記事一覧

先日のお見合い

アイコン

先日お見合いをした会員さんに聞いた話です。

仕事帰りの平日夜7時の待ち合わせでした。食事時なので、二人はスパゲッティ屋さんに行きました。

まずメニューを見て男性は女性に

「僕、これ。」
と言いました。

女性は店員さんを呼び、男性の希望の物と、自分の頼みたい物を伝えました。

そして会話をしながら食事をしました。

女性は決しておとなしくはないのですが、ほとんど男性が話していたとか。それも周りの人に聞こえるような大きな声で。

「お見合い」という言葉や、「(長く女性と付き合ってないので)風俗通いですよ」という言葉に周りの人が反応し、チラチラ見られていたそうです。

そして男性は店員さんに
「コーヒー」
と自分の分だけオーダーしました。

女性が
「私も何か頼んでいいですか?」
と聞いたら

「あ、いいですよ」
という具合だったそうです。

二人は仕事の休みの日が違うので、努力して時間を作らないと、おつきあいは出来ません。その話になりました。男性は自分が休みの日に、女性の仕事が終わったら、自分の家の近くまで来るように言いました。

何か変な話ですね。自分が休みで時間があるのなら、男性が女性の職場や家の方面へ出向いて行くべきではないでしょうか?

以上、お見合いの内容の一部ですが、これでは上手くいくわけがありません。

男性があまりにも自己中心的です。

結婚は、お互いに理解し合い、支え合い、認め合わなければいけません。

自分のことだけ考えていては、二人で幸せにはなれません。

人を思いやる心のある人は、きっと幸せになれるでしょう。

優しい心を持って、幸せな結婚を目指しましょう(^o^)/

AA制ってご存知?

アイコン

私は古い人間なんで、AA制と聞いた瞬間、キャバレーを思い出してしまいました。

なんと、AA制とは割り勘のことだったんですね。

何せ大陸中国とか、隣の韓チャンとかでは、割り勘なんて野暮なものはありません。ヨーロッパではイギリス人が、ケチなオランダ人という印象を世界にばら撒くためにオランダ人の奢り(割り勘)と言いましたが、日本では当たり前の行為。
ファイル 460-1.jpg 割り勘の元祖 山東京伝
忘年会は会費制。酒好きな人(わたくし)には優位な方法です。

世界中、どこを探しても日本ほど所得の格差がない国はありません。世界中、何処へいっても金持ちと貧乏人の差は天地雲泥程の差があります。

隣の韓チャンでは歴代の大統領汚職(朴正煕は別)は数百憶円単位。

元首相の田中角栄の収賄は数億円。

大陸中国では未だに1日1ドルで生活する人が数億人いるというのに、ここ日本では、どんな職業でも嫌がらなければ就職はいつでも可能です。

生活保護者で毎月十数万円(1日50ドル)貰えるんですから。

所得格差がある国では、目上の者、社会的地位がある者、男性が奢るのが常識なわけです。ところが日本では、零細の社長(わたくし)より中小企業の社員のほうが年収は高い。

このように私の勝手な言い分で、日本では割り勘が多くなったと思っております。

さて、デートとなるとどうでしょう。

社会的にいっても、男女の賃金格差は歴然です。

ですから、男性が奢るのは当たり前。

会の方針(建前)としては原則、割り勘。でも実際のところ、お見合いでのお茶代くらいは男性にお願いしています。ケチは嫌われますので。

男性のモテ声

アイコン

このところTVが面白くないと言われて久しいですが、その元凶とも言うべきものに、お笑い系の人たちが大勢携わっています。

そんな中には、いかつい顔をした芸人が甲高(かんだか)い声を出し、笑いを採るグループがあります。何故おかしいのか?本来であれば太い声であろう物が甲高い声だからでしょう。

逞(たくま)しい男性=逞しい声=低音で深みがある

明瞭なる声=若い男性

私のように年齢を重ねてくると、自分でははっきり言っているのに、周りの人からは何を言っているのかよく分からないと言われます。

私が馬鹿だからではなく、声に歯切れが無くなり、相手には聞き取りにくくなっているからです。悪しからず。

何で男性の声が低音なのかと言いますと、いつものあれです!

そう!テストステロン(男性ホルモン)君の影響です。

女性から喜ばれるテストステロン君の働きが良いと、生殖能力も向上します。強くてよい子孫を残すには、テストステロン君の活発な男性が必要です。

それを声で判断するためには「低音で深みがある明瞭なる声」の持ち主が若くて生きのいい男性になります。

女性の本能に直接響く声。

声が甲高いと感じている貴方、1オクターブ下げて喋ってみましょう。そして、早口な貴方はゆっくりと、さらにのんびりした口調の方は少し早めにしましょう!のんびりした口調は老人と間違われますよ!

もう一度言います“低音で深みがある明瞭なる声”が女性に好かれます。

珠には気取った声を出すのも方法かも!

プロフィールの写真

アイコン

結婚相談所に入会したら、まずプロフィールを作成します。

プロフィールには写真を付けます。

この写真がとても大事なのです。だって、いわゆるお見合い写真と同じ役割を果たしているのですから。

写真の良し悪しが、お見合いの回数や、希望通りまたは希望に近い人とお見合いができるのかということに影響してきます。

プロ(写真屋さん)にお願いして、最高の写真を用意するのも一つの方法です。でも、注意しなければいけないことがあります。写真屋さんにお願いすると、いささか地味な女性でも華のある女性に大変身してしまうことがあります。

さすがプロ!です。

でも、この華のある女性とのお見合いを楽しみにしていた男性の前に現れたのは地味な女性…ということにもなりかねません。このギャップをどう埋めて行くかが大事です。

「写真とは全然違うじゃないか」と思われながらも、お見合いの最中に自分の内面の良さをわかってもらえば、「また会いたい」と思ってもらえるでしょう。

初対面の人の前で自分の内面の良さをアピールする自信がない人は、内面の良さをわかってもらえるまで写真と同じ雰囲気の自分で居続ければ良いのです。

これは詐欺ではありません。外見は大事であり、印象の入り口であるということですが、最終的には内面が大事という話です。

プロではなく素人(相談所のスタッフなど)が撮った写真をプロフィールとして使う場合がほとんどです。これは普段の本人がそのまま写り、お見合いの時、相手に与える印象のギャップがあまりありません。

でも不思議ですね~、何回撮っても写真写りの悪い人がいます。実物より老ける、貧相になる、怖い印象になるなどいろいろです。

でも、そういう人は、お見合いさえ組めれば、会った相手に「写真より素敵!」と思ってもらえることが多いです。

プロフィールの写真は大事。でも写真が全てではないということを、ご理解いただけましたか?

世の中、写真写りの悪い人は結構います。結婚に写真写りの良し悪しは、関係ありますか?

お見合い相手を選ぶ時は、プロフィールの内容が許容でき、写真も生理的に苦手じゃなければ会ってみることをお勧めします。

一瞬の写真で人を判断して、許容範囲を狭くするのは損です。

本当に結婚を望むのなら「いろいろな人を許容し、会ってみる」…

この姿勢が大切です。 写真は、あくまでも参考資料程度に考えている人の方が、お見合いがたくさん出来て、その分、可能性も広がることは事実です。

本当に結婚を望むのであれば、人を許容する心を持つことも大切です。

ベルMeは真剣に結婚を考える人を応援しています!

新ボディーランゲージ

アイコン

今回のテーマは、お見合いでも交際でも必要になるランゲージ、とりわけ説明が難しいボディーランゲージについて再度解説します。

下に書いたボディーランゲージはあくまでも日本人を対象にしています。欧米と共通するものもありますが、基本的には日本人を対象にしています。誤解なきように!

【ボディーランゲージ】
男性が女性のしぐさの中でもっとも魅力を感じるのは、髪を掻き揚げる行為です。女らしさを感じさせます。いくつかのリサーチでも同じように書かれています。

このようなしぐさ・行為をボディーランゲージと言います。

今から35年以上前に読んだ本の中に、「ボディーランゲージ」という1冊の本がありました。そこに書かれていた内容と、その後仕事の上で経験した事例を参考にして、コミュニケーションのひとつであるボディーランゲージについて少々私見を述べたいと思います。
ファイル 403-1.jpg
皆さんは椅子に座ったとき、無意識に足を組んでいませんか?

お見合やデートのときに知らず知らずのうちに、足を組んでいると思います。足を組む行為は別に悪いわけではありませんが、ここで重要なのは足の向きなのです。

上半身は相手に向けていますが、足は別の方向に向けている。よくありますね。相手から見ると、”あなたの話に興味がありません”または”反対の意見です”と受け取られかねない行為です。

上に乗せた足の内モモを、相手に向けると好印象を得られます。鏡の前でやってみてください。あなたの話に私は興味がありますと、体で答えているのです。

お見合いで話に夢中になると、人は身を乗り出して相手の話を聞きます。相手に接近するのです。
お相手に興味があれば、相手が話している最中にテーブル越しに少し身を相手に近づけます。これもボディーランゲージです。

腕を組むしぐさは精神を内側に向けている状態です。お相手に対して良い印象は与えません。特に男性に多い行為です。女性に腕を組まれたら、何か怒っているんじゃないかと男性は勘ぐりますが、自分は平気で腕を組んでしまいます。

男性は目を見詰め合って会話をしません。けんかをする、重要な話をするとか、難しい交渉などは、相手の目を直視しますが、普段は目をたまにそらしながら、会話をします。
しかし女性との会話でこれをやりますと、“私の話を真剣に聞いていない”と、誤解され、誤ったシグナルを送る結果となり、せっかくのお見合い・デートも失敗してしまいます。

あなたのことが好ましいと思えば、手をつないで歩いたり、腕を組んで歩いたりします。これも立派なボディーランゲージです。口には出さないけれど、体がそのように行動します。

人とのコニュニケーションは言葉だけではありません。お見合いの場、デートの場面でボディーランゲージをうまく使えれば、話す言葉の何倍もお相手に自分の意思や気持ちがうまく伝わります。

男女が会話をしている場面に遭遇したら、ボディーランゲージを思い出し、どの様にお互いの体が話し合っているか見るのも参考になります。見つめすぎると変態と間違えられますが。

さらに、貴方の間近にはボディーランゲージの天才がいるはずです。そうです、犬や猫です。

嬉しい時には尾っぽを目いっぱい振りますし、怒ったときには背中の毛を立て、歯をむき出しにします。人間と言葉ではない会話をしています。

周りを見ると結構参考になる物がたくさんあります。

まだまだ、たくさんありますが、この辺で!

初頭効果の活用法

アイコン

お見合いって第一印象がとても大事ですね。

“いやー昨晩は徹夜で”と髭面&鼻毛ボウボウでお見合いに来られたら、普通の女性であればちょっと引きますよね。

または、帝国ホテルのラウンジでお見合いの待ち合わせ、そこに登場したのはトレーナー姿のお見合い相手である女性。男でもやはり引きますよね。
ファイル 400-1.jpg
これ、実際にあった話ですから、流石の私も倒れそうになりました。

題名の初頭効果とは簡単にいえばこのようなことです。

人間、初めて会った時の印象がとても大事ということです。その時の印象によって感じの良い人悪い人が決定してしまいます。人間ってこんなに単純じゃありませんが、2度と会ってくれなければ、本来の自分を相手に見てもらえません。

“第一印象で人の善し悪しを決める方を好きになれないし、そのような人と交際したくない!”

そのようにおっしゃる方もいらっしゃるでしょうが、わざわざ自分から交際のチャンスを潰す必要性はないと思います。キチンとした態度と着こなし、更に上品な言葉使いを相手がしてくれれば自分だって気分がいいでしょう。
ファイル 400-2.jpg
第一印象が良ければ、あなたのお相手はずーとあなたを良い人と思ってくれます。これが初頭効果なのです。途中であなたがヘマをしても相手は許してくれる確率が高くなります。

ですから、この初頭効果を大いに利用しましょう。

会員さんであれば「成婚マニュアル」をお持ちだと思います。この中にお見合いマニュアルがはいっていますね。これをじっくり読み直して見て下さい。お見合い前にきちんと必要なことをチェックして、さあ出陣。
ファイル 400-3.jpg
初対面で相手に好印象を与えるのは、センスの良い服装や身だしなみです。特に女性はブランドに身を包んでお見合いに臨みたいでしょうが、相手のレベル次第です。あまり高価な物は男性から喜ばれません。結婚後を心配されますから。

清潔な身だしなみ、これが一番人気です。

お見合いを成功させて、楽しい交際に繋げてください。

くどいですが、もう一度言います。

第一印象を大事に!

婚活は小さなお願いから!

アイコン

婚活中の男性諸君、結婚するためには結婚の前に必ず、プロポーズという“大きなお願い”をしなければなりません。

ある日突然、見ず知らずの彼女に“結婚して下さい!”と叫んでも相手にしてくれませんよね。当たり前です。

この“大きなお願い”をどうすれば達成できるかを、アメリカの学者が研究しました。有難いことです!

その研究とは。

〖ある学生の実験 〗交通安全の小さいステッカーを、1枚だけ窓ガラスに貼ることを各家庭の主婦に依頼して回りました。勿論、依頼はOKでした。約2週間後、今度は「安全運転」と大書きした立て看板を1週間、家の前に立てさせて欲しいと依頼しました。結果は、76%の主婦がOKでした。ステッカーの依頼をしなかった場合では17%しかOKは得られませんでした。

小さく簡単なお願いから、大きいお願い(プロポーズ)に。

非常に簡単なことです。

例えば、お見合いなどはお会いした後、気に入らなければ簡単に断れます。ですから女性に対して“お見合いをして下さい”と申しこむのは極めて小さなお願いです。

次にデートですが、お見合いが成功した後であれば、デートに誘うのは極めて簡単なお願いです。お相手もデートしたいのですから。
この様に一つずつ階段を上るように、目の前の段を一歩ずつ確実に踏んで行けば、最終的には結婚に結びつきます。

皆さんの年代ではあまり聞き覚えの無いものに、SF商法というものがあります。どちらかといえば、お年寄り・主婦を対象に短期間で商品を売り、店じまいする悪徳商法です。

ここで使用しているのがYES話法といって、先ず始めに100円ショップで売っているような商品を無料で配り(このとき「欲しい方は大きい声でハイと言ってください」と一斉に言わせます)、これを何度か行った後、小額の商品から徐々に高額な商品に切り替え、販売する手法です。

これは“小さなお願い”から“大きなお願い”を叶えさせる見本のようなやり方です。

これを実際のお見合いの席で利用した場合(微視的)はどうでしょうか。

メニューをご覧になりますか ハイ 注文は○○で宜しいですか、ハイなどなど色々とアレンジできます。

巨視的に見た場合には、お相手の選定・お見合い・交際・結婚になるわけですが、このイエス話法を使ってOKを連発させれば、成婚に至ります。

但し、お相手が自分に相応しいのか、結婚後、この相手に対して愛を継続できるのか、価値観は合っているのか、等々を主体に判断しながら、“小さなお願い”から“大きなお願い”を成功させて下さい!

お見合いでの失敗例!!

アイコン

本ブログは会員さんの役に立ちたいという、シンプルな考えから始めたものです。

すでに数百本エントリーさせていただいていますので、ヤフー、グーグル等の検索エンジン経由で、非会員さんも見に来ていただいています。

このブログには、婚活に関する用語ないし社会心理学用語等の専門用語もかなり入っています(アロンソンの不貞の法則・ピーターパンシンドローム・深層演技・エストロゲン等)ので、本ページ右にあるログ検索をうまく活用されると便利だと思います。

さ~て本題に入ります。

【お見合いでの失敗例!!】

中肉中背、年収もそこそこあり、大卒の彼氏。お見合いの申し込みをするとOKのご返事が。

さーて!お見合いだということで、スーツ姿もバッチリ決め、爪も勿論切り、鼻毛も処理して髭(ひげ)もそり、靴も光らせ髪型もOK。

颯爽(さっそう)とお見合いに臨んだ彼、お相手の女性との会話も弾み、笑顔でお見合いを終了しました。只、別れ際、彼女が怪訝(けげん)そうな表情を見せていたので、一抹の不安が残りましたが、まずは手ごたえ十分!
ファイル 392-1.jpg
早速、翌日の昼までにはキチンと相談所に交際OKの連絡を入れました。完璧です!

ところが夕方に相談所から連絡が入り、お相手の女性から交際お断りのご返事。

何故なんだ!一体。会話も弾み、雰囲気も良かったのに。

今回は経営者同士が知り合いでしたので、お断りの内容を聞くことが出来ました。失敗の原因とは、お釣りにありました。

喫茶店でお見合いをしたのですが、帰り際、カウンターで支払いを彼女の分も含めて払おうとしたら、彼女が1000円札をそっと出しました。彼は何の気なしにそれを預かり、支払いを済ませ、気分よく彼女と別れました。

彼女は勿論お釣りを期待していました。しかし彼は何時もの割り勘癖が出てしまい、つい、お金を預かってしまい、浮き浮きついでにお釣りを渡すのを忘れてしまったのです。

お見合いでは原則お茶代は割り勘ですが、実際の所得からいっても男性有利な世の中です。数百円位でしたら奢(おご)ってやってもいいのではないでしょうか。

ケチな男性は女性から1番嫌われます。結婚後の二人の生活に女性は不安を覚えるからです。

勿論、交際が始まってから奢(おご)られるのが当たり前という態度の女性は、男性からもっとも嫌われます。但し、20代前半の若い女性は……。悪しからず!

30代半ばのごく普通の彼、当会員の彼女も顔写真付きプロフィールを見て、お見合いOKのご返事。早速、近隣の喫茶店でお見合いの手筈。

彼女もお見合いを過去数回程こなし、二人だけでのお見合いがスタートしました。
ファイル 392-2.jpg
ところが10分もしないうちに、先方の男性から当社に何とヘルプの電話が掛かって来ました。話が続かないので助けに来てほしいとの依頼でした。

急いで駆け付けると、彼氏は頭真っ白状態で、緊張の面持ち。

しょうがないので、彼氏にお見合いでの準備に関してお話をして、お帰り願いました。

彼女は非常に性格の穏やかな方でしたから、怒りもせずその場を収めてくれました。勿論これほどの彼女、直ぐに別の男性と交際に入り、結婚されました。婚活中の良い思い出になったそうです。

262のお約束

アイコン

先日のブログにも書きました犬同伴の旅館ですが、離れの部屋は1泊一人5万円からだそうです。

我々が宿泊した当日、この部屋に泊まった夫妻の愛車がベンツのGクラスでした。1500万近い値段ですね。

何故この様なことを書くかと言いますと、どこの国でも国の総人口の20%で80%の富を保有しているという事実があるからです。

これはお金だけではなく、スポーツの世界でも、科学者の世界にも当てはまるのです。

優秀な20%と普通の60%、そして常に損な役回りの20%。

お見合いも同じように、上位20%でお見合い全体の80%を占めてしまいます。お見合いがなかなか組めない方は損な役回りの20%に入ってしまいます。

渡紀彦著“成功を約束する80=20の法則”は1979年に書かれたものです。先日紹介した「人を動かす」の内容も書き加え、どうせなら上位20%に入りましょうと訴えています。
ファイル 387-1.jpg

20・60・20は色々な事例を考えても、当てはまります。この本と共に有名な書籍に、企業の栄枯盛衰30年という本があります。こちらも法則性を書いた本ですね。

それでは婚活で、どう利用するか?

婚活で一番難しいのはお見合いです。何しろ初対面でお相手と話をしなければなりません。私だって初対面の方とお会いするのは苦手です。

そこで1.2.3の法則を利用しましょう!

お見合いの席で、お相手に対して1分話をしたら、お相手の話を2分聞く、そして合いの手(うなずくとか同調するとか)を3回入れる。

たったこれだけです!

私の考えはこうです!と相手に話したら「その通りですね。」と何度も頷いてくれた。これをお会いしている間中やられたら、帰り際にあなたはお相手の信者になっていますよ。確実に!

“男はいかに生くべきか”プレジデント社出版の本ですが、何故、中国の古典を読むべきかが始めに書かれています。以前紹介したノブレス・オブリージュ=武士道は、史記及び十八史略を読むことで形成されるという。男なら流行らなくとも肉食系になろう!
ファイル 387-2.jpg
ファイル 387-3.jpg

お見合いの今昔

アイコン

加山雄三の“若大将シリーズ”の中で若大将がお見合いをするシーンが出てきます。その1960年代のお見合いと現代、主流と言われているお見合いの仕方を比較してみましょう。

ファイル 357-1.jpg

昔のお見合いは通常、先ず始めにお見合い写真というものがあり、これを名うての仲人が年齢相応の男女にこのお見合い写真を配ります。勿論、学歴・仕事先等良いところを十分にアピールして手渡しします。結婚式での二人の写真を一人で写したものと思って下さい。

そしてお見合い成立となれば、日時を設定して、場所を決めます。場所は日本庭園付きの料亭(勿論和室)で仲人を真ん中にして、両家が相対峙して盛装した両親と真ん中に着物姿の娘、またはスーツ姿の息子といった設定です。

洋風で決めれば、ホテルでの会食をしながらのお見合いになります。勿論、両親、仲人同席になります。そして仲人が会話をリードしながら、両人の良いところをガンガン!アピールします。

これで話がスムーズに進むようなら、二人だけで話せる時間を作ってもらい、後日数回のデートを重ねます。これで話がまとまれば次は結納の儀になります。

ファイル 357-2.jpg

さて、現代では格式ばったお見合いもありですが、一般的には簡略したお見合いが主流になっています。

それでは結婚相談所でのお見合いの仕方をここに記しますと、写真付きプロフールを会員制インターネット閲覧サービスによって、お相手の検索をまずします。

パソコンを利用されない方には、ファイリングされた写真付きプロフィールをご覧いただきます。

気に入った方にお見合いの申し込みをしますが、あの人もこの人も素敵と思って、申し込みし過ぎますと、万一次から次とお相手からお見合いOKのご返事が返ってきた場合、全員とお見合いをしていただかねばなりません。それも短期間に尚且つ丁寧に!

お見合いの日時・場所は、仲人である当会が双方の予定を聞きながら設定していきます。通常、お見合い日時は土日が原則、仕事の関係で平日になる方もいらっしゃいますが、食事時間にかぶさらないよう午後2時からの設定が普通です。

そして場所ですが、申し込みをした側がお相手の指定する場所に伺うのがルールです。但し、女性が男性に申し込んだ場合には中間地点でのお見合い場所が多くなります。逢う場所はホテルのロビーなど目立つ場所が多くなります。このとき女性側には結婚相談所のカウンセラーが同行する場合もあります。滅多にありませんがたまにあります。
ファイル 357-3.jpg
そのあと喫茶店で1時間から2時間ほどお話をするのが普通です。このときの服装は男性ではスーツ、女性はだらしなくない程度の装いです。お相手を尊重するのであれば、それなりの身なりでお会いするのが常識です。たまに頓珍漢な服装(トレーナー等)で来られる方もいらっしゃいますが、そのような方は結婚相談所での結婚はあきらめた方が宜しいかと思います。

飲食はコーヒーが主流です。原則割り勘ですが、所得の格差を考えれば男性が支払った方が絵になります。スマートさも必要かと思います。

両親も仲人も同席しませんので、お相手のプロフィールをよく読み、話題を豊富に持つよう心掛けてください。

ネット上、大手と目される相談所の考えは、男女を引き合わせるのが仕事と思っているところが多く、個別指導はやりたがりません!カウンセラーも真剣ではありません!

しかし、結婚相談所の良さは個別指導によって、自分の良いところを認識して頂き自信を持っていただくことです。自分を嫌っている人が真に他人を好きになれません。夫婦関係の善し悪しはコミュニケーションの継続です。

面倒でしょうが頑張ってください。応援しますから!