記事一覧

成婚いただきました

アイコン

オメデトウ(^▽^)ゴザイマース

本当に嬉しく思います!!

男性 43歳 女性 37歳です。

男性は、IT関係のお仕事で、年収も良く、お仕事ができる男性です。
女性は、有名大学病院の看護師さんです。

結婚式は 6月頃になるようです。

安心しました。しっかりした計画ができているようです。

嬉しそうに 彼の照れ笑いする姿が印象てきでした。

ご入会されてから、中々良いお相手と巡り会えず、
一度は結婚を考える女性ともお付き合いしてきましたが、
ご縁に恵まれず・・・

やっとの思いです。

でも彼は慎重でした、彼女の方は、だいぶ前に、心が決まっていましたので!!
じーと、待ちでした。

我慢ですね。
そのかいがあって、
 
彼も彼女となら、大丈夫!!と 決断してくれました。

私も やきもきしながら、耐えました(笑)

婚約指輪もオーダーで注文されているようです。男性の気持ち伝わりますね。
女性も嬉しいでしょうね。

お二人が充実しているのがわかります。

よかったです。
オメデトウ(^▽^)ゴザイマース

優しい貴方の心!

アイコン

私たちの仕事は、出会いをお手伝いして、交際に入っていただき、双方のご家族の納得を経て結婚していただくわけです。その過程で恋愛感情が芽生えます。

恋愛するって、いい言葉ですね。「男女が互いに相手をこいしたうこと。また、その感情。」(広辞苑)

人を恋する心、相手を慈しむ心、そして愛する心。

よく会員さんには、恋と愛は別々に考えて見てくださいとお話しています。

何故でしょう!

男性25歳くらい、女性22歳くらいが男性・女性ホルモンのピークを迎えると言われています。

このピークのときは相手に対する選択肢が非常に広がっています。一目ぼれとかが多いですね。これが恋心です。本能に突き動かされるもの、これが恋です。

例えば、この時期に友達の紹介である人と交際した場合、ほとんどがうまく恋愛に発展しますが、この時期を逃すと徐々にホルモンの低下を招き、同じように選択肢の幅が狭くなり恋愛感情が低下していきます。

動物的な本能の低下ですね。

ですから、年とともにこの人ならば、という感情が薄れてきます。

でも結婚で一番大事なことは、相手に対する愛情です。すなわち、愛です。

では、愛とは?

①親兄弟のいつくしみ合う心。広く、人間や生物への思いやり。「愛情・博愛・人類愛」
②男女間の、相手を慕う情。
③かわいがること。大切にすること。「愛護・寵愛」
④このむこと。めでること。「愛好・愛唱」
⑤愛敬・愛想
⑥おしむこと。「愛惜・割愛」
⑦(仏教)愛欲。愛着。渇愛。強い欲望。
⑧(キリスト教)神が、自らを犠牲にして、人間をあまねく限りなくいつくしむこと。
上記、広辞苑より。

愛とは、自分とは異質なものを許し、受け入れることではないでしょうか。

この寛容な心を高めることによって、愛が大きく育まれるのです。

30代、40代の結婚は、お相手に対してこの愛を育み続けることです。

優しいあなたの心、ベルMeはお待ちしています。

本年も どうぞよろしくお願いいたします。

アイコン

本年も どうぞよろしくお願いいたします。

昨日から通常営業でしたが、なんやかんやと忙しくしていました。

皆さんは良いお正月でしたか?

昨年は成婚が沢山でした、今年も昨年以上に、
成婚されますように、祈ります!!

皆様にとって、昨年以上に良い年になりますように!!

お年賀状を沢山いただきましてありがとうございます。

成婚されていかれた方たちは、お子様のお写真つきで、
大変、楽しみに拝見させていただいています。
仲、睦ましいお写真に、安心しています!!

日々結婚の考え方は変わってきているように感じます。
多様化してきた、という印象もあります。
年齢もそうです、子共をつくる、つからないもそうです。

昔は「お互いに足りないものを補い合う」って考えだったのに、
今は「自分と同等なスペックの人と共に過ごす」って考えに変わっているような気がします。

良い悪いではなく、男女同等なんでしょうね。

かけがえのない家族には変わりはないと思います。

今年も 頑張ります!!

ご結婚を考えている方は、是非一度説明を聞きにきてください。

ご馳走様でした。

アイコン

新年あけまして早速、美しいもの食べに連れて行ってもらいました。

ご馳走様でした。

ベルme 越谷夫婦に!!

椿山荘 和食 みゆき

ファイル 1123-1.jpg

写メ撮り忘れもありますが、

大変美味しくいただきました。

ファイル 1123-2.jpg

今年も頑張らないといけないですね。

ファイル 1123-3.jpg

ファイル 1123-4.jpg

今年も美味しいもの沢山食べて、また、肥りそうです。

美味しいものなら、仕方がないのか????

プロポーズ!お二人!!成功!!

アイコン

「明日 プロポーズします。」の彼ですが、

昨日無事にプロポーズが、終わりました。

彼女から「よろしくお願いします。」と良いお返事いただいたようです。

よかった。

年内で成婚退会です。

昨日は もうひとりのベルme
男性もプロポーズしました。

彼女は待に待っていました。格別なプロポーズになったのではないでしょか?
「プロポーズをして頂きまして
本当に嬉しく安心しました。」そんな連絡がきました。

よかったです。
本当に安心しました。

ベルmeに ご入会していただからには、
私は結婚させると、強い気持ちでいます。

何回もお見合しても中々ご縁の人に出会えなくて、
そんなとき、ふっと、何気なく出会ってしまうのです。

そんな時、「結婚年齢がきたなあ」と おもいます。

明日プロポーズします!

アイコン

昨日、男性会員さんから電話がありました。

「明日プロポーズします!!」と

以前から年内にはプロポーズしますが、
二人で恋人気分を楽しみたいので!!!

プロポーズの前には連絡しますね!!とのことでしたので、

お待ち申し上げていました。

(´∀`)よかった、ホットしました。

二人すごく仲がよいので、安心しておりましたが、
やはり、プロポーズしないとね!!

いいよね!!
二人で新しい家庭を築いていくのですから!!
未来が広がっています。

仲が良い二人みていると、微笑ましいです。

恋の始まりは!!

アイコン

結婚相談所で出会っても、皆さん恋愛して結婚されます。

恋愛の始まりは ワクワク楽しいものですよ!!

興味を抱いた人が、(好きになったほうが)
まず、相手の好きなこと 趣味 など聞き出して、
自分なりに勉強して、
話の、いとぐちをさがしてみては!!いかが?

それをきっかけにして、ライン メールなど、
連絡の口実もうまれますね。(好きなんだから連絡したいはず)

お相手も自分に、興味持ってもらえばうれしいでしょう!?

二人同時だと、いいんだけどね~~
そうゆうケースの場合は出会って2が月ほどで、
ラブラブに成婚していきますよ!!

自分が今まで、まるで興味がなかったことでも、
好きな人が興味あることは興味をもてますよね。

持つことが必要です。持ってください。

それが恋愛の始まりでしょう!!

野球がすきなら、球団のマスコット覚えたり、
宝塚が好きなら、組を覚えたり、

恋愛=楽しいことの始まり!!

興味をモテる人に出会うまで頑張ってください。

ただね、「私にはあなたの趣味は関係ない」~では、
全てがその時点で終わります。

何回お付き合いにはいっても、結婚までは中々難しいパターンですね。

だって、融通が利かないので、頑固と思われかねないでしょ!!

なにより 相手のテンション下げてますよ。

難しくかんがえずに、相手に合わせた言動、行動を
初めの2、3回はこころがけましね!!

必ず良い出会いがあります

AD

壁際の彫像と壁の花

アイコン

12月はクリスマスにプロポーズを予定している会員さんがいらっしゃる一方、これからお相手を探す会員さんもいらっしゃいます。そして恒例のパーティー。

パーティーには30代から50代までの健康的で素敵な男女が参加します。

毎回ハラハラドキドキするのは、何組のマッチングが誕生するかですね!

男性は全員スーツ姿、女性は派手にならず、でも暗くない落ち着いた服装での参加です。

開始前は男女共に緊張が走っているのが手に取るように解ります。アー青春再来。

まず全員と一対一の会話から始まり、立食での会話に進みます。

ここで積極的な方と消極的な方とに別れます。

積極的な方は立食テーブルに進み歓談に華を咲かせる方々です。

そして、もう一方の消極的な方々は、壁の華に変化する女性と、壁際の彫像になってしまう男性。

中には同性同士で会話を楽しむ人たちなど。種々雑多。

このときに我々仲人の腕の見せ所が出るわけです。異性の心を簡単に見抜くことは経験のなせる業で、参加されている男女にはすぐにはわかりません。

ある女性が壁の華に変化しつつありと判断した場合には、自会員男性にそっと耳打ちしてねらい目だと話したり、我が会員が壁際の彫像になりかけていると判断をすれば、発破をかけに出向きます。

更に参加している男女に付き添う仲人は、目を皿のようにして辺りを見渡し、担当会員に似つかわしい異性を探しまわります。会員さん本人よりも迫力があります。

そして仲人同士の話し合いで会員の本当の気持ちを探ります。

今月もその舞台が演じられます。大勢の方々がマッチング出来ることを期待して。

築地

アイコン

早いもので!!

クリスマスが終われば、一斉にお正月商戦ですね。

お休みに、築地に買い出しに行ってきました。

越谷のベルme 夫婦と 私の妹と!!

勿論 美味しいお昼のために!!

ファイル 1118-1.jpg
写メ撮るの忘れて慌てて食べてしましました。

ファイル 1118-2.jpg

築地場内にあるあ寿司屋さんのカウンターです。
外国人もいなく、穴場です。

築地市場正門に一番近い、10号館1Fにある寿司の店。
磯野屋さんで限定30食 握り

美味しかった 満足でした。

ファイル 1118-3.jpg

普段より、混んでいました。年末は酷く混むようですね。

ファイル 1118-4.jpg

お買い物もしたんですが、鮭 たらこ しらす マグロのお刺身 卵焼き のり など、
お正月をまたずして、食べちゃいました。

お見合い相手の選び方

アイコン

前回は交際を主題にしましたが、交際するためにはお見合いで双方OKでなければ、交際には入れません。そのお見合いもお相手からOKがなければお見合いすら出来ません。

そこで今回はお相手選びについて。

お見合いをするためには、お相手をまず選ぶことが重要になります。

業界の裏事情でも書きましたが、多くの男性は若い女性を選びたがります。そして、きれい、可愛い、明るい女性を望みます。

人を物として見るには抵抗がありますが、男女の仲を価値として比較してみた場合、「等価交換」になります。男性が女性に若さだ!可愛さだ!と求めるのと同じように、女性も男性に対して同じように求めています。

では男女の価値とはどのようなものでしょう。

まず始めに男性の価値としては、若さ、社会的権威、地位、権力、財力等があげられます。若ければ価値が高いし、地位が高くお金持ちであれば価値が高くなります。しかし、男性で容姿端麗は愛人又は恋人には向きますが、結婚相手には向きません。

余談。少々昔の話になりますが、私がサラリーマン当時(営業)、同僚の中には女性から見てカッコイイと思われる男性が結構居ましたが、結婚後5年から10年ほどで離婚をしたカップルが多く居ました。男性の浮気から本気に移動したものです。女性が出産する前後から愛人が出来、数年後にはその愛人と結婚する、このパターンです。

さて、女性の価値の方はどうでしょうか。ズバリと言いますと、やはり、一番は若さです。そして容姿です。これは私感ではありません。大勢の男性会員を見てきた結果です。但し、入会後早い時期に結婚された女性は少々違います。

変ですね。価値が高い方が結婚には有利になるはずですが、違うとは。

始めに書いた通り、等価交換が働いているのです。

三高の男性に憧れる女性は多く居ます。但し結婚できるお相手は多くありません。私はそんなに高望みはしていませんと言う女性は多いのですが、お相手選びを見ていますと、どうも違うのです。

お見合いをして、好感が持てたから交際したいのでOKを出すと、お相手からはお断りの返事。逆に男性から交際OKの返事が帰ってきたら、お断りの返事をする。

この場合は明らかに自分自身の価値を高く見すぎている結果です。等価ではありません。社会的能力が高い女性ほど、これに気づかないケースが多いのです。

ある学者が、台風後に雀の死骸を調べたところ、左右の翼に若干の違いがあることを発見しました。生物界ではもっとも標準的な固体ほど生存の確率が高いことがわかっています。日本人女性をチョイスしてその平均的な顔を作成すると、美人になるそうです。平均的な顔、平均的な容姿これがもっとももてる人です。

有史は数千年ですが、私たちは数十万年に渡って狩猟を生活の糧にしてきました。この因子が未だに尾を引いています。生存確率の高い女性と、狩猟時代(獲物を捕らえる能力)に生活の糧を確実に得、妻子を養える男性。基本的にはこれを本能的に求めているのです。

この基本プラス現代の状況を加味してお相手とのバランスを考えてください。そうすればいち早く結婚に近づけます。