記事一覧

男は格式、女は贅沢

アイコン

オンライン旅行コミュニティ「トリップアドバイザー」が、2008年11月~09年10月の1年間に投稿された日本人ユーザーのクチコミ評価をもとに、「男女別、日本のベストホテル」を発表しました。女性は「マンダリンオリエンタル東京」、男性は「ホテル日航アリビラ」がそれぞれ1位となったそうです。

【女性が選んだ日本のベストホテル】
順位、名称、所在地
1位 マンダリンオリエンタル東京(東京都中央区)
2位 ザ・ブセナテラス(沖縄県名護市)
3位 ウィズ ザ スタイル(福岡県福岡市)
4位 山荘 無量塔(大分県由布市)
5位 チサン グランド 札幌(北海道札幌市)
6位 お宿のし湯(熊本県南小国町)
7位 夢想園(大分県由布市)
8位 パークハイアット東京(東京都新宿区)
9位 ザ リッツ カールトン東京(東京都港区)
10位 遊久の里 鶴雅(北海道釧路市)
11位 パン パシフィック 横浜 ベイホテル東急(神奈川県横浜市)
12位 エクシブ京都八瀬離宮(京都府京都市)
13位 喜瀬別邸 ホテル アンド スパ(沖縄県名護市)
14位 ホテル日航アリビラ(沖縄県読谷村)
15位 ザ・ペニンシュラ東京(東京都千代田区)
16位 石垣リゾートグランヴィリオ ホテル(沖縄県、石垣島)
17位 ニラカナイ(沖縄県、西表島)
18位 ゆづくしの宿一の坊(宮城県仙台市)
19位 温泉旅館 星のや(長野県軽井沢)
20位 加賀屋(石川県七尾市)

【男性が選んだ日本のベストホテル】
順位、名称、所在地
1位 ホテル日航アリビラ(沖縄県読谷村)
2位 ザ リッツ カールトン東京(東京都港区)
3位 ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート(沖縄県恩納村)
4位 エクシブ蓼科(長野県茅野市)
5位 知床グランドホテル 北こぶし(北海道斜里町)
6位 京都ブライトンホテル(京都府京都市)
7位 ルネッサンスリゾートオキナワ(沖縄県恩納村)
8位 指宿白水館(鹿児島県指宿市)
9位 ラビスタ函館ベイ(北海道函館市)
10位 ドーミー イン 弘前(青森県弘前市)
11位 ザ・ブセナテラス(沖縄県名護市)
12位 横浜ロイヤルパークホテル(神奈川県横浜市)
13位 ひらゆの森(岐阜県高山市)
14位 酸ヶ湯温泉旅館(青森県青森市)
15位 グランドハイアット 東京(東京都港区)
16位 帝国ホテル大阪(大阪府大阪市)
17位 サンマリーナホテル(沖縄県恩納村)
18位 クロスホテル札幌(北海道札幌市)
19位 北海道ホテル(北海道帯広市)
20位 城山観光ホテル(鹿児島県鹿児島市)

皆さん、幾つぐらい宿泊しましたか?

私たち夫婦は、これから伺います!

時代考証

アイコン

最近はまっているものは、昔聞いたLPレコードを再度聞くことと時代小説を読むことです。

このところ聞いているのが、Queenのライブ盤とセルジオメンデス&ブラジル66。そして藤沢周平の時代小説と佐伯泰英の居眠り磐音 江戸双紙。

ハードロックを聞きながら時代劇の小説を読む。…やはり合わない!

なので、これらは別行動となりました。

展開の早い活劇物(ハイランダー、フラッシュ・ゴードン)であれば合うのでしょうが、この手の時代小説はテンポがゆっくりなので合いません。

お見合い相手も同じですね。テンポが合わない同士、どうしようもありません。

藤沢周平の時代小説が人気を博してから、ずいぶん日が経ちます。最近映画化されたものも数多くあります。時代小説の良さは、そこから歴史を学ぶことができるからでしょう。

一時期はチャンバラと言って、切って切って切りまくるスタイルの時代劇が流行りましたが、最近は歴史検定の影響でしょうか、正しい江戸時代をキチンと書いたもの、要するに時代考証がきちんとなされている時代劇が人気なようです。

江戸時代、問答無用で人は切れませんでした。下手に町人を切ったら切腹の上お家断絶。まして、チャンチャン薔薇バラなんてとんでもない!

もっとひどい時代考証が隣国の時代劇。白い服を着て青竜刀を使うのが本来のスタイルですが、日本的甲冑を着て日本刀を使用するスタイルに勝手に変えています。また家々の屋根は本来藁ぶきなのに、ドラマでは全て瓦屋根。江戸の町を真似ています。

http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E6%95%99

何だか、本来はセレブでもないのに、セレブのカッコをして身上書用写真を撮っている女性のようで、なんだか笑ってしまいます。

江戸時代は世界に先駆けた為替制度の整った時代でした。大阪から為替だけ持って江戸に行き、小判に交換してもらう。旅の途中、大量の現金を持ち運びしなくてもよいようになっていました。

更に水道施設や船を使った水運。ベニスを見まごう程の水路整備。深川から猪牙(ちょき)船で吉原へ行くことが当時は出来ました。
ファイル 452-1.jpg
当時はこうだったと時代小説には書かれています。全てが正しいわけではありませんが、かなり歴史は忠実に再現し記載しているようです。

どうも最近ねつ造物が多くて嫌ですね。時代考証と同じ様に偽りのない自分をうまく出せるといいですね。素の自分を愛してくれる相手が現れることに期待しましょう!

今ブームの新婚旅行先!

アイコン

先日、卒業された会員さんが新婚旅行の見上げを持って来社されました。

10日間のイタリア旅行だったそうです。
ファイル 448-1.jpg
最近新婚旅行にイタリアが流行っているのでしょうか、会員さんの新婚旅行先がイタリアというのが多いような気がします。
ファイル 448-2.jpg
イタリアと言えば古代ローマ。私たちの観光目的の第一が、この時代の建造物を見に行くことにあると思います。何せ日本と違い、地下には豊富な大理石が埋まっていますから、これを使って巨大な建造物を造ることが出来ました。しかし現代までこの時代の建造物が残っているのには驚きを隠せません。
ファイル 448-3.jpg ローマのコロッセオ
日本では江戸時代に玉川上水という水道施設がありました。時代劇に出てくる江戸は下町の井戸は全て水道なんですね。当時、本物の井戸を掘ると埋立地なので海水が出てしまいます。でも当時、世界各国では井戸はあっても水道はありませんでした。
ファイル 448-4.jpg 井の頭恩賜公園内湧水地(神田上水源流)
ところが何と、古代ローマ時代には鉛管を利用した水道施設がありました。これを利用した有名な泉が未だに残っています。凄いですね!
ファイル 448-5.jpg 古代ローマの水道施設
何せ、ヨーロッパ各国は未だに自国の方が先にローマと接触したと競い合っています。歴史の古さ競争です。文明開化の競争でもあります。

食べ物に関しても有名な逸話があります。

日独伊三国同盟時代、アフリカ戦線で苦戦するイタリア軍を、ドイツ軍が救援に向かいました。何せ厳格なドイツ軍、救援食料も粗末なものです。ところが救助されるイタリア軍は現地で贅沢三昧な豪勢な食事。

戦うよりは食事を優先するイタリア人気質。よくわかります。イタリア料理がうまいはずです!

韓国人が火病(ファビョン)した、有名な「ヘタリア国物語」は勿論イタリアのこと。

飲んで食べて恋をして!

新婚旅行先には最適な国ですね。

貴方も貴女も一日も早くお相手を見つけ、素晴らしい新婚旅行を満喫しましょう!

そうなれるよう、私たちも応援します!

マイブーム!!

アイコン

このところ、ユーチューブから昔流行った歌をダウンロードして、CDに焼きつけ旧型のステレオ装置で聴くのが趣味になってきています。
ファイル 415-1.jpg 入場者約40万人
勿論、1969年のウッドストック。グランドファンク・レイルロード、サンタナ、ジミ・ヘンドリックス、ザ・フー、等など。がんがんダウンロードしています。
ファイル 415-2.jpg サンスイ
プリメインアンプの出力は200w。スピーカは1本50w対応のウーハー30cm3ウェー5スピーカー。昔ジャズ喫茶が結構使用していたという自慢のスピーカーです。

この装置で音を最小限に絞り聞いているのですが、このような聞き方はストレスがたまりますので、時たまちょっとボリュームを上げることがあります。階下のピアノよりはまだ音は小さいでしょう。

音を小さくした時はブックカフェのひと時。好きなクラシック音楽(特にフルベン)と読書(最近は藤沢周平)。ちょっとミスマッチ?
ファイル 415-3.jpg フルトヴェングラー
そして挑戦中が、レコードからCDへの焼きつけ、これが出来るとお気に入りのレコードを車の中で聴くことができます。

しかし、休日は買い物に行ったり、ハイキングに行ったりとこれも忙しい毎日です。

最近、近所にベイシアがオープンしましたので、普段の買い物はこちらで行いますが、新三郷にコストコが出来ましたので、肉、チーズ、ピザ等の洋風なものはこちらで購入、ちょっといいモノまたは変わったものはレイクタウン(日本最大級)でお買い物。近隣に有名なお店が増えていますので、これを巡り歩くだけでも結構楽しいものです。
ファイル 415-5.jpg
愛犬を連れてのハイキングには、武蔵丘陵森林公園です。何しろ、国立ですから敷地面積は半端ではなく、山道に豊富な池、植物センター、彫刻群等、見どころ一杯。フィトンチッドをたっぷり浴びての森林浴。日頃のストレスもこれで解消!
http://www.shinrin-koen.go.jp/
レイクタウンで買い物ついでに行く場所が、草加公園。敷地の真ん中に大きな池があり、野鳥が群生していて周辺の散歩道を平日でも大勢の人たちが歩いています。勿論3面のドックランがありますので、近隣から犬好きな人たちが散歩をさせに通ってきます。
ファイル 415-4.jpg
インにアウトにマイブームを楽しんでいます。

ストレス社会に生きる私たちには、何かマイブームを作るのも良いかと思います。まして素敵な異性の方とのデートがマイブームであれば最高ですね!

ぐい飲みの話

アイコン

先日は有名な陶磁器の話を上梓させていただきましたが、本日は一部マイナーなぐい飲みのご紹介です。

別に販売店のまわし者ではありませんが、陶磁器が好きなだけですのでご容赦ください。

まずは、赤津焼のご紹介
ファイル 405-1.jpg 玉峰作(いい加減!)
愛知県赤津地方で焼かれているものですが、本作品は飲兵衛の作者(玉峰)が飲み代稼ぎに制作したものだそうです。ちょっと変わっていたものですので、現地で購入。

ファイル 405-2.jpg
九州は鹿児島の作品ですが、本来は黒薩摩(黒モン)と呼ばれるヂョカ(茶家)が主流ですが、本作品はちょっと上品ぶった仕上がりになっていますが、何度も直火で使用しましたので底にひびが入りました。そのほか黒モン・白モンも保有しています(現地にて購入)が、今回はちょっと変えてみました。

ファイル 405-3.jpg
親戚が九谷の本場に住んでいましたので、今回は酒器セットをUPしてみました。この手はレンジ使用不可ですので、あまり使っていませんでした。冷酒用です。しかし冷酒用で一番使っていたのはガラス製のデキャンタです。外側に氷が入れられる穴が開いています。

ファイル 405-4.jpg
酒というのはぐい飲みによって、味わいが少々変わります。これは馬上杯(高杯)ですが、北方民族が馬上で揺られながら飲むにはよさそうです。

ファイル 405-5.jpg
このぐい飲み(酒が飲めればすべてぐい飲みと勝手に解釈)は親父が好んで使っていたものです。

この他にもいろいろありますが、気分によって器を変えて酒を飲み、おいしい食事をする。まずい料理もうまく感じます。勿論、女房は料理が得意です。

陶磁器が好きですか?

アイコン

陶磁器に興味がある方、会員さんの中にいらっしゃいますか?

お見合いの時に喫茶店で出される珈琲碗には、最近凝った器が出される時があります。このようなときに、陶磁器の話が出来ると会話が弾むかも知れません。

かなり昔の話になりますが、私が陶磁器に興味を持ち始めたのは30才頃、会社の同僚の中で異常に陶磁器好きな男がいまして、その人物の影響で好きになりました。その同僚は副職で九谷焼の販売を始めてしまいました。

埼玉県近隣の有名な焼き物では、益子焼とか笠間焼が有名ですね。埼玉県飯能市には飯能焼がありますが、ちょっとマイナーなイメージで。

陶磁器が好きなカップルであれば、将来結婚したときに生活用品には事欠きませんね。ただ、普通より高価なのが欠点ですが。
ファイル 399-1.jpg加藤唐九郎作 紫匂志野茶碗 昭和57年
益子焼であれば、濱田庄司があまりにも有名ですね。日用品の益子焼から民芸品の益子へと昇華させた功労者です。益子には浜田庄司記念館があったと思います。個人的には濱田庄司の弟子で、人間国宝であった島岡達三の縄文象嵌が好きです。
ファイル 399-2.jpg古伊万里
記念館には若いカップルがデートコースとして来ているようです。折角、焼物の町に来たのなら陶磁器の簡単な知識くらいは仕入れておくと、会話が弾みますよ。

簡単な陶磁器の見分け方。白くて指で弾くとキンキン鳴るのは、磁器。裏返した時、土の色がして、指で弾くと鈍い音がするものは陶器。有名なものには有田焼(伊万里焼)とか九谷焼、鍋島焼がありますが、これ皆、磁器。瀬戸物で有名な瀬戸焼は江戸後期に磁器の制作を始めています。
ファイル 399-3.jpg柿右衛門
これ以外の有名どこは、裏返すと土色をしていますので、陶器。

初心者の方はこんな感じで覚えると解りやすいと思います。

海外物には、超有名な中国の景徳鎮があります。どの様に制作したのか、まるで解らない途轍もないものを作るものですね。堺屋太一の著書“油断”だったと思いますが、南宋の時代に石炭の利用が進み(高温で焼けます)、これを利用した景徳鎮の官営窯がヨーロッパに持て囃されたと。
ファイル 399-4.jpg景徳鎮
ヨーロッパではドイツのマイセンが有名ですね。オニオンブルーと呼ばれる白磁にブルーの絵柄。最近はいろんなものに挑戦しているようです。
ファイル 399-5.jpgマイセン
最近破綻したようですが、ウェッジウッドのジャスパーウェアーが独特の味を出していますね。そういえば、数年前に亡くなった愛犬若丸が、ジャスパーウェアーの入っているサイドボードをひっくり返し、夫婦で真っ青になったのを思い出しました。

色々なものに興味を持って下さい。好奇心旺盛な方は異性に対しても同じように興味を持ちます。ただTVの前でぼんやりとバラエティーを見ているだけなら、異性と共にドライブでもしながら美しい陶磁器でも見に行ってください。新しい世界が広がりますよ!

歴史ロマン回顧

アイコン

先日、レッド・クリフを見そびれた私は、女房に付き合いハリー・ポッターを観てきました。魔法使いや魔女ものはやはりイギリスですね!マーリンの地ですから!

見そびれてしまったレッド・クリフですが、中国は三国時代の物語です。日本で言えば卑弥呼(ひみこ)の時代の少し前ですから流石(さすが)歴史のある中国です。

私がこの物語に初めて出会ったのが高校の図書館でした。題名は「三国志演義」。明代に書かれた歴史小説です。演台は「赤壁の戦い」です。しかし歴史小説と言っても中国ですから、韓国の時代劇(超時空太閤ヒデヨシ)と違い時代考証はしっかりしているようです。

そして20代の時には吉川英冶が書いた「三国志」を「新・水滸伝」と共に愛読していました。
ファイル 383-1.jpg
ファイル 383-2.jpg

レッド・クリフや三国志演義に登場する“曹操“は悪役ですが、武勇に優れていただけではなく、詩を朗ずるなどかなりの教養人だったようです。宦官(かんがん)の家系が災いして士大夫(中国の歴史は彼たちによって創られた)になれなかったようです。宦官は唾棄(だき)される存在だったようですので、その孫である曹操が悪役の適格者にされた嫌いがあります。

曹操が治めていたのが「魏」という国です。本来の歴史書は正史「三国志」です。蜀漢(しょくかん)の官僚だった陳寿が書いたとされています。この中の「魏書東夷伝倭人条」に有名な邪馬台国が登場してきます。

結構このあたりの歴史人物はゲーム「三国志」に大勢登場します。どのくらいの能力であったとか、武力・知力がどうたらくんたらとか。

卑弥呼の時代背景となれば、「国立歴史民族博物館」ですね!
http://www.rekihaku.ac.jp/

友人が地方の学校長をしているので、夫婦で拙宅に遊びに来た時、案内して非常に喜ばれたことがありました。
一日中遊べます。
ご機嫌な場所です!
レストランの蟹ピラフはうまい!
ファイル 383-3.jpg
ファイル 383-4.jpg
「魏書東夷伝倭人条」には、魏から邪馬台国に銅鏡100枚が下賜(かし)されたと記載されていますが、この銅鏡(三角縁神獣鏡)がそうらしいという説(魏の年号が記載されている)と、中国では今だ発掘されていない銅鏡ということもあり、日本製の可能性もありそうです。景初3年の年代も未だ解決されていませんね。
ファイル 383-5.jpg

歴史の探訪は楽しいですね。千葉県佐倉市にある歴博は歴史好きなお相手であればデートに最適ですね。

ヒロイック・ファンタジー一考

アイコン

21世紀の幸せな日本では草食系の男性の話が増えていますが、世界はいまだに戦乱に明け暮れています。
ファイル 367-1.jpg
まして20世紀初頭はまさに風雲急を告げる時代でした。

1914年から始まる第1次世界大戦。そして1939年からは第2次世界大戦と世界的な戦争が続いた世紀でした。
ファイル 367-2.jpg
この時代、若い男性達に支持されたのが数々の冒険小説です。当時アフリカ大陸などは未知なる世界の極め付けでした。この大陸を舞台に繰り広げられたのが、エドガー・ライス・バロウズ著の“ターザン” シリーズ(1912年~)です。更に “火星のカーター”シリーズ。そして地底世界を描きターザンも出てくる“ペルシダー”シリーズ(1914年~)。それぞれ映画化が何度もされています。
ファイル 367-3.jpg
ファイル 367-4.jpg
その系譜から誕生したのが、ロバート・E・ハワード著の“コナン”シリーズ(1933年~)です。かの有名なアーノルド・シュワルツネッガーが主演し映画でシリーズ化されたのがハワード作の本作品です。“コナン”によってヒロイック・ファンタジーがとうとう確立されたようです。
ファイル 367-5.jpg

人類の歴史は哀れなほど戦争に明け暮れています。我々の祖先は戦いというサバイバル戦争で勝ち抜いた人たちです。ラマピテクスから数えて数百万年の間、人類は殺し合ってきました。潜在意識やらDNAにしっかり刻みこまれています。今さら綺麗事は通用しません。

草食系男子などとマスゴミに騒がれても、本来持っているものは紛れもない肉食の系図です。ひとたび火がつけば獰猛な人間の本性が現れるものです。

僕は優しい草食系と思っている君!

目を覚まして下さい!

本来のあなたは強いものに立ち向かい、女子供を守る遺伝子が組み込まれています。ジェンダーフリーなどと馬鹿な事を言い始めたのは最近のことです。数百万年かけて築き上げたDNAを、上野千鶴子系統の人たちによってわずか数十年で失くそうなんて土台無理です。

梅雨時のうっとおしい時期、冒険小説やヒロイック・ファンタジーを読むのも、スカッとして気持ちいいものですよ。

ページ移動