記事一覧

31歳の ぽっちゃり女の子!!

アイコン

31歳の ぽっちゃり女の子!!
元気で明るい女性です。

男性から、お見合いの申し込みが来ています。

少しおデブなだけで、自分に自信がもてない。
(確かに、わかります。←現在のワタシですから!!)

でも何の目標もなくダイエットは厳しいですよね!!

ベルMe の会員の女性も入会を機に、エステにスポーツジムに、
頑張っていますよ!!
そして、お見合いに!!

ご入会して頂ければ、色々な出会いのチャンスは必ずあります。
それを、どのように活かしていけるかは、ご本人次第ですよね!!

みなさん、自分に自信がもてないで、悩んだり。
自信持ちすぎて、横柄な態度でお見合いしたり、
色々ですが、まずは、お相手があっての結婚です。

自信が持てなくて委縮してしまったらお見合いの相手も、反応に困りますよね。
また、逆に、相手を見下す態度でしたら、←これは、勿論論外!!

緊張するのはわかりますが・・・その緊張でさえ、お相手も同じですから!!
自分のことばかり考えないで相手の立場になって、相手の気持ちになって、お見合いの会話を、
考えて欲しいです。

お見合いも経験です。
人と人との触れ合いの場です。
ひとつひとつ、大切にして欲しいです。

「品のいい」聞き上手とは

アイコン

お見合いは勿論のこと、デート中でも大事なのが、相手の話を「品よく上手に」聞くと言うことです。

①あなたが話している時に、相手が明後日(あさって)の方を向いていたら、“何だ、話を聞いていないんじゃないか!”って少々腹を立てますよね!

世間一般の人は往々にして腹を立てます。

相手の話を聞いていますよのシグナルは、相手の目を見て話を聞くことです。特に女性の場合は、intelのCore Duoのように、他の仕事をしながら、話を聞くことが出来ますので注意が必要です。男性は目を逸らさず、女性を見続けることが大事です。

②時たま、腕を組んだまま話を聞く方がいらっしゃいますが、面接試験でこれをやったら入社は諦めた方がいいと思います。

胸の前で腕を組み相手の話を聞くのは、自己防御か相手を否定する行為です。テーブル席であれば、ゆったりと軽くテーブルに手を乗せ、両手が相手から見えるようにします。「手の内を見せる」ではありませんが、相手に安心感を与えことが出来ます。

③「こっくりさん」は皆さんご存知だと思いますが、あまり相手の話に頷きし過ぎるのも、良くありません。「こっくり、こっくり」せわしない印象を相手に与えますし、幼さを感じさせてしまいます。相槌は適度にしてくださいね。

④最後に、上手に品よく聞くと言うことは、こちらからも話をするということです。相手に興味があるなら、色々と質問をするのが当たり前で、質問をしないということはあなたに興味がありませんと言っているようなものです。もっと好奇心を持って、お相手に質問をしてみましょう。

肝心なのは「出会いを結婚につなげる」こと。

アイコン

お見合いしても中々うまくいい縁に繋がらない!!

お見合いで本人に会ってみて「お断り」をした理由、

断られた方からすれば、気になりますよね。

最も多いのは「合わなかった」

では、何が「合わなかった」のでしょうか?

「好みのタイプではなかった」というもの。

「生理的に受け付けなかった」

「結婚する人ってピンってくるって言いますが、それがなかったか」

そのような原因は、ご縁がない!!断られても くよくよしないのが一番です。

「合わない」のなかのは、上記以外に「話が合わない」

「相手が女性と話すのに慣れていなくて、会話が成り立ちにくかった」
「自分の話ばかりで、面白くない」
「どんな話をしても返事しかしなくて、話が盛り上がらない」

・・・この問題は、コミュニケーション能力を磨くことでカバーできないでしょうか?

それは 頑張りましょうよ!!日頃の努力で(慣れ)で なんとかなります。

常に世の中にアンテナを張って話題を増やしておくことは、普段の社会生活の場でも
役立ちます。

電車の中の広告でも、以外と「旬」な情報があります。

それが相手の年齢や職業に合った話題であれば、好感度アップは間違いなし。
日ごろの会話から、「話し上手・聞き上手」を意識してみましょう。

自己中にならない会話を 考えてみてください。

第一印象をUPさせよう!

アイコン

ベルMeに入会された後、皆さんの第一難関は、なんでしょう。

それは、お見合いを成功裏に終わらせることですね。

お見合いで重要な要素とは?

お相手に会った瞬間、お相手に好印象を与えることです。

好印象を相手に与える!

何だか当たり前過ぎですよね!

でも、1分間に相手の目を何秒見つめれば、好印象をもたれるのでしょうか?

さて、どの音域帯で話をすれば相手に好印象を与え、話を聞いてもらえるのでしょうか?

第一の設問の答えは、28~40秒の間だそうです。

会話中、相手の目を1分間に28~40秒見ながら話をする。これ以上見つめると、今度は逆に相手に圧迫感を与え、嫌われてしまいます。

相手の目を見つめながら話したり、目線を外して話したり交互に繰り返すことが大事です。

警察官に道端で呼び止められました!
警察官は私の目を、じっと見続けながら話します。
何だか疾(やま)しい事は何もしていないのに、嫌な気分にさせられます。

こんな経験ありませんか?

さて、第二の設問の答えは、3000Hzだそうです。

福山雅治が話すときの音域が、まさに3000hz。

彼の歌がヒットするのには、この様な理由があったのですね。

私達の耳に、キチンと届く音域、これが3000hzです。声が低くボソボソと喋ってしまう男性会員の方、注意して少し声のトーンを上げてみましょう。元気がいいように感じられますよ。

私が昔々に勉強した弁論術学の中に、腹の声を出す方法がありましたが、この腹式での発声を使うことで、3000hzの音域を得られるようです。

カラオケに行き、腹から声を出す歌を歌えば、同じ効果が得られますよ。実行してみて下さいね。

「こんにちは、○○と申します。本日は‥‥。」こんな時、少しカラオケの成果を発揮してください。まず、声で好印象獲得です。

次にアイコンタクトで得点加算。

先ず、この2つをマスターしましょう!

お見合いでの勝率がUPしますよ!

頑張ってください!

モテ服

アイコン

お見合いに行かれた、
お洒落な男性に言われちゃいました!!

先日御見合いした女性の服装が、どーも・・・・・と

そうですよね~~
男性はスーツでお見合いをお願いしています。
女性はそれに相応しい服装で・・・とお願いしています。

女性も、モテ服を 選んでますか???

男性のテンション上げてくださいね!!

TPOにふさわしい装いであれば、洋服は好きなものを着ればいいですが、
男性が比較的好む服装は 


「女は清楚清潔感が大事」


春です、春らしい可愛い服装にして見ては???
お相手の 対応が変わりますよ!!

シンメトリー度

アイコン

2008年から早稲田大学では、「恋愛学入門」という授業が開講されています。

この受講学生を対象に「女のみかけと男の年収」をテーマにデータを取ったそうです。

男子学生への質問
質問1 次の2人の女性をイメージしたときに、結婚するならどちらの女性ですか?
(1)浮気ばかりするAKB48(一番魅力的と思う1人を頭の中でイメージ)
(2)浮気は絶対にしない森三中(一番魅力的でないと思う1人を頭の中でイメージ)

 この質問の答えとして、予想では(2)の方が多いのではと思っていたのですが、結果は全く逆。男子学生150人のうち、なんと70.5%がAKB(残りの29.5%が森三中)と回答したそうです。

男にとっては、やはり見かけ(容姿容貌)。男は視覚を重視する傾向があるということのようです。でも、3割近くが森山中との回答と言うことは!

女子学生にはその逆の意地悪な質問
質問2 次の2人の男性をイメージしたときに、結婚するならどちらの男性ですか?
(1)フリーターで年収が100万円のイチローまたは水嶋ヒロ(好きな方)
(2)弁護士で年収が2000万円の出川哲朗または江頭2:50(好きではない方)

こちらのアンケートでは、65%の女子学生が、年収が多く社会的ステータスが高い方を選んで、イチロー・水嶋ヒロは35%に過ぎなかったそうです。

女子学生の好みも明らかです。男は顔ではない(これは多くの男には朗報)、職業と年収が重要なのだということです。でも3割がイケメン狙い!

ここでお分かりだと思いますが、見た目って結構大事なんです。この見た目を決定づけるのが、第一印象です。

第一印象はわずか0.1秒で決まってしまうそうです。「早打ちマック」も方なしですね。

瞬時に相手の顔かたち、体形、表情から読み取れる性格、洋服の趣味と値段、センスなどを読み取ろうとするそうです。

特に顔で重要なのが、シンメトリー度。

左右対称(シンメトリー)の顔ほど、異性から好まれます。

(1)異性は魅力的と感じる(つまりモテる)
(2)初体験が早い
(3)過去の恋人の数が多く性体験が豊富
(4)風邪をひきにくく喘息にもなりにくい
(5)体脂肪率(BMI値)が低い
(6)(男のみ)精力的で、体格がよく、競争心が旺盛である
(7)いいにおいを発する
(8)いい声をしている
(9)(男のみ)精子の質が良く、女にオーガズムを感じさせることができる
ということだそうです。これは心理学実験からも実証されているようです。

参考にしてください!

おしゃべりが嫌いな方!?

アイコン

結婚相談所に入会しているということは、お見合いをしなければなりませんが、お見合いではお相手と話をしなければなりません。

ところが、この会話をすることに恐怖を持たれる方が稀にいらっしゃいます。

何を話していいか解らない!

解らないから緊張する。

緊張するから話せない。

負のスパイラルに陥ってしまいます。

話そうとせず、話を聞きに行こうと思えば、案外楽にお見合いすることができます。話すことに3、相手の話を聞くのに7とよく言われます。

私の様に話すのが好きな人間には、とことん話をさせておけばいいんです。但し相槌は打ってあげて下さいね。聞いてくれてると思うから、話すんですから。

普通のお相手には7割聞いて、3割話す。その3割の内容ですが、質問をすればいいんです。相手に質問をするということは、相手に興味があるから質問をするということです。

質問を受けて質問ばかりしてと嫌う方が稀にいらっしゃいますが、これは質問者に問題があることが多いようです。

“私の趣味はゴルフなんですが、○○さんはスポーツが趣味とプロフィールに書いてありましたが、具体的にはどの様なスポーツが好きなんですか”

この様に、自分の事を話してから質問をするようにすると、私の事ばかり質問して、自分の事は話さない方と言われないで済みます。

“そうですね、スポーツ全般が好きなんですが、今は友人たちとフットサルをしています”

“私はスポーツ音痴なのでフットサルって解らないんですが、どの様なスポーツなんですか”

この様に、話の流れの中で質問をすると、相手は得意分野の話なので話が弾んで話し始めてきます。

後は相槌を打って聞いていればいいんです。

楽でしょう!

試してみて下さい。

お見合い

アイコン

お見合いは「もしかすると、この1回で終わりかも・・・・」という
不安から、出来る限り、自分をアピールしなければと
思う人が多いようです。

自分の得意分野やウンチク話などは、お相手に 
「つまらない人」 という印象を与えてしまします。

自己アピールは大切ですが、悪い印象になっては、
悪い結果になってしまします。
相手あってのお見合いです、

お相手が、興味を示しているか、
      会話に参加できているかどうか、 を判断することが、とても重要です。

(慣れないことで、必死なのはわかりますが、この時こそ、空気読んで!!)

中には、自分の能力をアピールしようとして、

相手の話をさえぎり(苦笑)、否定してまで、
自分のことを話しはじめてしまう。

お相手は「最悪(;一_一)」と 感じていませんか???

もし否定する場合は 相手の言いたいことに同意して、

相手の気持ちを理解してから、

自分を主張をすると、全然印象が違ってきます。

お見合いって、あとで、一人になってから冷静に反芻することが多いので、
悪い印象はNGです。

そして、

「 もう一度逢ってみたい 」 「 もっと知りたい 」と、

思ってもらうのが目的なので、自分を全部見せきろうとしてはダメなようです。

ファイル 785-1.jpg
「オレ、後ろ姿にも、自信あり」
・・・・by とりちか

○○の予感?!

アイコン

最近、色々な形で結婚される方が増えているようです。

どの様な経緯で結婚されたかは別としても、結婚に至る為には先ずはお見合いから出発しなければなりませんね。

ファイル 781-1.jpg 内乱の予感(サルバドール・ダリ)
お見合いをうまく運ぶためには、第一印象をよくすることは勿論ですが。

男性:お相手女性会員の写真・身上書で好みの人を選んでお会いするわけですから、写真通りであれば容姿はOK。次に楽しい会話が出来れば尚の事OK。これ位でお相手の女性と交際したいと返事をする方がほとんどです。男性は比較的単純な方が多いですから。

女性:男性の容姿を気にする方は勿論いらっしゃいますが、それよりは夢を膨らましてくれるお相手に、興味を抱く方が結構いらっしゃいます。
楽しい旅行の話などは、この人と一緒になれば、旅行に連れて行ってもらえそうとか、この人と結婚したら、明るい家庭が築けそうとか、明るい未来を予感させる方に興味を抱き、交際OKの返事を返す方が多いようです。

プロフィール上の「趣味の欄」に一番目に記載している事柄は、その方のもっとも好きなものです。ここにゴルフと書いてあれば、ゴルフ好きなあなた、チャンスですよ。お見合いを申し込む時に、コメント欄にゴルフが好きなことを書きましょう。印象が良くなりますよ。

女性からすれば予感、男性からすれば予想になるのかもしれませんが、この人と一緒になれば、楽しい人生を送れそうだと思わせることが、お見合いでの会話で一番重要なことだと思います。

貴方だって、この女性と一緒になれば、人生バラ色に思えるから結婚するんでしょうから。

自己評価(self-evaluation)

アイコン

自己評価とは“自分の能力や性格、態度や興味、仕事上の成果などを、自分自身で分析・認知する事。”だそうです。

「そんなの当たり前のことだろう」と言われてしまいそうですが、会社なら毎年、結婚相談所なら毎月、この問題にブチあたります。
ファイル 730-1.gif 五月病(大阪府医師会HPより)
有名なのが五月病(入学病)。入社してから先輩の後に付き従い、仕事を覚えていくのですが、“あれぐらいならおれの方がもっとうまくこなせるのに、上司は俺の能力を低く見ている。”と自己評価を下し、この会社はダメだ!と思いあがり、転職を繰り返す方が出てきます。

逆の場合ですと、先輩・上司から注意を受け続け自信を喪失してしまい、転職してしまうケースです。

結婚相談所でいえば、入会してお見合いの申し込みをし始めたところ、お相手からは断りの連続で、中々お見合いが組めません。これも一般社会と同じようで、自信を喪失してしまうケースと自分自身を高く評価してしまい、不釣り合いな申し込みをしては相手に断られ、会えない責任を相手なり相談所に転嫁してしまうケースです。

お見合いを申し込んでも、相手からお見合いOKの返事が返ってこない方は、自分に対する評価と言うのは、“大方、甘めになるもの”と認識して、少し低めに自己評価を下して下さい。そうしないと“転職なりお見合いの負のスパイラル”に陥ってしまいます。
ファイル 730-2.jpg 叫び
負の暗黒面に陥ってしまわないように!

正当な自己評価を下しましょう!