記事一覧

異性との会話で間が持たない!

アイコン

異性との会話で間が持たない!
異性との会話で間が持たないと悩んでいる方、大勢いらっしゃると思います。何しろデート中、車内で無言のひと時が長く続くってのは落ち着かないものです。

夫婦喧嘩中も同じで、車内で無言劇。神経によくありません。

夫婦喧嘩中は会話の内容がないのではなく、話す内容は幾らでもあるんですが話すと喧嘩が長引くので、双方無言になります。

通常のこれから恋人にならんとする二人では、会話したくても出来ない。何故でしょう!

一番大きい理由としては、相手から嫌われたくない!

どこぞの大統領とは大違いですね!

こんなこと言ったら嫌われるんじゃないか。こんなこと言ったら笑われるんじゃないか。こんなこと言ったら…!

一番大事なことは、何事にも興味を持つことです。

それもデートであれば勿論、貴方のお相手に興味を持つべきですし、二人で行く場所の景色・風景であったり食事の内容もです。

一人で感じるものと二人で感じるものは違ってきます。

貴方が楽しければ、お相手も楽しくなります。デートしてて相手にため息ばかり吐かれたら、私と一緒にいるのが楽しくないのかと思ってしまいます。逆に楽しそうにニコニコされたらこちらまでニコニコしてしまいます。

“私はあなたといるととても楽しいです。”

こう言われたらあなたの心もウキウキしますでしょ!

貴方から先にお相手に言ってみましょう!

“今日はとても楽しいです!”

そうすれば、会話がなくても周りを見ているだけでも楽しくなります。

だからと言って、会話なしなんてことはしないでくださいね。

念を押しておかないと、結構、真に受けて1時間でも2時間でも口を利かない方が現れるものですから!

楽しい会話をしようと努力すること、これは大事です!

行き先の事前調査をしておくと会話も弾みます。インターネットでも雑誌でもいいですからまずはチェック。

緊張する方はお会いする前に深呼吸してみましょう。大分落ち着きます。

いろんな方と会い、その出会いを楽しむ心のゆとりを持ちましょう。

頑張ってください!

応援します!

【御成婚おめでとうございます!】

アイコン

当会員46才男性、5月にプロポーズして退会♡
幸せオーラに包まれておりました☆

ファイル 1207-1.jpg
実は30才後半からは結婚については諦めモードだったそうです。
そんな時に、当オペレーターの話を聞いていたお母様よりベルMeを薦められ、当社を訪問し、1週間悩んだ末ご入会。

約1年間お見合いを経験する間、モチベーションが下がった時もあったそうです。

そんな時 何気にお申し込みした方と交際成立。

お二人共、初めは、さほどではなかったとのこと。。。

二度目のデートでお酒を飲みながら会話して打ち解けていったそうです。仕事帰りに一杯( ^^)/▽▽\(^^ )、これが
お二人の距離を縮めることになって、休日は遠方にデートに
行かれたりして、素敵な交際期間を経て ついにプロポーズ!

ファイル 1207-2.jpg
 OK返事はわかっていても緊張しますね。本当におめでとうございます。

後日、ご挨拶にみえた時に、活動されている皆様へ
メッセージをいただきました。

「交際中は 2日に1回くらい連絡を取り合いました。
諦めずに続けていれば巡り合わせがきますので、がんばって下さい!」。。。。。と (´▽`)。 励みになりますね!

この男性は許容範囲が広い方でした。
条件に当てはめるだけが 婚活ではありません。結婚は
生活ですから。

【求めるより、求められる人になる、与えられるより、与える人になる、求めず、与えるという、生き方をしよう】  

チャンスの女神様には後ろ髪はないそうです。
人間力を高め 夢をふくらませ、女神が通りすぎる前にチャンスをつかみましょう! 応援いたします! 

百聞は一行に如かず

アイコン

ところで“百聞は一見に如かず”という言葉をよく耳にすると思いますが、今回の題名である“百聞は一行に如かず”とは大野耐一氏(トヨタ生産方式の生みの親)が唱え、張富士夫氏が座右の銘にしている言葉だそうです。

“100回見るより1回の実行、何より実行が第一”

かような意味だそうです。

婚活も同じで、インターネットで相談所を比較検討してみたり、いくら結婚相談所を見て回っても、実際に会に入り行動してみなければ何もわかりません。

もう一つ、“失敗したところでやめるから失敗になりますのや。成功するまでやり抜いたら、失敗は失敗でなくなります”松下幸之助の言葉。

失敗するから創意工夫が生まれます。その繰り返しで何時しか成功します。パソコン好きな方であればよく分かると思いますよ。接続の失敗を何度もしている内に何時しか成功していることがしばしばあります。

失敗を恐れてはいけません!

成功の積み重ねの人生なんて聞いたことがありません!

失敗があるから成功があるんです。

頑張ってください!

応援します!

手をつなぐタイミングと同調性

アイコン

今からうん十年も前の話で恐縮ですが、当時友人と話が尽きず、金もなしということで、酒を片手にもう少し話そうということになり、近所の池袋にある公園に深夜行きました。
 
ところが何と、周りは全てアベック、それもかなりの数で、樹木の本数と同じではないかと思うくらいの多さ。
 
堪りかねて我ら野郎同士は、あえなく退散しました。
 
日本人にはお馴染みの同調性の高さが、ここで大いに発揮されていたようです。人並みでありたい!周りでキスしているのに私たちだけキスしていない!どうしよう!日本人の面白い特性が表れたよいエピソードでした。
 
交際している方は、手をつなぐタイミングを気にしますが、周りで手を繋いでいる人が多ければ手を繋ぐ、周りで肩を抱いているアベックが多ければ自然に肩に手を回す。周りに同調すればいいだけです。
 
但し、手を繋がなければという気持ちが優先して、2時間も3時間も繋ぎっぱなしという彼氏、そのような場面でなくなったら手は放しましょう!お互い、手がびっしょりになってしまいます。
 
以前、会員さんでこの様な方がいらっしゃり、翌朝、確実に今後の交際お断りが入った経験があります。
 
公園によっては非常に健全な雰囲気の場所があります。この場合は健全な雰囲気の手のつなぎ方にしましょう!
 
ジョークです。
 
私が若い時に公園から逃げたように、周りと違う行動こそ嫌なものはありません。周りのアベックが手を繋いでいるのに手をつながないあなた、手をつなぐのが恥ずかしいと言って、手を繋がないと彼女との交際も繋がりが無くなりますよ!
 
TPOを大切にして頑張ってください!
 
応援します!

パーティーの良いところ!?

アイコン

ベルMeでは埼玉県中心で行われる小パーティー(40~50名)をお勧めしています。

このパーティーは、初心者の方でも安心して異性全員と会話が出来るシステムになっているからです。因(ちな)みに、このシステムをSK法と言います。

私も昔、お見合いパーティーに会員として出席したことがあります。このときは150名位出席のNNRが主催する大型パーティーでした。

現在での大型パーティーの特徴は、パーティー開始前に一人ずつ自己紹介をすることです。通常は名前くらいを言う程度ですが、慣れない方は少し緊張すると思います。

そして、全員が自己紹介し終わったらパーティーの開始です。

立食のパーティーでは、積極的に異性に近づき会話をしていきませんと、一人取り残されてしまいます。

中には男性同士で会話が弾み、異性と会話しないで終了してしまう方もいらっしゃいますが、お見合いパーティーは、異性と会話をするが目的ですので、同性と会話してお終いでは悲し過ぎますね。

パーティーの良いところは、どの様なタイプから自分は人気があるのかがわかることです。

年下のイケメンから人気があるのか、はたまた、かなり年上の方から人気があるのかが、一目でわかります。

普段、お見合いを申し込んでも相手から戻ってこない、こういう方は自分の望んでいる相手と、望まれる相手とのミスマッチが生じています。訂正しませんと何時までも結婚出来ません。

もし、自分が望んでいる相手のレベルが高く、望まれる相手のレベルが低い場合は、明らかな高望みです。

どうしてもという場合は、自分のレベルを引き上げる努力が必要です。

専門学校に入学し直すか、国家資格を取得して再出発するか。はたまた、容姿端麗に挑戦し続けるか。

女としての魅力を先天的なものと思い込んでいる女性が稀にいらっしゃいます。魅力作りは努力すれば出来ますが、自分はもう十分魅力的だ!それが分からないのは男が悪いからだ!と心の中で豪語される方が一番困るのです。

パーティーに出席すると、自分が他の女性たちと比較した場合、男性からどのようにみられているかが分かるのがいいですね。

今回は当事務所から7名ほど出席します。

珍しく、毎月100名からお見合いの申し込みを受けている男性が出席します。彼は交際が終了してしまい、再出発でパーティーに参加します。お見合い申し込みをしても、彼とは会うことすらできませんが、小パーティーの場合は、全員とお話ができるのが強みです。

さあ、自分を磨いてパーティーに参加しましょう。

何時でもあなたを応援していますからね。

お見合いでの自己開示と投射

アイコン

ベルMeの会員さんのお手元には成婚マニュアルがあると思いますが、その中に「ジョハリの窓」というのが始めに入っていると思います。

ファイル 1203-1.jpg
ファイル 1203-2.jpg
この「ジョハリの窓」(又は「4つの窓」とも言います)にも書かさせていただきましたが、自分が知っていて相手も知っている部分を広げましょうと、記載させていただいています。

先ずは、自分のことを相手に知ってもらう。そのためには自分自身をお相手に解ってもらうために、私はこういうものですと話さなければなりません。これを「自己開示」と心理学では言います。

この様に書きますと、非常に抽象的でわかりずらいかと思いますので、具体的事例で言いますね。

“最近、パン作りに凝っていまして、小麦にはこういうものを使用し、中に入れるものはこういうものを入れると、こういう味になります。”これを喜色満面の笑顔で話せば、お相手は貴方の事を“こういう人なんだな”と、勝手に解釈してくれます。

するとお相手は、“私は何なにが好きで、こういうことを日曜日にはしています。”とか、“私は物を作るのが苦手ですが、食べることは無性に好きです。特にパンは大好きです。”と言ってきます。

これは自己開示をすることでお相手も開示してくれるようになるということです。

次に、お見合いでは会った瞬間に感情を顔に表す方が稀にいらっしゃいます。うれしい顔であればいいのですが、タイプじゃないと瞬間に判断を下し、嫌な顔をする方もたまにいらっしゃいます。

自分の気持ち、態度は相手に伝わります。嫌な顔をすればお相手も嫌な顔をしてきます。これを心理学用語で「投射」と言います。

“お相手はどうも私のことを嫌っているようだ!”と思えば、相手も同じように考えそれを態度に示して来ます。

目の前の鏡の中のあなたが「投射」です。不思議ですね!

上記に記載した、「開示」と「投射」はパーティーでもお見合いでも同じような効能・活用の仕方があります。

自分なりのやり方をマスターしてお相手をゲットしてください!何事もトライ!

応援しますよ!

ヒューマニスティック

アイコン

婚活するには、友人の伝手(つて)を頼るか、社内の同僚にアタックするか、はたまた、親・親戚・兄弟からの紹介で見合いするか、更にはインターネットの出会い系に登録するか、ネットの結婚相手紹介に入会するか。こんなところでしょうか。

ファイル 1202-1.jpg

若いうちはこんな感じで頑張ってください!

でも、年齢がある程度進んだ方は、結婚相談所に入会することをお勧めします。

何故かって?

ある程度、社会の中でそれなりに認識されるような立場に立ってしまっているあなたは、間違いを犯すリスクを恐れているからです。このリスクを考えずに行動してしまった方がたまに犯罪に巻き込まれます。実際、身近で犯罪に巻き込まれ、命を落とされた方がいらっしゃいますから。

当たり前ですよね。

ファイル 1202-2.jpg
麻生政権時代、ニュース報道の中で、麻生元首相が“職がなければ結婚しない方がいい”と言ったと、マスゴミで怪しからんと大騒ぎしていましたが、TV局のマスゴミ連中の年収は、35歳くらいで1500万円、世間相場からかけ離れている連中から偉そうなことを言われたくないですね。

実際のところ、無職で収入がない方と結婚する女性がいますか?苦労が目に見えています。

若くて無知な女性であれば、相手が無職であっても顔がいいとか、声がいいとかで結婚するかもしれませんが、社会経験を積んだ人であれば、世の中そんな甘いものではないと解っていますから結婚しないでしょう。

まともな人であれば、若くてもその位は認識することが出来るでしょう。

結婚相談所に入会する方は、世の中をストレートに見ることができる方が圧倒的です。

世の中の本道からそれた方は、出会い系でお相手を見つけた方が良いでしょう。相応しい方が見つかりますよ!

この様なことをはっきり言えるのも結婚相談所だからです。金にガツガツしているような結婚相談所が最近増えているようですが、私の親しいほとんどの結婚相談所の経営者の方々は良縁を結ばせる使命感に燃えています。

インターネット等のバーチャルな世界でお相手を探す方が増えていますが、結婚って本当はかなりリアルです。頭で考えることではなく、体で感じる事柄です。

現実に嫌いなタイプと肌が触れただけで、ジンマシンが出る女性もいらっしゃいます。

これって、頭ではなく体が反応しているんですね!

結婚相談所は人間臭いです!

でも、結婚ってもっと人間臭いですよ!

皆さんを影で支えるのが私たちの仕事です。応援します!

婚活は小さなお願いから!

婚活は“小さなお願い”から!
婚活中の男性諸君、結婚するためには結婚の前に必ず、プロポーズという“大きなお願い”をしなければなりません。

ある日突然、見ず知らずの彼女に“結婚して下さい!”と叫んでも相手にしてくれませんよね。当たり前です。

ファイル 1201-1.png

この“大きなお願い”をどうすれば達成できるか、演繹法(QCではゴリラの骨)から考察するのも楽しいのですが、あるアメリカの学者が学生たちを使い帰納法的実験をしました。有難いことです!

その研究とは。
〖ある学生の実験 〗交通安全の小さいステッカーを、1枚だけ窓ガラスに貼ることを各家庭の主婦に依頼して回りました。勿論、依頼はOKでした。約2週間後、今度は「安全運転」と大書きした立て看板を1週間、家の前に立てさせて欲しいと依頼しました。結果は、76%の主婦がOKでした。ステッカーの依頼をしなかった場合では17%しかOKは得られませんでした。

小さく簡単なお願いから、大きいお願い(プロポーズ)に。
非常に簡単なことです。

ファイル 1201-2.jpg

例えば、お見合いなどでお相手とお会いした後、気に入らなければ簡単に「ご縁がありませんでした」と断れば終了します。ですから女性に対して“お見合いをして下さい”と申しこむのは極めて小さなお願いです。

次にデートですが、お見合いが成功した後であれば、デートに誘うのは極めて簡単なお願いです。お相手もデートしたいのですから。

この様に一つずつ階段を上るように、目の前の段を一歩ずつ確実に踏んで行けば、最終的には結婚に結びつきます。

皆さんの年代ではあまり聞き覚えの無いものに、SF商法というものがあります。どちらかといえば、お年寄り・主婦を対象に短期間で商品を売り、短期間で店じまいする悪徳商法です。

ここで使用しているのがYES話法といって、先ず始めに100円ショップで売っているような商品を無料で配り(このとき「欲しい方は大きい声でハイと言ってください」と一斉に言わせます)、これを何度か行った後、小額の商品から徐々に高額な商品に切り替え、販売する手法です。

これは“小さなお願い”から“大きなお願い”を叶えさせる見本のようなやり方です。

これを実際のお見合いの席で利用した場合(微視的)はどうでしょうか。

メニューをご覧になりますか ハイ 注文は○○で宜しいですか、ハイなどなど色々とアレンジできます。

巨視的に見た場合には、お相手の選定・お見合い・交際・結婚になるわけですが、このイエス話法を使ってOKを連発させれば、成婚に至ります。

但し、お相手が自分に相応しいのか、結婚後、この相手に対して愛を継続できるのか、価値観は合っているのか、等々を判断しながら、“小さなお願い”から“大きなお願い”を獲得して下さい!

お見合いパーティーで一番大事なこと!

アイコン

お見合いパーティーで一番大事なこととは、異性と話をしてお相手をゲットすることです。

当たり前じゃないかと思われるでしょうが、ちょっと外れた人たちがいらっしゃるのも事実なんです。

私たちがおこなっているパーティーは、東京・埼玉で月に2・3回ほど。毎回、大勢の当社会員さんが参加されます。

ファイル 1200-1.jpg 以前パーティーで利用していたヒルトン東京

小さいパーティーは参加人数30名位から、大きいパーティーは150名位まで。

私もあるパーティーの主催者側代表を勤めていましたので、参加者の動きを常に見るようにしていました。その参加男性の中には変わった行動をされる方たちが常にいらっしゃいます。

それは女性と会話をするのではなく、男性同士で会話が弾み、それで参加した満足を得、パーティーを終えてしまう方達です。

また、会場で出会った男性に頼る男性。こちらは気に入った(同性として)男性の後に付き従い、彼からアドバイスを求め異性と話をしない男性。

珠にいらっしゃるのであれば、そういう方もいるのかなあ~と思いますが、何と常にそのような方がいらっしゃるのです。

パーティーで一番大事なことは、女性をゲットする!ことです(当たり前か)。

男性と話すためにパーティーに参加しているわけではありません。

男性が好きな方は、別の場所でお願いします。

これは男性に限ったことではありません!女性でもかなりいらっしゃいますよ。注意、注意!

女性同士で盛り上がり、それで終わりという方たち。結構いるんです。

まず大事なことは、異性と会話することです。こんな基本的なことができない方が結構多いからこそ、我々の仕事があるのだと自覚していますけれど。

人を動かすことから

アイコン

結婚するには、お相手の心を動かさなくては成就しませんね。ではどうやって相手を動かすのか。その動かし方の天才から、少々学んでみましょう。

皆さんの中で営業に従事されている方、または管理職の方はデール・カーネギーをご存じだと思います。
ファイル 1199-1.jpg

有名な名著“人を動かす”の作者です。全世界で1500万部、日本でも430万部を売り上げました。自己啓発本の先駆的役割を担った人です。億万長者!

鉄鋼王でありカーネギーホルの創設者カーネギーとは別人ですからお間違えなく。

ところでこの“人を動かす”には3原則があります。
1.批判も非難もしない。さらに苦情も言わない。
2.率直で、誠実な評価を与える。
3.強い欲求を起こさせる。

そして、次に“人に好かれる6原則”をあげています。
1.誠実な関心を寄せる。
2.笑顔で接する。
3.名前は、当人にとって最も快い、最も大切な響きを持つ言葉であることを忘れない。
4.聞き手にまわる。
5.関心を見抜いて話題にする。
6.重要感を与えるー誠意をこめて。

ここまで書けば、何のために紹介しているのかお分かりになったと思いますが、勿論、皆さんの大事な“お見合い”“交際”“デート”のためです。

更にカーネギーは人を説得する12原則を上げています。
1.議論に勝つ唯一の方法として、議論を避ける。
2.相手の意見に敬意を払い、誤りを指摘しない。
3.自分の誤りを、直ちに、快く認める。
4.穏やかに話す。
5.相手が即座に「イエス」と答える問題を選ぶ。
6.相手に喋(しゃべ)らせる。
7.相手に思いつかせる。
8.人の身になる。
9.相手の考えや希望に対して同情を持つ。
10.人の美しい心情に呼びかける。
11.演出を考える。
12.対抗意識を刺激する。

ここまでくればもう一丁。人を変える9原則。
1.まず誉める。
2.相手には遠まわしに注意を与える。
3.まず、自分の誤りを話したあと、相手に注意を与える。
4.相手に命令をせず、意見を求める。
5.相手の顔を立てる。
6.わずかなことでも、全て、惜しみなく、心から褒(ほ)める。
7.相手に期待をかける。
8.激励して、能力に自信を持たせる。
9.喜んで協力させる。

最後に最も重要な“家庭を幸福にする7原則”ウキペディアでは付録扱いですので、書かれていませんが。
1.夫に口やかましく言わない。
2.相手の長所を認める。
3.粗探しをしない。
4.相手をほめる。
5.ささやかな心づくしを怠らない。
6.礼儀を守る。
7.正しい性の知識を持つ。

久々に読み返してみて、如何に自分自身が実行してこなかったか、反省しました。奥さんごめんなさい!

ただ、1の口やかましい女房(相手の欠点を指摘する)には、偉大なるリンカーン大統領も家に帰りたがらなかったという逸話が残っていますね。

私は勿論、わが家が大好きです!!