記事一覧

八百万の神々の怒り!?

アイコン

東北地方及び関東と長野・新潟に複合地震が発生しました。

被災された方々に哀悼の意を表します。

私の事務所(3階建て)も階段の中ごろに設置されていた棚から、大理石(半貴石?)の壺が落ち、階段や廊下に傷や凹み、手すりに被害が出ました。更に本棚の上に置いていた花瓶が落下、粉みじんに砕けました。
ファイル 707-1.jpg 落下した壺

野田の自宅マンションでは、TV2台がTV台から落下、埴輪が玄関の棚から落ち、砕けていました。

幸手市にある貸マンションの点検の帰り道に、車上でこの地震に遭遇しました。時速50kmぐらいで国道4号線を走行していましたが、あまりの揺れに全ての車両が緊急停止。

何せ震度6弱の地震がすぐそばで発生したようですので、車内は大波に揺られた小舟の感覚。怖くて走行できませんでした。緊急停車した車両から人まで飛び出す始末です。
ファイル 707-2.jpg 日本沈没
ファイル 707-3.jpg 小松左京
1995年(平成7年)1月17日(火)に阪神淡路大震災が起きましたが、その時の死者数:6,434名 行方不明者:3名  負傷者:43,792名 という記録が残っていますが、この時の村山政権も菅政権と同じ売国左翼政権。
ファイル 707-4.jpg 阪神基地隊HPより
村山政権の時には、兵庫県知事も左翼。この為に自衛隊に出動要請を中々せず、神戸は大災害に見舞われました。自衛隊は数時間前から出動準備が完了していたのに。

本来、全国約5000棟の小中学校耐震強化工事が行われる予定でしたが、枝野・蓮舫のコンビが事業仕分けと称して、予算を3分の1に減らしてしまいました。まったくバカな話ですね。今回の避難所には小中学校が指定されていましたが。

日本列島は自然災害からは逃れられません。台風は通過するわ、地震は起きるわ、津波が来るわ、でしょうがありません。但、私達はこれを人災にしてはならないのです。

本日の午後、やっと大変な状態を政府は把握したようで、5万人の自衛隊出動を認めました。陸前高田市は市全体が壊滅したようですので、死傷者は今後うなぎ上りになりそうです。
ファイル 707-5.jpg 寒い日には…

日本発藻類系バイオ燃料

アイコン

皆さんに元気を出して頂くために、日本は良いな!の話を時たまUPさせていただいています。

そこで今回は世界最新のバイオエネルギーのお話です。2010年12月、沖縄の海で藻類「オーランチオキトリウム」が発見された。発見者は筑波大学大学院生命環境科学研究科の渡邉信教授。
ファイル 703-1.jpg 渡邉教授
バイオエネルギーは数年前から脚光を浴びて来ましたが、人間の食べ物(大豆・トウモロコシなど)を油に変える行為は正に本末転倒でした。

廃棄てんぷら油で車を動かすのであればいいのですが、採れたての大豆でガソリンを作るとは、さすが馬鹿ブッシュの考える事でした。日本でも推進していたお調子者の首相がいましたが。

これではダメだと、藻類から油を採ることを世界中の学者が考えました。当たり前か!

そこで登場したのが、ボトリオコッカス・ブラウニーでした。
ファイル 703-2.jpg ボトリオコッカス・ブラウニー
色々と研究を重ねた結果、石油と同等のものを1リットル当たり800円で生産できる事が解りました。ところがこれでは商品化できません。高すぎるんです。

そこで、渡邉教授が発見したのが、オーランチオキトリウムでした。
ファイル 703-3.jpg オーランチオキトリウム
この発見により1リットル当たり60円で生産でき、50円まで下げることができれば、十分採算が採れるようになるそうです。

日本の耕作放棄地と休耕田62万ヘクタールの約80%を利用することができれば、日本で使う石油を全て賄うことが出来るようです。さらに、培養装置を使って4時間ごとに容量の67%分を収穫し、そこに、同量の新鮮な培養液を補充する連続生産システムにすれば、1ヘクタール当たり年間1万トン以上、油の収穫が見込めるということです。
ファイル 703-4.jpg エコ油
これによって、全世界で年間使用する石油需要50億トンを全て賄えるという、夢の様な発見です。

以前紹介したメタンハイドレートと共に、将来日本はエネルギー輸出国になるかもしれませんね。

国家の繁栄はエネルギー消費量と比例します。物を作り移動させるには全てエネルギーが必要となります。太平洋戦争の発端は、ABCDラインによるエネルギー輸送の遮断でしたね。それほどエネルギーとは大事なものです。

結婚するのにも大量のエネルギーが必要になります。でも、これで大丈夫ですね。

国も個人も安定してエネルギーが使えます。これで安心して結婚できますね。

海外は物価高!?

アイコン

今年1月、中国は物価が4.9%も上昇しました。と言うことは勿論韓国も、4.5%の物価上昇です。

中東諸国で反政府運動が盛んですが、根本原因はコモディー(日用品)商品の上昇です。
ファイル 702-1.jpg カダフィ大佐
私達日本人はユニクロやしまむらで1着1000円の衣類を購入できますが、中国ではおそらく1500円から2000円払わないと同じ商品が買えません。電化製品だって同じ金額を払わないと、TVも洗濯機も買うことが出来ません。

先日、女房殿がレイクタウンで1000円の靴を購入しましたが、同じような商品でしたら、中国で作られているのに、2000から3000円は払わないと中国では買えないでしょう。
ファイル 702-2.jpg 人民元
年収は日本の10分の1しかないのに、生活用品は同額かそれ以上払わないと購入できない世界が、中国や中東諸国です。韓国人の年収は日本人の年収の2分の一位でしょうか。パートの時給が300円位ですからそんなものでしょう。
ファイル 702-3.jpg 価格指数
先日、韓国からの密入国者が540人ほど捕まりました。

戦前も日本に大勢の密入国者が韓国から渡ってきています。在日の祖先(強制連行と偽っている)も勿論密入国者です。パチンコのマルハン創業者も、密入国者だと自伝に書いて自らバラシちゃいましたね。

何でこんなに韓国ともあろう国が、日本に対して密入国したがるのでしょうか。

韓国人は収入に対して生活内容は日本人以上を求める為、借金地獄になってしまっています。韓国国民の個人借金(クレジットカード)が58兆円。日本人は分相応に暮らしている為、1500兆円の貯金。

韓国人は3000ccの大型車に乗りながら、夕食にはインスタントラーメン(平均38円)で済ます家庭が急上昇中です。(韓国セブンイレブンやバイザウェーは全国およそ4800店の売上を分析した結果、先月7-27日のインスタントラーメンの売上が前年同期比でカップ36.8%増、袋46.8%増になったと明らかにした)。

所得が無いのに見栄を張り、高級車に高級衣料、高級装身具。これらを満たすために、鴬谷・新大久保には約5万人の韓国人売春婦が生活しています。

この売春婦目当てに、ホスト(男性)・韓国人料理屋・整形医・不動産屋まで進出して来ています。従軍慰安婦が以前問題になりましたが、従軍慰安婦ではなく朝鮮人経営の売春宿が実態でしたね。村山(元首相)は知っていながら基金の理事長に収まり、自身の老後生活を安泰にしました。

物価上昇(インフレ)なのに不景気。この状態をスタグフレーションと言いますが、今、世界中でスタグフレーションが進行しようとしています。それなのに、日本だけ物価下落(デフレ)中。世界最強の黒字国家(債権と中間消費財がメイン)日本だから、インフレになりたくてもなかなかなりません。

リーマンショックで死に物狂いのアメリカが、ドルを大量に刷り世界中にばら撒いた影響で、物価が世界中で急上昇しています。即ち、お金の価値が下がっちゃったんですね。

輸出依存度が極端に高く、組み立て加工賃で内職経済を支えている中国では、輸出をしなければ経済が持たない為、無理やり人民元を安くしています。人民元を安くするため大量のドルを政府が民間から購入する為に、外貨としてのドルが積み上がってしまい、人民元が民間に大量に出回ってしまっています。

人民元が中国国内に大量に出回ったので、お金の価値が下がり物価上昇の圧力が高まってしまっています。世界中でのドルと同じ状態ですね。13億人が一斉に日本と同じような生活を望んでいるのですから、コモディー商品は値段が上がります。

リビアやエジプトなどの中近東諸国では物価が急上昇してますから、反政府運動が起きてしまいました。

物価が安定している日本に生まれてよかったですね。

ですから安心して結婚してください。

偽食品を恐れる中国人!?

アイコン

偽食品を恐れる中国人!?
以前から何度も、中国での食品汚染をブログにUPして来ましたが、さすがに、地元中国人も食品汚染に敏感になってきているようです。
ファイル 700-1.jpg 中国の偽食品
偽豆腐
「染色豆腐」と呼ばれる偽豆腐は、黄色い豆からたんぱく質を分離し、でんぷんと白色色素を混ぜ合わせて作る。

偽米
ジャガイモとサツマイモをつぶし、合成樹脂で作った偽のコメ。

偽肉
豚肉製ハムに小麦粉、トウモロコシでんぷん、少量の牛肉を混ぜて作った偽牛肉。アヒル肉にヤギの尿をかけ、ヤギのにおいを出した偽ヤギ肉などは、安物の肉を高級肉に「アップグレード」。更に、高分子化合物を添加し、歯ごたえを出したタピオカ、発がん性物質のホルムアルデヒドとでんぷん、色素を混ぜて作った豚の血の塊など。

中国式しゃぶしゃぶ
「火鍋」に使われる辛いスープに麻薬成分を含むケシの実の皮をはじめ、パラフィンなどの化学添加剤を混入させる。火鍋レストランの80%は低コストでスープの味を出すため、天然材料ではなく、人体に有害な成分を加えている。

リサイクル食用油
以前、詳細をブログにUPさせていただいた、リサイクル食用油。リサイクルとは名称が良いですが、実態は溝に捨てられている汚水から油を抽出した代物。ヒ素が通常の油の100倍は含有しているトンデモ油。中国に数日泊まれば、1回はこの商品を使用した炒めものを食するほど、流通しています。

毎回、感心するのですが、この様な食品を食しながら、結構中国人の方は長生きしています。健全な食材を食している私が病気がちとは、之いかに。

子供手当不正受給

アイコン

とうとう出てしまいましたね。在日外国人の子供手当不正受給。

不正受給者がなんと、約6000人。

外国にいる子供まで支給したんですから当たり前か!

海外にいる日本人には支給しないで、日本にいる外人に支給。

頭おかしいんじゃないの!この政権。

子供手当支給申請時には、在日韓国人が海外に養子縁組した554人の子どもがいると言って申請したことがありましたが、外人は日本人と違い、お人好しじゃありません!隙があれば付け行って来ます。

外国から貰った金を、個人献金として報告し、既に死んでいる方が多数存在したというルーピー首相がいましたが、そりゃー外人に金をばら撒きますよ!日本人より外人からの献金が多いんですから。

何しろ、選挙に勝つために大ウソを次々と付きましたからね。

高速道路の無償化はどうしたんでしょう!

民主党マニュフェストには、国家予算207兆円の全面見直しを行い、無駄を省き、天下りを無くし議員の世襲と企業献金を禁止し、衆議院定数を80人減らすと書かれています。

未だ何一つ実行していません。

国家予算を全面見直しした結果、国債の発行額は逆に増え続け、民営化した郵政省に天下り人事を行い、世襲の首相・幹事長がアル・カポネ化し、小沢幹事長は地元企業人2000人を集め大法要を行っています。議員定数削減なんて言葉、マスコミも議員からも誰からも聞こえてきません。
ファイル 697-1.pdf
 民主党マニュフェスト
いつまでこんな馬鹿げた政権を、日本人は許し続ける気なのでしょうか?

私たち一人一人が、マスコミに踊らされることなく真実を見極める目を持ちたいものですね。

議論を呼ぶTPP

アイコン

皆さん、TPPってご存知ですか?

正式名称は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)といいます。

これは農業の効率化を、外圧を得て推進しましょう的な、政府と報道機関のキャンペーンですね。安くても、安心して食べられない農産物を、これ以上増やさないでもらいたいですね。まして、中国もTPP参加を考慮中とのことですので不安が増します。
ファイル 679-1.gif TPP
日本の農業がこれ以上打撃を受け、海外に農産物を依存しなければならない状態がこれ以上増大することは、日本の死活問題になりかねません。

値段が高くても、安心して食べられる農産物を日本の農家は必死になって作っています。現在食糧自給率は40%以下です。万一、世界的な何かが起こったら、現状でも食糧が足らなくなり、パニックを起こすのに、これ以上に低い状態(14%、農水省試算)になったら、地獄絵図の再現です。

小泉郵政改革では、日本人の個人貯蓄(郵便貯金)をアメリカの禿鷹ファンドに差し上げるキャンペーンでしたが、今回のTPPは、労働者の移動が自由化され、金融・法律のサービスも自由化されます。

農業改革みたいな話を、菅総理とかマスゴミが私達に訴えかけますが、実はアメリカの景気をよくしたいオバマ大統領からの外圧です。

何しろ、アメリカは失業率が10数パーセントまで膨れ上がり、民主党政権は持たなくなってきています。労働者移動の自由化を推進しても、近隣の中南米や南米では、労働者を送るどころか、引き入れてしまいかねません。ところが日本でしたらそのような心配は一切ありません。
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/image-10766886125-10980165758.html

ましてTPP参加国のGDPは、アメリカと日本で90%以上を占めており、今回のアメリカのターゲットは明らかに日本です。

アメリカの法務サービスでは、成功報酬的なものがありますので、何でも訴訟を起こして儲かればこっちのもの的な考えが蔓延しています。訴訟社会の現出ですね。嫌ですね!

更に、トンデモ金融商品をアメリカの禿鷹ファンドに売りつけられたら、たまったものではありません。日本の銀行の様に万一の場合の補償は一切ありません。

乗り遅れるな!

日本人はこの言葉に弱いですね。

ベルミーの会員さんは、この言葉と一線を画して来られた方が多いので大丈夫ですが、世間一般の方々は、乗せられ易いので心配です。

もう少し、TPPの内容詳細を政府なりマスゴミが、私達に解りやすく説明してくれるといいですね。池上 彰さんの様に(残念ながら本年4月から執筆活動に専念)。
ファイル 679-2.jpg 池上彰氏

食品汚染Ⅱ

アイコン

久々に、中国食品事情をUPします。

怒涛の凄い話ばかりですので、UPした私自信が圧倒されてしまいました。

第1話
福建省福州市にある果物倉庫を紹介した。倉庫の中にはミカンが詰まった箱が山のように積まれていたが、ミカンに生えたカビの匂いが充満していたという。倉庫ではカビを取り除いたうえでしばらく干したミカンに対し、石蝋(せきろう)と色素、ミョウバン、化学調味料などを混合した液体を混ぜていた。

記事によれば、ミカンに混合した液体を浸透させることで、ミカンの重量を増やすことができるばかりか、強い酸味が消え、爽やかなおいしさを加えることができるという。また、見た目もみずみずしくなり、まるで取れたてのようだ。
ファイル 664-1.jpg 中国ミカン(この人は違います)
第2話
中国を代表する酒である紹興酒は、中国政府の厳格な基準のもと生産されているが、なかには驚きの方法で生産されるまがい物も存在する。浙江省のある紹興酒生産工場では、水道水で薄めた紹興酒が生産されているという。「水が酒の値段で売れていく」と語る工場主は、水で薄めた分、エタノールや高アルコールの酒を足してアルコール度数を引き上げていた。
ファイル 664-2.jpg 紹興酒(これは本物)
また、水で薄めた紹興酒は本物とは似ても似つかない色であるため、工場主は「さまざまな添加剤で色や味を調節する」と明かした

第3話
同省人民病院をはじめとする南京市内の病院には7月頃よりザリガニを食べた市民が体調不良を訴えて入院するケースが増えているという。その症状は食中毒によるものではなく、筋肉が溶けることでタンパク質が血液中で増加してしまうとのこと。体のだるさを訴える患者が多いが、症状が重い場合は腎臓の機能も低下するようだ。
ファイル 664-3.jpg アメリカザリガニ
症状を訴える市民はそれぞれレストランや家庭で十分に加熱したザリガニを食べていたとのことだが、その原因ははっきりしていない。細菌性食中毒の可能性は低く、食べた後にすぐ症状が出ることから重金属によるものでもないと見られており、化学物質や有機物による中毒との見方が強まっている。

そんな中、ザリガニを洗浄するために用いられている「洗い粉」に疑いの目が集まっている。症状が出た市民の多くは、ザリガニが通常より大きくしかも非常にきれいだったという。そこである医師が付近の販売者に尋ねてみると「洗い粉」の使用を認めたとのことだ。しかし、粉の成分については何も語らなかったという。

記事では、腐敗が始まったザリガニはハサミが脱落しやすいことから、きれいで光沢があるにもかかわらずハサミが少ないものは「洗い粉」で洗浄している可能性が高いとして注意を呼びかけている

第4話
中国では2010年になり、廃油であるはずの「下水油」や「ダック油」が調理に使われていることが問題になった。「下水油」は厨房の下水管や生ごみから回収、「アヒル油」は「北京ダック」などの調理中にしたたり落ちた油を利用する。どちらも有害で発がん性もあるという。しかし江蘇省南京市では今も、「アヒル油」が野放し状態だ。中国新聞社が報じた。
ファイル 664-4.jpg 汚染油
中国の「アヒル料理」の代表とされる「北京ダック」はもともと、江蘇省や浙江省の料理だ。南宋が元に滅ぼされたときに高級料理の調理師が大都(現、北京)に連れ去られたため、北京にもアヒルをあぶる調理法が定着した。江蘇省や浙江省でアヒル料理が盛んなのは、温暖で水が豊かな風土が、アヒルの飼育に適しているからだ。

「鴨油焼餅(ヤーヨウ・シァオビン)」も、南京などの名物料理のひとつ。小麦を練った生地を鴨の油を使って熱する。本来ならば、アヒルを水で煮て浮いた油を使う。害はなく、アヒルの風味を楽しむことができる。ところが、「安価で風味も似ている」との理由で、アヒルをあぶった際に出た油を使う業者が多いとみられる。

大きな専用の窯で、アヒルをあぶって売る業者に聞いたところ、毎日50キログラムほどの油が出る。1キログラム2元(約25円)程度で、引き取りにくる業者がいる。有害な油だが、監視や取り締まりの動きはまったくない。「だれも調べに来たことはないよ。(商品の)アヒルに問題があったら、オレたちの責任になるけど、油で問題が出ても、オレたちのせいじゃないよ」という。

南京市政府の交渉局や、衛生、品質管理部門に問い合わせても、「アヒル油」を検査をする考えはなかった。いずれもが、「食品安全法の施行以後、私たちの管轄範囲から離れた」と説明したという。

調理師によると、有害な「アヒル油」などを料理に使った場合、臭いが気になる場合がある。そのため、四川料理や湖南料理など強烈な風味を持つ料理で、有害な油が使われる可能性が高いという。

第5話
山東省青島市で調味料製造業を営(いとな)む男性がこのほど、「小規模の工場ではコストを抑えるため髪の毛から醤油(しょうゆ)を製造している」ことを暴露、波紋が広がっている。中国新聞社が報じた。
ファイル 664-5.jpg 毒醤油(食物幕府ブログより)
同市莱西にある製造工場の労働者も「醤油は発酵させて作るが、小規模の工場では発酵過程を行わず、髪の毛から抽出した動物性アミノ酸を加えて醤油を作っている」とコメント、「醤油製造用に髪の毛を回収している村もある」と述べた。

労働者によれば、「以前働いていた河北省のある工場では、カラメル色の水に塩やアミノ酸、汚い水を入れて醤油を作っていた。アミノ酸を生産する場所には髪の毛や動物の毛がたくさん保管されており、恐ろしくて気持ちが悪かった」と述べた。

また、「酢酸(さくさん)にカラメル色の水を加えると酢ができた。村には醤油製造工場がたくさんあったが、村人たちは村の醤油製造工場で作られた醤油や酢は絶対使わずに、有名な会社の調味料を買っていた」と述べた。

また、別の労働者は「小さな工場では氷酢酸に、水を加えて、酢を作っている。まともな工場では食用氷酢酸を使っているが、悪徳業者の工場では工業用氷酢酸を使用している」と暴露。工業用氷酢酸は不純物や発がん性物質を大量に含んでいるため、中国は食用としての使用を禁止している
(上記内容は全てサーチナより引用)

如何でしたか。凄いでしょう!この様な世界に生きている中国人って、日本人と平均寿命がさほど変わらないんです。

このDNAに勝るものなし!

電車内での迷惑行為

アイコン

長い間、車通勤をしてきましたので、電車内でのマナーがどの様になってきているのか、解りませんでした。

ところが、日本民営鉄道協会なるところで、毎年アンケート調査を行い、調べているとのことで、本ブログでも取り上げさせて頂きます。

鉄軌道事業者で構成される日本民営鉄道協会は2010年12月16日、駅と電車内のマナーアンケートの結果を発表した。それによると調査母体においては、電車の利用者がもっとも迷惑と感じる行為は「騒々しい会話・はしゃぎまわりなど」であることが分かった。次いで「携帯電話の着信音や通話」「座席の座り方」などが続いている。

今調査は2010年10月1日から11月30日にかけてインターネット経由で行われたもので、有効回答数は2527人。男女比・年齢階層比などは非公開。

電車内で「迷惑」「気分が悪くなる」など不快に感じる行為には多種多様なものがある。それらの中で自分が特に不快だと思うものを3つまでの選択式で答えてもらったのが次のグラフ。場をわきまえないはしゃぎまわりや騒々しい会話がトップについている。
ファイル 663-1.jpg 迷惑行為

資料でも指摘されているが、トップはもちろんのこと、昨年の第4位から第2位に浮上した「携帯電話の着信音や通話」、第4位の「ヘッドホンからの音漏れ」など、音に関する迷惑行為が上位を占めているのが分かる。これら「音の迷惑行為」は、例えば「座席の座り方」「乗降時のマナー」「ゴミ・空き缶等の放置」のように直接物理的な邪魔やダメージを与えるわけではないが、それゆえに過失側は自己認識をしていない場合が多い。迷惑を受ける側が余計に腹立たしくなるのも理解はできる。

●乗り降りする時、座り方、荷物の持ち方……
元資料ではいくつか具体的に細分化した上での、電車内での迷惑行為についても触れている。いくつか例を挙げてグラフ化していこう。まずは乗り降りする時。
トップは「降りる人を待たずに乗りこむ」。電車が止まる直前に窓越しに車内を確認し、開いている席を見つけてそれを確保するため、我先にと降車客を押しのけて車内に入る人の姿がありありと目に浮かぶ。第2位も第3位も性質的には似たようなもので、「自分のポジションの維持・確保」を第一義的に考えた人の行動と見ることができる。

  続いて座り方。
回答率が高いのは「座席の有効活用をしない」類のもの。規則正しく座ればもう一人、二人は座れるのに、「お行儀」が悪い人がいるせいで秩序が乱れ、無駄なスペースが生じ、座れるはずの人も座れなくなる。最近では長座席でも一人分のスペース毎に区分がしてあるものや、2~3人分ずつ仕切りが用意してある座席も見受けられる。これならトラブルは生じにくい。「便利だな」「良い工夫だな」と思うと同時に、やや物悲しささを覚えるのは当方だけだろうか。

  最後に荷物周り。
断トツで多いのは「背中や肩のリュックサック・ショルダーバックなど」。恐らくは満員電車の中で他人の背中や肩に位置するバックが、自分の体や顔などに当たり、痛い思いをしての回答と思われる。困ったことにこのような状況においては、バックを持った側はほとんど相手への迷惑行為を意識していない点にある(むしろ意識しないからこそ、満員電車内でも平気でリュックサックを背負ったままにしている、と考えることもできるが)。
  総合的な迷惑行為、さらにはいくつかの個別の迷惑行為の内容を見ると、やはり上位回答項目に共通しているのは、「自分勝手」「相手の立場に立った考えをしない」点にある。そしてやや不思議な、あるいは禅問答的な感もあるが、今回の回答はすべて「迷惑行為をした側」ではなく「迷惑行為を受けた側」「迷惑行為を目撃した側」の立場で答えた結果であることに留意する必要がある(中には自己反省の意味で、自分がした迷惑行為を答えている人もいるだろうが……)。

  「その行為で相手に与え得るであろう迷惑」と「自分が受ける便益」を天秤にかけ、自分の利が下がった人たちが行うのが、これらの「迷惑行為」と考えても良い。一人ひとりがこの天秤の「相手に与え得るであろう迷惑」の側のお皿に、一つ重りを付け加える、つまり「相手の事を良く考える、相手の立場に立って考える」心構えをすることで、電車内の迷惑行為は随分減少するはずなのだが。(情報提供:Garbagenews.com)

以前、「江戸仕草」のブログでも書かさせていただきましたが、スマートなマナーは人を感動させます。

交際に入った方、得点UPに役立てて下さい。

日本のタマゾン川

アイコン

日本は東京都に、タマゾン川(多摩川)成るものがあることを皆さんご存知でしょうか。

現在、流水の7割が生活排水になっている為に、数十年前と比べた場合、平均水温が3・4度以上、上がっているようです。

この為に、家で飼いきれなくなり放流された熱帯魚が大量繁殖してしまい、ピラニアとかガーパイクという、熱帯産の猛魚が繁殖し始めているのではないかと、騒がれ始めています。
ファイル 661-1.jpg タマゾン川の猛魚
最近、多摩川の透明度がすすみ、アユが遡上(200万匹)し始めていますが、アユが遡上する魚道付近でこの稚魚をブラックバス等が捕食してしまい、アユが獲れなくなると心配されています。

水の流れが緩いところでは、オオクチバスが繁殖し、流れの速い上中流域ではコクチバスが繁殖し始めているようです。
ファイル 661-2.jpg 猛魚達
先日、夫婦で犬の散歩がてら行きました霞ヶ浦。此処ではアメリカ産のナマズが大繁殖し、勿論、ブラックバス被害によりワカザギが次々と食べられてしまっています。琵琶湖でもブラックバスによる被害で鮒寿司のフナやアユが食害に会っています。

タマゾン川の流域でバーベキューを行い、この川で網を洗い河川を汚す方がいらっしゃいますが、熱帯魚を勝手に放流する方と共に困った存在です。
ファイル 661-3.jpg 四万十川の清流
タマゾン川(多摩川)を、在来魚が多数住める清流に戻すことが出来たら、素晴らしい事ですね。

不倫者に好評!?

アイコン

民主党が夫婦別姓法案成立を目指し頑張っています。

この法案のポイントは、女性が旧姓を変えることなく結婚できるというものです。

キャリア女性からすると嬉しい限りの法案ですね。

韓国も中国も、夫婦別姓ですから、日本も真似をしましょうということでしょうが、私の様に生活能力が無いものからすると、生活能力のある男性が羨ましくなる法案です。

中国女性や韓国女性は、権力・財力のある男性であれば、年齢が30歳以上離れていても関係なく結婚します。

また、中国・韓国の若い女性たちは、権力・財力のある男性と不倫をする方も、結構いらっしゃるのも現実です。中国の報道で多いのが、地方(日本の人口と同じくらい)の権力者が逮捕された時には、必ず若い愛人が同じように逮捕されることです。

何故でしょう。

夫婦別姓ですので、どなたが本当の奥さんか、不倫相手なのか、第3者からはよくわかりませんし、不倫相手であっても、事実婚が認められれば正妻と同等の権利が発生し、ましてや、子供には関係なく対等に相続権が発生します。

現在、不倫中の方や、愛人をたくさん抱えたいと思っている方にとっては、心の奥底でひたすら夫婦別姓法案の成立を強く願っていることでしょう。この法案が成立すれば、事実上、日本の男性にもイスラム男性と同じように、一夫多妻制の道が開けることになるからです。

イスラム教と言えば一時婚のムトア婚があります。ムトア婚はイランの国教であるイスラム教シーア派12イマーム派で認められている婚姻形態の一種です。数時間から数十年まで期間を決めたうえで一時的な結婚契約を結ぶもので、同じイスラム教でもスンニ派からは、イスラム教が禁じる売春行為にあたるとして異端視されている制度だそうです。

この様な夫婦別姓に“待った”を掛けたいのが 一般的な主婦の方々でしょうか。

現在の法律では、正妻の立場は非常に強いものがあります。ところが、夫婦別姓法案が成立しますと、夫と不倫相手の愛人が別姓のままで“夫婦関係”を結んでいたとしたら…。

鳩山元首相は、友人の奥さんと不倫して現在の奥さんにしていますので、人一倍、不倫には寛容な方の様です。夫婦別姓法案は、言いかえれば“不倫支援・愛人保護法案”とも言えそうですね。

皆さん、如何お考えでしょうか?