローンチ2021年6月
プラットフォームPolygon
Cronos
Mediumhttps://crystlfinance.medium.com
Reddithttps://www.reddit.com/r/crystlfinance
Telegramhttps://t.me/CrystlFinance
Twitterhttps://twitter.com/CrystlFinance
Gitbookhttps://polycrystal.gitbook.io/polycrystal-finance/
Discordhttps://discord.com/invite/ZD8WW49ZbB
Youtubehttps://www.youtube.com/channel/UCzg0zBiYixyqJ_IcuRut_aQ

Defiとしての主なサービスと機能

Crystal Financeの提携パートナー

Crystal Financeのセキュリティと安全性

Crystal FinanceのVaults

Crystal FinanceのMines

LPをステーキング

CRYSTLトークンの排出量

Crystal FinanceのPools

Auto CRYSTL

Manual CRYSTL

Earn ○○○○

Hidden Gems

Jewels

Crystal Financeのコミュニティ

Crystal Financeのガバナンス

ガバナンスとは?

CRYSTLトークンの保有者が、プラットフォームの将来に関わる重要な決定に投票する方法です。

CRYSTLトークンのホルダーができることは2つです。

  • 投票する権利を得る
  • 提案への投票を行う

ガバナンス機能が追加されました

2021年11月27日にプラットフォームのUI上にガバナンス機能追加されました。
Voteというページがナビゲーションのメニューに追加されています。

投票への参加方法

Crystl Financeのガバナンスで実際に投票する権利を得て提案に対しての投票を行う流れや方法については下記の記事で解説しています。

Crystal Financeのクロスチェーン

Crystl FInanceは複数のネットワークでプラットフォームを展開しています。

ブランド名変更

PolyCrystl リブランディング

Crystl FInanceはPolygonネットワークで始まって元々は「PolyCrystal.Finance」という名称でした。そこから2021年9月17日にプラットフォームのブランドが「Crystal.Finance」へ変更されました。

Polygonでのプロジェクトが順調であったためクロスチェーンに移行することでより多くのネットワークで展開が可能になるという目的です。もちろんPolygonを捨てたわけではないですがPolygonに縛られないブランド名に変更したことで他のネットワーク上のプロジェクトとの提携を進めやすくしました。

公式Medium記事:「PolyCrystal Rebranding Announcement

Cronosネットワークに対応

Crystl Token Cronos

最初のクロスチェーン対応としてCronosネットワーク上でもCrystl FinanceのVaultが稼働し始めました。
これはCronosネットワークのスタートに合わせて一気に提携を進めることで資金が多く集まり成功だったといえます。

主要なDexやDefiプロジェクトとの提携を次々と進めていきました。
そしてCRYSTLトークンも2021年11月17日にCronosネットワークにブリッジできるようにもなりました!

公式Medium記事:「The $CRYSTL Token is Coming to the Cronos Network

さらに2021年11月27日にはCronosネットワークにも最初のPoolが用意されてCRYSTLトークンで他のトークンを得ることができるようになりました。これによりCronosネットワーク上でCRYSTLトークンを保有するメリットが増えたのです。

CRYSTLトークンのブリッジ方法

長期目標

クロスチェーンをより多くのネットワークに拡張して、ユーザーに利益をもたす」という長期の目標が掲げられています。Polygonネットワークから始まりCronosネットワークが追加されましたが、今後次々に各ネットワークでCRYSTLは輝いていきます!

Crystal FinanceのVaultZap機能

CRYSTL2.0としての実装機能

Crystl Financeの公式にあるロードマップで「Vault Zap Functionality」とされていましたが、公式から詳細の情報が発表されました。

VaultZap機能とは?

LPの用意からVaultへのDepositを簡単にする機能です。

通常ならVaultにDepositするためのLPを用意するためには「ペアとなる2種類のトークンを50%ずつ用意する」必要があります。Zap機能を使えば別なトークンからいきなりLPトークンへSwapするかのように変える事ができます。

  1. ペアとなるトークン2種類を50%ずつ用意
  2. 2種類のトークンをLPトークンにする

この作業を下記の1手順で50%ずつの比率など考えずにSwapするかのように行なってくれるのです。

  1. とあるトークンを別々な2種類のペアのLPトークンに変換

LPトークンの用意が簡単になることでよりVaultへ資金が集まりやすくなります。

Crystal Financeの評判と口コミ

Polygonのプロジェクトでランキング入り

CRYSTLのトークン基本情報

Crystal Token (CRYSTL) の購入方法

Polygonネットワーク

Cronosネットワーク

取引所(CEX)

CRYSTLはまだ中央集権型の取引所へ上場はしていません。

Crystal Token (CRYSTL) の購入以外の入手方法

エアドロップ

公式のキャンペーンで当選者へ配布されることがあります。
Follow&RTだけの場合はイラストコンテストなどの形が過去には何度も開催されているので公式TwitterをFollowして見流さないようにしてください!

その他にもCRYSTLホルダーの人が配布企画を行なっていることもよくあります。

提携パートナーDefiのプールなど

Crystl FinanceのMines

Crystl FinanceのMInesでは流動性(LP)を提供することでCRYSTLトークンを報酬として受け取ることができます。

報酬の量(排出率)は$CRYTL-$MATICなど主要なペアが高くなっています。

Crystl FinanceのPool

Crystl FinanceのPoolではCRYSTLトークンをステーキングすることで、より枚数を増やすことができます。

CRYSTLを得られるPoolはオートプールとマニュアルプールに2種類があります。

Crystal Token (CRYSTL) のブリッジ方法

CRYSTLトークンはクロスチェーンに対応していて複数のネットワーク間で自由に行き来することが可能です。
ここではネットワーク間の移動(ブリッジ)の方法の解説については公式サイトの下記記事で詳しく紹介されています!

PolygonからCronosへのブリッジングガイド

Crystal Token (CRYSTL) の運用方法

Vaultで運用

CRYSTLとペアになっているLPトークンをVaultに預けることで自動で複利運用が可能です。

Minesで流動性を提供

TLとペアになっているLPトークンをMinesで預けて流動性提供するとCRYSTLが報酬として得られます。

Poolでステーキング

CRYSTLトークンをPoolsにステーキングすることでいろいろなトークンを得ることができます。

まとめ

0%