記事一覧

お見合いはネットショッピングではないですよ

アイコン

お気に入りの電化製品とか、、自分にぴったりのデザイン、色、価格など、妥協しないで選ぶように、プロフィールを念入りにチェックする

、もちろん必要かもしれません。

この条件ならば、、、と、選択して、申し込む。 

選ぶのも、もちろん楽しみの一つでもありますが、  その前に選ばれる人、になることもポイントです。

例えば、既製品は、それに自分の体を合わせて購入しますよね、 人も自分に見合う人を選ぶこと。

何が言いたいかというと、お見合い選択も男女の仲も、夫婦関係も、自分が合わせていくことも、必要ですね、、、、ということです。

確かに、プロフィールは大切なツール、情報源ですし、偽りを載せてはいけないシステムですが、

お一人お一人の婚活に対するエネルギーも加わっています。

相手は人間です。

服や電化製品だって、実際手にしてみて触れることで、あらためて隠れた機能や感触がわかりますよね。

やはり実物が一番!!

プロフィールでは伝えきれない部分であったり、感性や人当たりなどは、やはりお見合いで実際に感じてほしいものです。

お見合いは

ネットショッピングではありませんから!

さて余談ですが、、、

最近交際している女性が、 お相手に期待することを手放して会ってみたら、、、

気づいたら、思わぬ配慮をしてくれて、エスコートしてくれて、

当たり前と思っていたことに、とても感謝できたそうです。

自分の見方がかわれば、良い報告に行く、そんな気がした報告でした。

お見合いは気づきを与えてくれる、素敵なステージなのですよ!(^^)!

男性が結婚に感じる3つの不安

アイコン

男性が結婚に対してもっっている不安は

①お金に対する不安

②束縛される不安

③儀式に対する不安    

だそうです。(スパルタ婚活塾記載)

女性は、男性と付き合う前は、自分の価値を高く見せ、「手に入るようで手に入らない」いわゆる小悪魔的スタンスを取りながら、交際が始まってからは、家庭的で男性をリラックスさせる内面をギャップとして見せると良いそうです。

たとえば①について

最初は高級な場所に行っても普通に受け入れるリアクションを取りながら、付き合いが長くなってきたら、ファミレスや安居酒屋に入り、「この値段でこの味はコスパ良すぎない!?」などと称賛する。

交際に入り、「以外にお金かからない女性かな、この子とならやっていけそうだ!」と男性の不安を解消しつつ、魅力を感じさせられるのです。

③の儀式についても

男性は女性を喜ばせようと高価な店を予約しますが、慣れてきたころ、「こんな高価なお店じゃなくていいよ」とか「簡単なプレゼントでいいよ」といいながら、プレゼントに対してちゃんと感動する。

すると男性は「この子とならばそれほど高級じゃなくても結婚式挙げられそうだ」と、結婚式に対するプレッシャーを軽減することができるそうです。

実際に、最近成婚決まったカップルは、二人でユニクロ行きました!

ととても楽しげでした。

プロポーズの時も、「何もいらないです、ただ、二人きりの場所がいいかなー」と、プロポーズしてくださる行為を楽しみにしていたようですよ。

そんな謙虚な女性には、、、、男性は、出来るだけのことをしてやりたいんです!と応えてていましたよ。

3つの不安がある男性殿!

きっと賢い女性がこれからはリードしていきますから!

遠慮なく婚活していきましょうね!!

この時期はあちこちで花火もみれますね、来年は  二人で  必ず見て下さいませね(^_^)
ファイル 1361-1.jpg

今週末も、我がベルMeで貸し切り?と思うほど、某ホテルはお見合い予約でぎっしりですよ(*^▽^*)

入会ご相談も随時お受けいたします。

お気軽にお立ち寄りください。

完全に一人です!?

アイコン

家族以外の誰かと接点が持ちたい~と思う人が
メール依存とかになるのでしょうね。

家族は心配して、アーダ、コーダいいますから、
批判されにくい所を選ぶと、メールだけの世界に・・・

で、もし批判さえたら、リセットしちゃう
自分の一部でそんな世界を持っているのも悪くわないかも?

でも本当に心配してくれる家族の存在は大切です。
年頃になれば、結婚ど-したと、一番痛い所をえぐられ
口も利かないなんて、なってないですか?

でもそんな時はまだ、いいですよ。
時は間違いなく経過して、御両親も年老いて
アッチガ悪いコッチが痛いとなり、いずれ入院・・・
もう、親も子供の事どころではなくなり、
逆に子供が頼りで、いなくては困る存在に、なります。

でも、アナタは一人・・・

親はいいです、あなたがいるから。
アナタはどうしますか?
一人気楽なんて言ってられないですよ。
(病気しないと決めている方は平気です。)

あなたが今度、アッチガ悪いコッチが痛いとなり、いずれ入院・・・
その時、誰が面倒みてくれますか?
お金を払えば、大丈夫です。
でも、心の寂しさ虚しさまでは、お金では解決できないです。

アナタを心配してくれる人もいないですが、心配する相手もいない訳ですから、
完全に一人です。

御両親がアーダ、コーダ言っている事に、少しは聞く耳持ってみたら。

下心!?

女性の皆さん!!

お見合い、初めてのデートで、ご飯を御馳走していただけていますか??
(いつもいつも自分が払っている女性の方は、色気がないのです、身構え過ぎです)

 そんな、身構えては男性も逆に引きます、襲いません。否、襲えません。
 うまく隙をつくらないと!!襲って貰えないです #^。^#
男女平等の現在! 
御馳走になって有難いと思いますか?当然ですか?
でも少なからず男性はあなたに興味があるから御馳走してくれるのだと思います。
(なんの興味もないのに、貧困の女性にご飯御馳走する、ボランティア男も、いないでしょうから)
それは、男性個人によって違うと思いますが・・・

下心がある人もいれば、男が払うのが当然!と思い込んでる人もいるでしょう。
男が払うほうがカッコイイなんて思う人もいると思いますよ。
一概に下心とは言えません・・・が。

男性は単純に出来ていますから、そしてどんなに立派に見える男でさえ下心からはにげられない。
その事実を知り、女性はしたたかに生きる必要があると思います。
(たいていの女性はしたたかさを備えていますが、いや、うまく利用していると思います。)
 
男性が親切に女性に近づいてくる場合は、ねらっているのが女性の心と体の
双方なら健康的な下心です。
体だけ、とか お金なんて事になると大変です。でもたいていの男性はそこまでひどくはないです。
 
 
下心アリアリと、わかったら、勝負してみたら???

一方通行な方!?

アイコン

言葉が足りない、表現能力不足!!!
 
一方通行な人
自分の言いたい事だけを、相手に伝えて、
(自分はとても、気に入っているので、付き合いたい)
こちらの話はスルーする。
(相手はどう考えているのか、関係ない)

聞きっぱなしで、自分の考えは、相手に伝えない。
(自分はわかっているので、伝わっていると思っているのか?)
勝手に「ここまで話したからいいだろう」とか、思い込む。

こちらは、相手の考えがいつも、いつも、わからないままで話が終わる。
わかっているのか?いないのか?嫌なのか?いいのか?わからない、伝わらない。
 
私の立場でしたら、わかるまで、質問繰り返し、確認しますが。
 
恋愛中はどうです?そこまで、踏み込めますか?
しかも、初めて会ったとか、1,2回会った人に・・・
 
相手が抱く誤算は、大きな不安に繋がります。
だから、これでは、恋愛に発展しません。
 
生まれも親も違う男女が出会い結婚まで
進むのには、お互いが相手に興味を持ち
考えが違う所は質問して理解し合う努力が必要です。

どんなに、好きでも理想でも100%自分を理解して
くれる人なんかいないわけですから。

一歩突っ込んだお話!?

アイコン

ベルMeでは、月一回来店していただいて、色々なお話させてもらいますが、
一歩突っ込んでお話聞いてみると、
趣味「音楽」としている人に、ジャンルは?
ジャズだったり、本人とのギャップに嬉しくなったり、
趣味「スポーツ」の人に聞いてみると、
本当に詳しかったり、まさかのお相撲だったり、
 
資格にしても、なんにも苦労しないで情報処理第一種持っていたり、
一級建築士の免許を死に物狂いで獲得したり、
その人の人生観が垣間見れ、楽しいです。
人間なんて、苦労したこと顔に出さないで暮らしている人が、大半です。
また、考え方の違いで、それは苦労にはいらないよ~、誰でもそうだから~
・・・の人もいますが・・・
 
お見合いでもそうです、その場で100パーセントさらけ出すのがいい時、もありますが、
それが相手の負担になる場合もありますから、タイミングが、問題!!!
自分に合う人とお見合いになれば、自然と、なにも考えずに話せると思います。
なぜかと言うと・・・お互いに関心があるからです。知りたいことだらけ、
そして、感性も似ているので、話が合うから、楽しい~~
 
自分が一方的では、無理!!また、相手から一方的でも、無理!!
 
でも真剣な相手の時は、一歩突っ込んでお話聞いてみるのも必要ですよね。
違った表情が見れるかも・・・

結婚に執着してみましょう

台風も去り、 また猛暑が続いていますが、皆さん、💦汗をぬぐいながら、お見合いがんばっていますね!

あるインタビューをもとにして出たデーターで、明らかになったことが

結婚できた女性と  できない女性の  明確な違いは   結婚できた女性は結婚に執着していた。

ということだそうです。(著書スパルタ婚活塾より)

結婚というゴールにたどり着くためには、目的が強烈に意識されていることも必要なのです。

この状態は、オリンピックを目指すアスリートに近いかもしれない  とすら書かれていました。

アスリートたちが本番前にタイムを意識しすぎて、本番で緊張して力を出し切れない、どこか、、、お見合いと似ていませんか?

日頃は 普通に話している方も、 お見合い相手を目の前にすると、緊張して1時間が長ーく感じてしまったり、間をつなごうと頑張りすぎて、余計な話までして、、、、空気が一変、、、、なんてことに、、、。

アスリートも、皆さんも、日ごろは  努力をされているのですから、当日はまず、力を抜いて、 できるだけリラックスしましょう!

メダリストたちも、 たのしかったー!    きもちいいーーー  と コメントしていましたよね。

そんな事も頭にいれて、まずは、出会えたことを楽しんでみましょう。

さて、本書に

結婚が困難と言われる現代社会で、 多くの男性たちが恋愛に向かうモチベーションが低下しているそうです。

これらの問題を女性たちは一手に引き受けて、解決しなければならない時代です。

婚活の厳しさは必ず日本女性を成長させ、日本の将来を牽引するような数多くの女性を生むことになるだろう

と書かれていました。

粘り強くあれ!!     今女性が顔晴る時代なのですね

男性には、結婚に感じる3つの不安があるようです。

それはまた、、次回   載せたいと思います。

とにかく女性は粘ること、執着すること、 

本気で執着している方は 違いまよ。   

がんばりましょう!

やる気スイッチはON!に。アンテナは張りましょう!

どうして、あの人はお見合い組めるの?

と思っていませんか?

組める方は、 ちゃんと婚活スイッチ入れて、アンテナを張りめぐらせているのです!

じーーっとして、申し込みも入れず、時折来たお申込みも見逃したり、未回答だったり、、、

自らチャンスを逃している方、、、それではお見合いは組めないですよね。*1

どんどんお見合いが組めている方々は アンテナをちゃんと張っているため、アンテナを張っている方々と、お見合いが成立するのです

ラジオもスイッチ入れないと電波をキャッチしないのと一緒です。

こんなに沢山の方がエントリーされているのですから、アンテナを張れば

いつか周波数の合う方とアンテナとアンテナで繋がるのではないでしょうか?

種まきをすれば、必ず収穫する時が訪れますよ。

そして、自分にも、良い肥料をあげて、素敵に成長していてください。

お嫁にもらってやる、  お嫁にいってあげる  より

お嫁にきてくれる    お嫁さんにしてくれる

こんな謙虚なお気持ちも    忘れないで  ね

*1:´∀`

フレンドリーに!?

アイコン

恋愛に遠ざかっている、中高年の男性の方!!!
(中高年と言われて、自分は違うと思ってる人。アナタですから!!!)
時代は変わっていますよ~

座って待ってれば奥さんが何でもやってくれた時代は、はるかかなた昔です。
専業主婦でも旦那がゴミを出すんです。
御両親の夫婦関係とは、今は間違いなく違います。
 
お掃除をしてくれる、美味しい料理を作ってくれる男性は
モテます。
 
デートに行かれても、(自分が御馳走するから、女性に意見は聞かない)
勝手にオーダーしてしまう、とか
料理がはこばれてきたら、(相手に運ばれてくるのを待たないで)
サッサと自分だけ食べてしまう。

独りの人生が長かった人、その自分勝手な行動は
直してください。

もっとフレンドリーに、「何にする?」
「冷めないうちにお先にどうぞ~」
「これ、美味しいね~」と
会話しながら楽しんでくれないと・・・

二人で食事している意味ないし、結婚しても(自分本位の)
こんな生活なんだ~と
思ったら女性は付き合ってくれないです。
結婚したら何でも二人で楽しむんだから。
 
こんな些細な事を!!と思うでしょう?
こんな些細な事がアナタを結婚対象として見ている女性には、
全てを左右する、あなたの人格なのです。

え! 楽しかったんだ?

アイコン

猛暑が続いておりますね    婚活中の皆さん、熱中症にはくれぐれも気を付けてください

最近のお話しです

交際中の二人、とある街中を彼女の案内にて散策

とても暑い日だったそうですが、、、、、彼女はがんばって誘導しながら案内したそうです。

しかしながら、、、、男性からは、「暑いねー!  どこかで休憩しようか?」の一言もなく、移動するときの時間検索も任せきり、、、夕飯ももくもくと召し上がって、美味しいね!とかのコメントすらなかったそうです。

一生懸命案内したけれど、彼女は「きっと楽しくなかったんだろうなー」と、がっくり&がっかりー

気を遣った分だけ、、、、お疲れモードに、、、、で帰宅したそうです。

ところが!!  翌日の男性のメールには     「楽しかったです!!」と書いてあったそうです

この温度差    なんでしょうねーーーー

そして、もう1件

今度はお見合い現場。

あまり話が盛り上がらなかったそうですが、、、、、

お人柄はよさそうだったとの理由で前向きなお返事、交際希望した女性。

おそらく、時間内進行は彼女ががんばったのかも、、

そして翌日、、、、お相手男性から、「楽しくお話しできました!!」とのコメント付きで、交際希望に、、、、(笑)

めでたく交際になりましたが、、、(笑)。

これまた、、、、温度差

男性は 表現が苦手な方も多いと思いますがー

表現しないと、損しちゃいますよー

気持ちはその時伝えないと、口に出さないと。

自分はよくても、相手には伝わっていないことに気づいて下さいー

女性は 女友達といるテンションで、男性と付き合うと、温度差感じてしまうかもしれませんねー、、、、、。

楽しい!と感じていても、うまく伝えられない男性もいること、少しずつ感じていけたら、お付き合いの幅も広がるかもしれませんね。

その都度、何かしら、学ぶ事はあるのかもしれません。

そうしたら、夫婦になるという覚悟ができる、、、、そんな気がします。