記事一覧

イエス話法

アイコン

ある学生の実験 交通安全の小さいステッカーを、1枚だけ窓ガラスに貼ることを各家庭の主婦に依頼して回りました。勿論、依頼はOKでした。約2週間後、今度は「安全運転」と大書きした立て看板を1週間、家の前に立てさせて欲しいと依頼しました。結果は、76%の主婦がOKでした。ステッカーの依頼をしなかった場合では17%しかOKは得られませんでした。
ファイル 1113-1.jpg
なんでこのような話をするかといいますと、小さく簡単なお願い(お見合いの申し込み)から、大きいお願い(プロポーズ)に発展させてもらいたいからなのです。

皆さんにはあまり聞き覚えの無いものに、SF商法というものがあります。どちらかといえば、お年寄り・主婦を対象に短期間で商品を売り、店じまいする悪徳商法です。

ここで使用しているのがYES話法といって、先ず始めに100円ショップで売っているような商品を無料で配り(このとき「欲しい方は大きい声でハイと言ってください」と一斉に言わせます)、これを何度か行った後、小額の商品から徐々に高額な商品に切り替え、販売する手法です。

これは小さいお願いから大きいお願いを叶えさせる見本のようなやり方です。

それでは、これを実際のお見合いの席で利用した場合(微視的)はどうなるのでしょうか。

お見合い相手に対して、“メニューをご覧になりますか?”「ハイ」“ 注文は○○で宜しいですか”、「ハイ」などなど色々とアレンジできます。

巨視的に見た場合には、お相手の選定・お見合い・交際・結婚になるわけですが、このイエス話法を使ってOKを連発させれば、成婚に至ります。

但し、お相手が自分に相応しいのか、結婚後、この相手に対して愛を継続できるのか、価値観は合っているのか、等々を主体に判断しながら、自分流のイエス話法を開発してみてください。

モテる10か条

アイコン

最近はあまりTVを見ないものですから、珠にTVを点けるとどうゆうわけか、お笑いタレントばかりが目につきます。ということは、安くて・手軽で・ほどほど人気がある点がお笑いタレントの人気なのかもしれませんね。

でも、彼等や彼女たち、お笑いタレントたちは、何だかんだ言っても一般の人たちからモテるんです。

では何故、お笑いタレントはモテるのか。

昨今のマンザイブームの火付け役といえば、吉本興業を思い出すと思いますが、故吉本興業会長が講演内容の中でもてる男の10ヶ条をあげるそうです。下記の内容は、吉本流女心のつかみ方の一例として引用してみました。(括弧内は私のコメントです)

次の10ヶ条は男性について書いてありますが、女性の方も女性用に読み替えてよいと思った部分はトライしてみてください。

①ミエ=見栄え(みばえ)のこと。特に清潔感と初対面の女性にどんな挨拶をするかが大事。

②オトコ=男前にする工夫。最近では化粧を少ししてみるとか、頭髪の薄い人は海老蔵のように剃ってしまうほうがいいかも。

③カネ=生きたお金の使い方。売れているタレントは実に使い方が上手い。(女性との割り勘は止めましょう。一番嫌われます。女性側はポーズとしてお金を出すのが礼儀ですが、女性から是非と言われた場合は、断り文句と思ったほうが良いでしょう)。

④ゲイ=芸事は身を助ける、というように、ちょっとした芸、たとえば手品でもいい。桂三枝は噺家だが、カードのマジックが得意で、女性にもてている。(手相を見てあげるのも女性と接触するうまい方法ですが、少し親しくなってから実行してください。気持ち悪いと思われます。)

⑤セイ=三つある。声がいい。精をだす。性格が明るい。要はネアカな人間になる。

⑥オボコ=無垢ということ。母性本能をくすぐるように、完全無欠より、あえて少しばかりの欠点をつくっておくほうがいい。(子供時代は喜怒哀楽がありました。社会に出てから顔に表情がなくなった方は注意が必要です!)

⑦セリフ=台詞。けんかの仲裁に入れるような話術、話芸を持ち合わせる必要がある。世話好きにも通じる。

⑧チカラ=男の魅力である腕力、体力は健康にも置き換えられる。(事務系・技術系の人は少し運動しましょう)

⑨キモ=肝っ玉。決断力。(臍下三寸(ヘソから下10cm位の所に力を入れる訓練が効果的です)

⑩ヒョウバン=メディア・ITの時代だから、うわさが瞬時に知れ渡る。(一般の人であれば会社内部の評判をよくする事も大事です)

全部が全部できたら芸能人になれるかも知れませんが、私たちとしても、この中の2つや3つ位は努力で何とかできるでしょう。もてる男・もてる女になるためにはやはり努力が大事ですね。

うちの娘でも結婚できるでしょうか?

アイコン

昨日は40代の女性のお母様が、ご見学にこられました。

「うちの娘でも、結婚できますでしょうか?」

今までは結婚を考えていなく、仕事にすべてを捧げてきたようです。
ところが、会社が合併して、
仕事の方でかなりのストレスを抱えたようで、
娘が、「結婚しようかな?」と ポツリと言ったので、
即、説明を聞きにきてくださいました。
ベルMeのことは、以前、ベルMeで結婚が決まった人からご紹介を受けていて、
☎番号だけ、大切に保管して、娘がその気になったら・・・と考えてくださっていたようです。

でも、親心ですね。
「40歳を過ぎた娘をもらってくださる男性がいるのでしょうか?」と
いてもたってもいられないご様子でこられました。

今はね、結婚がしたくなった時が適齢期です。
娘様に見合う男性の登録は沢山の方がいます。
問題はないです。

お母様は、「女が一人でこの先のいきて行くのは相当な覚悟しないと、大変ですよ。」と
娘には話していると。

親が元気なうちは、なんとかなると思いますが、
本当にひとりポッチになった時に、愕然とされます。

本当に一人なんだ!!と・・・

その前に、結婚考えて欲しいと、老婆心ながら思います。

ご説明は無料です。
勿論、無理な勧誘は一切いたしません。

ご本人が、結婚する気がないと、婚活は難しくて大変ですので!!

結婚相談業・結婚情報サービス業のメリット・デメリット

アイコン

「ベルMeのブログ」は20年に渡り、知る人ぞ知るブログとして、大勢の方がこのブログを読み、結婚されていきました。最近ではこのブログを応援していただくブログまで現れ、この上もなくありがたく思っています。
さて、この度の「ベルMe結婚相談所の婚活日記」は、ベルMeの会員さんとは関係ない、これから結婚を希望する世間一般の男女の方々に、いくらかでもお役にたてることが出来ればという思いで立ち上げました。また、このブログは一方的な思いを書いたものですので、コメントを受け付けていません。悪しからず。

前回は結婚に至る方法を書きましたが、恋愛結婚はこのブログでは省きます。ただ、交際の仕方で悩んでいる方にとっては、色々なアプローチを徐々に記載していきますので、参考にしてくださいね。

生涯未婚者(男性12.6%、女性5.8%)という言葉をご存知ですか。独身を貫く素晴らしい人のことを言います。しかし、90%以上の方たちは結婚を1度はしたいと思ってもいます。
ファイル 1086-1.jpg 未婚化・晩婚化を巡る現状

今回のメインテーマである結婚相談業・結婚情報サービス業のメリット・デメリットについて考えてみましょう。

最近増えてきているのが、いわゆる「仲人・結婚相談型サービス」、「データマッチング型サービス」、「インターネット型サービス」で結婚する方法です。業態分類に付いては経済産業省商務情報政策局サービス産業課に依ります。

ファイル 1086-2.jpg 市場規模と業態
①いわゆる「仲人・結婚相談型サービス」は世間一般で言われている結婚相談所のことです。毎月1回の面談を行い(ここが肝心)お見合いの仕方、交際の仕方などのサポートを受けながら、結婚に至るまで面倒を見てもらうサービスです。卒業証明書(短大以上)・住民票・戸籍抄本又は独身証明書・各種資格証明書・源泉徴収票(男性のみ)の提出が義務点けられています。メリットとしては毎月1回の面談をすることでお見合いの仕方や交際の仕方、途中経過を報告することで、デート先を何処にするか等のアドバイスもしていただけます。また、親族顔合わせの方法から結納の仕方、式場選定まで質問をすればアドバイスを頂けます。成婚率は高いところで8割を超えます。ただ、相談所によってはメールでのやり取りやDVD、パソコンを利用した方法を多用する業者がいますが、コミュニケーションが不得手の方にこれはないでしょ。ですから親族顔合わせの仕方などを答えることはできません。無料カウンセリング時に色々と質問してみると相手の能力が分かりますので、相談所に出向きカウンセラーと直接会うことをお勧めします。デメリットは、1対1で面倒を見てもらうので手間が掛り、入会金、登録料、月会費、成婚料と大変お金が掛ります。そして毎月の面談も面倒くさいので近隣の業者に頼まなければならないこともデメリットです。さらにプライベートな部分にも立ち至るケースもありますので、プライバシー重視の方には辛いかもしれませんね。
②いわゆる「データマッチング型サービス」とは、データマッチングした相手を毎月一定人数(10名前後)紹介してもらうシステムです。基本はお見合いの設定から交際に関して、独力で行います。サポートは別途有料です。卒業証明書(短大以上)・住民票・独身証明書・源泉徴収票(男性のみ)の提出が義務点けられているところがあります。メリットとしては、上場企業が運営しているケースが多いので、安心して入会することができます。入会時の概要書面・入会申込書が充実しているので、クーリングオフ・中途解約での返金など金銭面でも安心です。さらに会員になると各種イベントに参加することが出来るので、出会いのチャンスを多岐にわたり掴むことが出来ます。データマッチング方式を採用している会社が多いので、価値観などを共有できるお相手と出会えるチャンスが増えます。デメリットとしては、入会金などがコースによっては高額になります。さらに専任カウンセラーが毎回変わってしまい、継続してのアドバイスを受けることが出来ません。イベント・アドバイスに別途料金がかかるケースが多いようですので、入会前に確認が必要です。成婚率は4%くらいです。
③いわゆる「インターネット型サービス」とは、世間一般でいうところの出会い系サイトです。メリットとしては、金額が低廉ですので、若い人たちが多数参加していること。提出書類に厳格な規定がなく、誰でも自由に参加できます。メールでのやり取りが主体ですので、色々な方たちと出会えるチャンスがあります。気が合えば直接会って交際に入れます。ビバ自由恋愛ですね。デメリットとしては、誰でも参加できるということです。本人確認として運転免許証・住民票(これは任意)のUPを規定としているところがありますが、パソコン上で加工が可能な世界ですので、あまり実効性はありませんね。過去にいろいろな犯罪に利用されています。20歳前後の若い方たちの遊びには良いかもしれません。
④論外として、パーティー専門業者主催の催し物があります。メリットは誰でも自由に参加できることです。自分に自信のある方が参加するようですが、身上書は証明なしで記載できますので、高卒の方が医者と偽ったり、既婚者が独身者と偽り参加をしているようです。上記①、②の会員制パーティーは各種証明書提出者のみですので、安心です。中には、上場会社主催でも、会員と非会員の同時参加のパーティーを行っている業者もありますが、入会者を集うことに主眼を置き過ぎ、会員の安全な交際を阻害する業者が稀にいます。

次回は入会後の「お相手選び」です。

始めから…

アイコン

「ベルMeのブログ」は20年に渡り、知る人ぞ知るブログとして、大勢の方がこのブログを読み、結婚されていきました。最近ではこのブログを応援していただくブログまで現れ、この上もなくありがたく思っています。

さて、今回のテーマ「初めから…」は、ベルMeの会員さんとは関係ない、これから結婚を希望する世間一般の男女の方々に、いくらかでもお役にたてることが出来ればという思いで記載してみました。また、このブログは一方的な思いを書いたものですので、コメントを受け付けていません。悪しからず。

さて、結婚するための方法として一番初めに脳裏に浮かぶのは、帰納法による問題の解決ですね。演繹法による展開は、後日機会がありましたら記載してみましょう。

結婚に至る方法
①恋愛結婚
学生時代に親しくなり、社会に出てから結婚するパターン。社会に出て、社内恋愛後、結婚するパターン。友人の紹介で恋愛後、結婚するパターン。色々ありますね。最近出てきたのが、出会い系サイトで知り合い、恋愛をして結婚するパターンです。これは、大きな賭けが伴います。パソコンをできる方ならばご存知ですが、免許証などの公的証明書類はいくらでも改変できることです。元ベルMe会員の男性がオカマと付き合う羽目になったのも、この手口ですし、越谷市内の学校教師が殺されたのも出会い系サイト利用からです。
②見合結婚
親の紹介。親族の紹介。会社の上司からの紹介。などなどいろいろなパターンがありますね。江戸時代には結婚相手を紹介する仲人がいまして、現在の「プロフィール」が当時は「釣書(つりしょ)」と言いました。言いえて妙ですね。
③結婚相談業・結婚情報サービス業での結婚
最近増えてきているのが、いわゆる「仲人・結婚相談型サービス」、「データマッチング型サービス」、「インターネット型サービス」で結婚する方法です。業態分類に付いては経済産業省商務情報政策局サービス産業課に依ります。
「仲人・結婚相談型サービス」は世間一般で言われている結婚相談所のことです。毎月1回の面談を行い(ここが肝心)お見合いの仕方、交際の仕方などのサポートを受けながら、結婚に至るまで面倒を見てもらう方法です。「データマッチング型サービス」とは、データマッチングした相手を毎月一定人数(10名前後)紹介してもらうシステムです。基本はお見合いの設定から交際に関して、独力で行います。サポートは別途有料です。「インターネット型サービス」とは、世間一般でいうところの出会い系サイトです。初めから終わりまですべて独力で行います。若い方には低料金で利用できるところが人気ですね。
ファイル 1083-1.jpg 市場規模と業態について(商務情報政策局サービス産業課編)
次回は、いわゆる「仲人・結婚相談型サービス」、「データマッチング型サービス」、「インターネット型サービス」のメリット及びデメリットに対して記載します。

だから、よくなる

アイコン

秋も半ば過ぎ、交際してから3か月が過ぎ、もう一息でプロポーズをしてもらえそうな雰囲気というところで、なかなか男性からプロポーズをしてもらえません。会の規則では3か月が交際の標準期間。

彼女はやむを得ず会を通して先方の会に連絡を入れた所、彼氏は催促されたと勘違いを起こし、急かされるのは嫌ですと、お断りを入れられ破断してしまいました。

去年のクリスマス。彼女は彼の為に心のこもった料理を一日かけて作ったので、是非手渡したいと思い、少しの時間でいいですからお会いしたい、時間がなければ駅まで行きますといったところ、仕事で遅くなるのでお会いできないと断られ、結局、泣く泣く交際終了した女性がいました。

会に入り、スムーズに結婚される方もいれば、何度も挫折を繰り返しながら、幸せな結婚をゲットされる方もいらっしゃいます。

「だから、よくなる」。お見合いに連続して断られ躓(つまず)いた時でも「だから、よくなる」と思えば、新たな活力が湧いてきます。

交際がなかなかうまく運ばず心が傷ついたとき、「だから、よくなる」と思えば、更なる挑戦が出来ます。

苦しいとき、この言葉を言えば勇気が湧いてきます。

皆さんと一緒にベルミーはあります。落ち込んだ時、パワーをもらいに来てくださいね。

心よりお待ちしていますよ!

婚活は有効か?

アイコン

2年前のデータですが、内容がしっかりしていたので、ここに一部掲載させて頂きました。

2013年2月に明治安田生活福祉研究所が第7回「結婚・出産に関する調査」を発表しました。(WEBアンケート調査)

1.異性との交際経験では、20・30代独身男性の30%が、異性との交際経験がないそうです。女性は20代で28%ですが、30代になると15%と低くなります。女性のほうが経験豊富ということですか。
ファイル 1037-1.jpg
2.恋人との出会いでは、学生時代・友人の紹介・同じ職場が御三家です。コンパ・合コンでの出会いが多いのかと思いましたが、1割台と苦戦。
ファイル 1037-2.jpg
3.恋人とのデート頻度ですが、週1回以上が約7割と頑張っていますね。実際、私たちの経験から推しはかっても、週2・3回デートしているカップルは、成婚が早いですね。
ファイル 1037-3.jpg
4.結婚したいと思った理由では、男性1位は「好きな人と暮らしたい」。女性の1位は「子供が欲しい」。
ファイル 1037-4.jpg
5.婚活は現実の結婚につながったか。4割以上が結婚につながったと回答しています。これは既婚者に対するアンケート調査です。
ファイル 1037-5.jpg

このブログは、写真というか、データというのが5枚までしか登録できません。もっといろいろあるんですが、皆さんが参考になりそうなものだけ掲載させて頂きました。

なんでも、きっかけ

アイコン

昨年、頑張った甲斐があり見事結婚された方。頑張ったけれどもなかなか良い結果に恵まれなかった方。それぞれの1年だったと思いますが、良かったこと、悪かったこと、其々を含めて「なんでも、きっかけ」と思い、また新たに新年を前向きに進んでいきましょう。

結婚され当会を卒業された女性の中に、連続5回、お見合いでお断りを頂いた方がいらっしゃいました。

普通の方でしたら、何で私はもてないのだろうと、後ろ向きになってしまうと思うのですが、彼女は常に前向き。今回はOLバージョン、今回はカワイ子ちゃんバージョン、今回は何々バージョンで臨みますと、楽しそうにおっしゃっていました。

この5回連続で断られたのが「きっかけ」で、今までお見合い相手に望んでいた彼女自身の基準を大幅に変えることが出来、現在の素晴らしいご主人と出会えたのだと思います。

当時、彼女は30代前半で総合職。年収も600万円ほどありましたので、お見合い相手には1000万以上の方を望んでいました。さらに、お相手の詳細なプロフィールを見ると、30代で一流大学出のイケメン。

連続5回、解りました。

そこで、彼女もお相手の年収を自分並みの600万に抑え、お見合いをした結果、お相手からOKのご返事が来ました。

交際も順調に進み、彼女もお相手の人柄に魅了され始め、結婚の意思が固まったとき、当初「きっかけ」となった、お相手の年収、これをお相手の源泉にて確認したいと願われました。

先方よりFAXで届いた源泉徴収票には、1000万超えの金額が。

年収でお会いしてもらいたくないと、彼は少ない金額で登録をしていたのです。

なんでも、きっかけ。

本年1年間、良きにつけ悪しきにつけ、いろいろな「きっかけ」があると思います。うまく「きっかけ」を掴み、皆さん、良き1年にしていきましょう。

プライドは要りません!

アイコン

明治安田生活福祉研究所が今月10日発表した「20~40代の恋愛と結婚調査」によると、「交際相手がいる20代未婚」は、男性が22・1%とほぼ5人に1人だったのに対し、女性は41・9%とほぼ2倍だった。30代、40代と年齢が上がるにつれ、数字は低下するが、女性は男性のほぼ2倍の割合となっている。

 さらに「交際経験がない」という設問もあり、20代男性は40・7%、30代で33・5%、40代で24・0%という結果になった。一方、女性はこの割合が各年代とも男性のほぼ半分の割合となっている。「積極的に行動する」「出会いの場に足を向ける」と回答する女性が男性より高く、慎重・消極的な男性が多いことがうかがえる。

 30代未婚女性の65・5%が結婚相手に年収400万円以上を求める一方、30代未婚男性で年収400万円以上は26・7%にとどまるなど、女性の理想と現実に開きも浮き彫りになった。

 また「理想の結婚相手を有名人に例えると」との質問では、理想の妻の1位が里田まいさん、2位が上戸彩さん、3位が山口百恵さん。理想の夫の1位はつるの剛士さん、2位が仲村トオルさん、3位が杉浦太陽さんだった。

 調査は3月21~24日に全国の20~49歳の男女3616人を対象にインターネットで行った。(izaより)
http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/140710/lif14071016430017-n1.html

男性のケース
10代、クラスに好きな子がいたが、声を掛けられなかった!
20代、会社の同僚に好きな子がいたが、声を掛けられなかった!
30代、転職先に好きな子がいたが、声を掛けられなかった!
40代、会社の同僚に結婚対象の相手がいず、声を掛けられなかった!

未婚男性のみなさん!
あの時、彼女に声を掛けていれば、もしかしたらすでに結婚していたかもしれないと、悔やんでいませんか?

私たち相談所のシステムに、プライドは必要ありません。だって、私たちがあなたに代わって、彼女に声を掛けるんですから!

この女性に声を掛けたいなと私たちにネットを使って言ってくれれば、代理で私たちが彼女にネットを使って声を掛けます。

だから、断られても傷つくこともありません。お断りの声を聴くことがないからです。

如何ですか、そろそろ、行動してみませんか。

晩婚化対策

アイコン

昨日男性の方のご入会がありました。
ここのところ、女性のご入会が続いていました。

「さあ!!何とか良い方と巡り合ってほしいなあ」と
私たちも気を引き締め直して頑張ります。
まずはお見合い組むことからです!!

会員の方々は日々、毎週末、またはシフト勤務のかたは、
お相手と調整いたしまして平日のお見合いに、
邁進されています。

結婚はしてもいいし、しなくてもいい、
子供も産まなくてもいいし、産んでもいい。
結婚したら幸せとも限らない、どこに自分が幸せを感じるかが問題です。

一度きりの大切な自分の人生です。
選べばいいのです。選ぶ権利があるのです。

ただ、結婚したいのに、その手段がわからないのであれば、
是非見学にお見えください。沢山の方が登録しているのも事実ですから。

ご説明は無料です。

相談所は結婚したい人が登録していますので、
いい出会いはあります。
自分に合った人に出会えれば早いです。

その出会いを大切にしながら、成婚までベルMeは共に頑張らせていただきます。

ご入会頂いなら、是非結婚していただきたい思い出やらせていただいています。

晩婚化対策に少しでも協力できればいいです。