記事一覧

礼儀の基本とは

アイコン

お見合で重要なことは、エチケットとマナーかもしれません。

往々にして男性はマナーが悪いと観られがちですが、如何でしょう。

昨晩、会社の同僚と深酒をして、朝から頭痛、当日のお見合いに遅刻をする。そして目は腫れたまま、酒臭い。

久々に友人とショッピング、その足で楽しい夕食、ついつい調子に乗り深夜まで遊び歩いて、翌朝は寝不足気味、見合い相手と会っても疲れからか笑顔が出ず、生あくび。

エチケットとは相手に不快感を与えないことではないでしょうか。マナーの基本もやはり同じこと、相手を気遣い思いやること。

見合いの席に男性ならスーツを着用するように、お話させていただいていますが、相手を尊敬尊重していますよという、シグナルを送るためです。そこに会社の社長なり上司が出席するとなると、まさかジーパン姿で行くことはまずありません。

ゴホンゴホンと風邪気味で見合いに出る方も然り。風邪をうつさないためにお見合いの延期をすることも、相手を思いやってのことのように見えますが、相手にも都合があるのです。この日のために他のスケジュールを変更している場合もあります。

ではどうするか、常に健康には留意して生活を送ることです。健康が一番大事です。

虫歯で口臭がひどいとか、デートで食事をしようとしても、歯が痛くて満足に食べられないのでは、相手に対して失礼になります。

ストレス一杯で、見合いをしてもしかめっ面、何故かイライラ。

健康で明るい笑顔、肌の色艶もよく人生を謳歌しているような人であれば、好かれるのは当たり前です。これから結婚しようとしている相手が不健康なイメージでは、結婚後の生活に支障がきたす嫌な予感を感じさせます。

細かいことは又別として、基本は健康です。健康に自信の無い方は、この機会に健康を取り戻しましょう。

案ずるより産むが安し

アイコン

結婚相談所では

連日御見合いが・・・なんて事もあります。

初めてお会いして,一目惚れなんて事も少なからずありますが、
お二人の方と同時にお付き合いを始める事もあります。(始めの出会いですから。)

そんな時は、やはり マメに連絡くれたり、デートの場所考えてくれたり、
積極的な人のほうに心が動きます。

誠意を伝えるのは、相手の受け方もあるので、難しいですが、
自分をありのまま表現出来、また、それを受け入れる柔軟性が、あれば、
交際はうまくいきます。

プロフィール見て、一箇所気に入らないとか、細かい事ばかり
気にしすぎて、頭でっかちでは、前に進めない。 

まずは、「あんずるより、うむがやすし」

お会いして自分の目で確かめて見てください。心配していたより、素敵なお相手に、出会えますよ。

幸せ掴むのも、逃すのも、自分しだいです。

社交

アイコン

御見合いに行かれた時に、お仕事が話題になると思います。

「お仕事はどうですか?」

「普通です。」

これでは、お話が途切れてしまいますよね。

少しはサービス精神を発揮していただきたいです。

サービス精神を発揮するのが、人によっては心ない薄っぺらな態度に思える人もいるようですが、決してそうではなく、他人に対して程よい距離を保って接するときの始めの方法です。

例えば「仕事は色々大変ですが、頑張っています。あなたはどうですか?」とか

それがやはり社交です。

初めは表面的な付き合いで終始しますが、表面的な付き合いでも、人間の付き合いには変わりがありません。

そんな事から始まり、一瞬、心が触れ合ったりしながら、付き合いを深くしていければ、そこには社交は必要なくなるから。

是非 始めはサービス精神発揮してください。

間が持たない!

アイコン

お見合いをする男女会員から「間が持たなかった」「間が持たない」という言葉を良く耳にします。

特に男性会員からこの様な声が上がります。

私たちでも、初対面の方とお会いしたときは、緊張して話が続かないときもあります。

ここに記載するのは、産経新聞に連載されている「溶けゆく日本人」からの抜粋です。

 「えっ、間が持たない?」

 エイズ(後天性免疫不全症候群)予防研究のため、中学・高校生らの性行動について全国でインタビュー調査を重ねている木原雅子・京都大学大学院医学研究科准教授(社会疫学)は、西日本に住む高校2年の女子生徒が発した言葉に耳を疑い、思わず聞き返してしまった。

 生徒はトップクラスの成績で、国立大学を受験する予定だという。彼女がこれまでに性関係を持った男性の数は6人。なぜ相手が次々と変わるのか理由を尋ねたところ、「間が持たないから」と答えたからだ。

 木原准教授は「この言葉を最初に聞いたときの衝撃は、今も忘れられません。しかし、その後のインタビューで、男子、女子を問わず何度も耳にしました」と話す。

 なぜ間が持たないのか-。

インタビューで若者たちは、こう返答した。「テレビドラマのように、スマートに相手とおしゃべりができない」「あの女優さんのような雰囲気が醸し出せない」…。

思春期の男女はぎこちなくなったり、話題に困ったりしながら、お互いを理解し交際を深めていくものなのに、それを「間が持たない」と勘違いしてしまうという。

 愛情を確認するために、性関係を持つ。理解を深めたと思うが、それでも間が持たないからと、もっと自分に合いそうな相手を探す…。

以上が抜粋記事です。

思春期に関係なく、結婚を前提に男女が初めて会うとすれば、緊張のあまり言葉が続きません。特に男性。

間が持たないのが当たり前です。営業マンや芸人ではないんですよ!

ではどうするか!!
男性に関して言えば。

1つ目には熱意をアピールする。通じない相手も多いがやるのも方法。

2つ目には会話がスムーズに出来るように、同僚相手に会話を練習する。

3つ目には女性の居るところで友達と遊んでくる。若いときから遊んでいればいいんですが、そうではない人は一人での行動は厳禁。

いろいろあると思いますが、楽しい会話の練習と思い、チャレンジしてください。

もう一度逢いたい

アイコン

もう一度この人に逢いたいと思うのはどんな時ですか?

誉めてくれた時?

優しくしてくれた時?

気を使かってくれた時?

癒してくれた時?

真面目な態度に感動した時?

自分の話をよく聞いてくれた時?

相手のギャツプに興味がわいた時?

自分の知らない事しっていた時?

良い香りがした時?

好きなブランド身につけていた時?

センスの良さに感動した時?

尊敬出来た時?

楽しかった時?

その結果もっと相手の事が知りたい時ですよね。

また 100%の自分を見せても駄目ですよね!少しおこがましいですから謙虚な態度も時には必要ですし、無器用でもいいんじゃないですか。

気持ちが伝われば!!

もう一度逢いたいと!!

とっておきの笑顔

アイコン

会員の皆さんがお見合いに行かれた際に、相手が好意を持ってくれるのを待っていませんか?

相手が好意もってくれたら付き合ってもいい… と思っていませんか?

その様に考えていなくても、態度がそのように見受けられていませんか?

そんなとき 癒される笑顔で対応してください。

とっておきの笑顔、お持ちでしょうから~(^o^)/

緊張のあまり

アイコン

皆さんはお見合いにいかれると、おそらくかなり緊張されますよね。

そのあまり、失敗もあると思います。また緊張のあまり、話が出来ない事も、これが最悪ですね。

でも、黙っていることの図々しさも自覚してくださいね。相手にどれだけ気を使わすかと…ね。

その為には、ふだんから視野を広くもってください。

お見合いにいく電車の中刷りにだって、話題になっている事柄が沢山書いてありますよ。

お見合いマニュアル2

アイコン

前回の続きです。

6.好感を持たれる言動
 *年齢に関係なく、清潔感と若々しさと明るさが決め手になります。特に笑顔は相手をほころばせます。ドアをノックする前に笑顔を作るようにしましょう。
 *きちんとした挨拶で、第一印象を大切に。
 *好感を持たれる態度、そしてマナーや会話にも心配りしましょう。
 *話し上手より聞き上手、相手の話を聞くときは必ずうなずきながらの相槌が大事。
 *会話は男性がリードするのは勿論ですが、女性からも積極的に話しかけるように、また、あらかじめ用意した話題等でその場の雰囲気に合わせ間合いと取りながら会話を進めていきましょう。

7.その他
 *電話番号や住所等を聞かれた場合は、
  「私の支部(仲人)を通してご返事しますのでよろしくお願いします」
  という返事に留める(特に女性の場合)

③お見合い後の心得
1.お見合い後の返事は当日の夕方までに、あるいは遅くとも翌日中には、事務所に連絡してください。
*返事は次の内のどちらかです。(気兼ねや遠慮せず、本音でお願いします)
 イ.ご交際(すぐに交際に入ります)
 ロ.お断り(お断りします)
 
2.交際に入るときは、お互いの電話番号を交換いたします。(私どもで行います)

3.交際に入ったら、2週間に1度くらいは事務所に進捗状況の連絡を入れて下さい。このまま交際するのか、お断りするのか。適切なアドバイスを送るための参考にさせて頂きます。

4.交際中は、お互いに毎週会えるように心がけ、デートがだめなときでも電話は掛けるようにしてください。

5.交際中であっても必要に応じては、お互いの戸籍謄本、住民票、健康診断書の交換等を行うことも可能です。また、ご本人・ご両親の意思確認の為、双方が一堂に会することも出来ます。結納の日を決定するのもこの時が良いでしょう。

6.プロポーズをする前と、プロポーズした後には必ず連絡をお願いします。

7.ご交際に入ってから3ヶ月を目途に婚約の方向に進めるのか、お断りするのか、意思表示をしていただきます。交際が長引いてからのお断りはお相手に失礼になります。

8.婚約をした場合には、直ちに報告をお願いします。

④その他
1.当日になってお見合いをキャンセル又はすっぽかした場合には、ペナルティーとして2万円又は規定の金額を相手支部(仲人)に支払うことが規則です。

2.戸籍謄本・住民票等の必要書類が未提出の場合は、お見合いをすることが出来ません。

3.交際期間中はすべて当人同士の責任において行動していただきますが、トラブルを未然に防止するため、特に金銭の貸借や単なる男女関係は禁止しています。
(注)男女関係を結んだときはご成婚とみなし、成婚料が発生します。

4.お見合いに行った先の仲人(カウンセラー)さんに、直接電話をすることは禁止されています。用件は必ず自分の仲人(カウンセラー)を通して行ってください。

5.交際前に言っておかなければならない大事なことは、お見合いのときに隠さず話してください。言わないで隠しておくことは「ウソ」になります。
(身体事情、家族事情、再婚事情、その他の事情)

6.当連盟組織を利用して知り合った相手と、脱会後に交際または同居等をした場合には、成婚料の倍額請求対象になりますので、ご留意ください。

 自分に相応しい相手かどうか?・・・・・と考えると同時に、
はたして、自分が相手に対して相応しいのか?・・・?

自分の希望する条件が相手に全て備わっていて
100%自分を受け入れてくれる人など、この世にはまず存在しません。
そして自分と同じ様に、相手方も希望する条件があることを理解しましょう。

自分をわきまえ、限度を心得た 謙虚で素直で 熱心な方ほど良縁に早く恵まれます。

お見合いマニュアル

アイコン

以前、お見合い作戦で、お見合いの心がまえを書かせて頂きましたが、このブログを会員さんも見ていただいていますので、今回はお見合いの仕方を詳細に渉って書いてみました。

① お見合い前の手順・心得

1.希望する相手とお見合いの約束が成立したときに、お互いの氏名のみを交換します。(私どもで行います)。

2.お見合いの日時の決定は双方の仲人(担当カウンセラー)が、お互いの希望をお聞きして調整したうえで決定いたします。(希望する日時を3案ぐらい用意して頂きます)

3.お見合い場所の設定は、原則として女性会員さんの希望を優先いたしますが、場合によってはその逆のケースも発生します。(例、女性が男性を選んで申し込んだ場合など)

4.場所と時間の目安としては、場所は女性側の仲人さんの事務所や喫茶店、または、ホテルのラウンジ等が一般的です。時間帯は原則としてランチタイムを避けた午後1時から3時ぐらいまでが望ましいでしょう。

(この場合、男性会員さんは相手の女性と仲人さんのコーヒー代を自分が支払うぐらいの心がまえは必要でしょう。また、女性会員さんは男性が支払って当然という態度も考えものです)

5.お見合い前には、お相手のプロフィールをよく記憶しておいてください。年齢・生年月日・学歴・職業・家族・趣味等(お見合いの席で、プロフィールに掲載されている内容のことを、ご年齢は?ご趣味は?と訊ねているようでは、あなたのことをあまり興味がないのでプロフィールをよく読んでおりませんでした。と言わんばかりで相手に対して失礼です)

6.お見合い当日は、女性側の仲人さんが付き添いとして同席するのが一般的ですが、場合によっては男性側の仲人さんや、双方の仲人さんが同席する場合もあります。また、事情によっては双方の仲人さんが立ち会わないで当人同士だけでお見合いすることもあります。

7.お相手の趣味や資格などに関連する話題をいくつか考えておくようにして下さい。

8.身だしなみをキチンと整える。爪の垢や頭のフケ、鼻毛、口臭、歯の汚れ等に注意し、男性の服装は背広にネクタイが一般常識。女性は派手にならず、地味にならず、年齢にあった品性と清潔感を感じさせるように・・・・。 キチンとした服装は自分を装うという意味もありますが、相手に対しての思いやりや気遣いでもあります。

9.お見合いをいったん申し込んだ後の取り消しは原則としてキャンセル出来ません。(但し、お見合いを申し込み14日以上経ってからOKのご返事の場合はこの限りではありません)

     あまりカッコを付けると、くたびれたりボロが出たりします。
     ありのままの自分を見てもらうのが良いでしょう。・・・でも
     キチンとした服装や態度で、礼儀はわきまえて下さい。

②お見合い当日の注意点

1.最初のお見合いでは、ご両親や親戚の方の同伴は原則的にありません。

2.遅刻は絶対にいけません。少なくとも10分くらい前(特に男性)には約束の場所に着くようにしてください。(特にゴールデンウィークや悪天候の時などに車を利用する場合は要注意。出来るだけ時間の予測がつきやすい電車を利用してください。)但し、相手側の仲人さんの事務所でお見合いする場合は、早く着きすぎるのも迷惑です。

3.お見合いに要する時間は、仲人さんの事務所で行う場合は、一般的には30分以内です。その後場所を替えて二人だけで喫茶店や公園などに行ったり、最低でも1時間ぐらいは必要です。

4.タブーな言動は慎む。
(例)*期待通りの相手ではなかったので、とたんに顔に出てしまい10分から15分で別れてしまうなどは常識外です。

*仲人(又は親)が行けといったから来ただけで、あなたの写真も見ていない等々無気力な態度をとる。

*「仕事がイヤでイヤで仕方がない」あるいは「そろそろ会社を首になりそうだ」「もう会社を辞めたい」等のグチ。

*職場や同僚の悪口・陰口等

*前の交際相手や離婚した相手の悪口など

*すでに完治している過去の病気の話。

*自慢話

*お見合いは何回目ですか?とか、以前のお見合い相手の批判など・・・。

(注)何人もの相手にお見合いを申し込まれている会員さんはくれぐれも相手を混同しないように気をつけて下さい。

少々長くなりましたので、続きは次回にします。

お見合い作戦2

アイコン

お見合いで一番苦労するのは、やはり、会話でしょう。

自分を理解して欲しい!

誰でも思うことですが、黙って座っていれば相手が自分のことを全てわかってくれる、または肝心の部分を感じてくれる?

相手は超能力者ではないんですよ。あなたと同じ生身の人間です。黙って座ればピタリと当たる、占い師でもありません。以心伝心、古い日本人以外の現代人、外人には通用しません。家庭内の両親には黙っていても通用するかも知れませんが、他人には通用しません。

コミュニケーション、話し合わなければわからないのですよ、あなたのことが。

自分を理解して欲しいなら相手に対して自らの気持ちを言葉で伝えなければ、相手には解らないんです。口下手でもいいんです。言葉には言霊といって力があります。一言一言一生懸命語るだけで、思いは伝わります。かっこいい言葉はいりません。発する言葉で思いは伝わります。恥ずかしがらずに試してみてください。

自分を伝えるの次は相手を理解することが必要です。相手との価値観・条件・環境などがあえば結婚したいわけですから、相手のことを聞きましょう。

あまり根掘り葉掘り聞くのは失礼に思うでしょうが、お相手も自分のことを理解してもらいたいと思っているわけですから、聞いてあげましょう。十分に。

自分を話し、相手の話も十分聞く、これでコミュニケーションは完了です。

簡単です。話して聞く。これだけです。自分のことを1つ話し、1つ聞く。これの繰り返しです。

過去の出来事、現在の仕事のこと、好きなこと(何が)嫌いなこと(どの様な)、いくらでもあります。このようなことでお相手は類推します。あなたのことを。

それで合わないと思えば断ればいいんです。直接断れば相手が傷つくと思われるので、私たちがお相手に断りをいれるのです。少しでも傷つかないように。

傷つきながら少しずつ成長できるんです。磨くことは傷をつけることです。小さい傷の集合です。あなたの形が出来るとそれに合致するお相手が現れます。感情が表面に現れてくれば結婚の準備OKです。
次のステップ結婚生活に進むことが出来ます。