記事一覧

婚活の臨界質量

アイコン

最近、婚活の影響でしょうか、矢鱈と女性会員の入会が増えています。有難いことです。

男性が少々自信喪失気味なのか、以前と比べて男性の入会が減っているようにも感じられます。近隣(川越市)に「口だけ相談所M○○」が数年前に発足したのも影響しているのかな?
ファイル 1195-1.jpg

まだ景気は良くないと言っても、日本は安定したよい国です。
ファイル 1195-2.jpg

かの中国では失業者はすでに2000万人を超えたようです。何せ十三億人の国ですから規模が違います。数年前に日本では派遣社員の首切り、リストラの影響で数百人規模が日比谷公園に集まったと、日本沈没の如きに報道されましたが、中国では田舎町クラスの話ですね。
ファイル 1195-3.jpg

数百・数千人規模の暴動が年間数万件起きている中国ですね!規模が違います。

ところで、社会学には「臨界質量」という言葉があります。例えば、交差点で赤信号を待っている時、1人や2人が信号を無視したところで、他の人々が赤信号で渡ることはありません。ただ、それが5人、10人と増えたらどうでしょうか。

このように集団の行動が変わる潮目となる比率を臨界質量と言うそうです。中国はよき見本になります。

婚活する人がある一定以上増えてくると、結婚するには婚活だ!結婚相談所に行こう!になるといいですね。

流行りものは嫌いですか?

アイコン

このところ、世界中でテロが頻発しています。古くはアーノルド・トインビー、最近ではサミュエル・ハンチトンによる文明の衝突が原因でしょうか?

ファイル 1194-1.jpg

ヨーロッパにはキリスト教を中心とした文明がありますが、ここにイスラム教徒が経済難民として違法に侵入してきています。ヨーロッパの高い福祉生活を無償で手に入れようと群がってきているのです。

ファイル 1194-2.jpg

日本でも、在日外国人による生活保護費授受が激増しています。日本人には中々生活保護は受けられませんが、特定の在日は、いとも簡単に授受しています。

さて、話は変わりますが、今年の入会者の傾向として、女性の入会者がかなり増えてきています。将来に対する不安が広がっているのでしょうか?10年前と比べると格段の違いがあります。

入会する女性の皆さんはとても綺麗で、結婚に対して非常に前向きです。何故このような可愛くて、綺麗なお嬢さんに良縁が巡ってこないのだろうかと不思議に思ってしまいます。

自由恋愛をして結婚をするのは最近多くなりましたが、江戸時代(釣書)から敗戦後までは親が決めた結婚か、お見合い結婚が普通でした。また、自由恋愛と言っても社内結婚、友人からの紹介結婚が主流でお見合結婚と大して変わりがありません。狭い範囲からの選択です。

婚活(結婚活動)は選択肢を広げ、より多くの人たちと交流できるのが強みです。普通であれば会えないような人たち(職域・地域)と、お会いすることができます。この活動をより早く目を付け活用しているのが、柔軟性のある女性の方です。

洋服でもそうですが、婚活(結婚活動)という流行に敏感なのは女性です。

世の流れ、大河の流れは本道です。人としての幸せは案外、世の流れをうまく利用できる人たちなのかもしれません。

流行りものは嫌いという男性の方、たまには流行を追ってみませんか?

プロポーズできない男性!

アイコン

昼のワイドショーで、結婚しない30代男女をレポートしていました。

プロポーズできない男性。結婚に踏み切れない女性。なにしろ増えています。

ファイル 1193-1.jpg

なぜ自信のない男性が増えているのか?の問いに、あるコメンテーター曰く。母親が強くなり、異性である息子を甘やかして育ててしまい、同性の娘には厳しく育て、独立心旺盛な女性になったからではないかと、発言していました。
冗談ではない!と反発される母親が目に浮かびます。

ファイル 1193-2.jpg

当相談所ではどうかと言いますと、やはり、母親がしっかりした(強い)家庭に育った男性会員さんの中に時たま、極端に優しい男性がいらっしゃいます。女性に関しては土地柄か(埼玉県)、極端なキャリア風はいらっしゃらないので、早くに結婚が決まっています。

ファイル 1193-3.jpg

一頃、「中年童貞」が巷を賑わしていましたが、未婚男性(30才から34才)の24.3%が性体験なしだそうです。(国立社会保障・人口問題研究所、13回出生動向調査より)

しかし、今までの経験上、童貞男性が結婚した後、子供が出来ましたという報告は、他の男性会員より早いです。性体験の有無は子作りには関係ありません。

巷では、独身時代に遊んだ男性は結婚した後、家庭を大事にして良い夫になると言われますが、私の個人的経験からすると、遊びが好きな男性は結婚後も遊んでいました。離婚も多かったです。

真面目な男性ほど結婚後も奥さんに献身的に勤め、会社の評価も上々、子供たちもよく育ち、幸せな家庭を築いていました。世間の噂とは逆です。

婚活の提唱者の一人である白川桃子さん曰く、女性からのプロポーズもありの時代ではないかと!

真面目な男性に女性からアタック!
幸せな家庭を築いてください。

深層演技!?

アイコン

皆さん、「感情労働」という言葉を聞いたことありますか?
 1983年、社会学者のホックシールドが、著書『The Managed Heart』(『管理される心―感情が商品になる時』)で、感情を労働の一部として提供している労働者を表現した概念です。

感情労働は客室乗務員から派生した概念だそうですが、現代社会を生き抜くにはどのような環境であっても、感情労働が必要なようです。

私がもっと若いころ、はるか昔。営業の世界に足を踏み込み、お客様からの「お断り」の毎日に自分を否定されたような気分になり、自分の不甲斐なさ、実力のなさに落ち込み、悶々とした時期がありました。

そしてある時、営業の世界は舞台であることに気が付き、自分は優秀な営業マンを演ずればいいんだとやっと解りました。

自己の感情コントロール。涙の場面では涙を流し、心から笑う場面では大いに笑う。役者がやっているように、出社したら会社は舞台、私は優秀な営業マン役。うまい役者は役に成り切ります(深層演技)。

もう気が付かれたと思いますが、異性との交際に自信のないあなた!

異性とのお付き合いも同じです。

優秀な営業マンがヨレヨレのスーツで登場しますか?

優秀な営業マンは会話が途切れないように、雑誌を読み、話題の本を読んでいます。

踵の擦り切れた靴を履いていますか?

オタクのような格好で営業していますか?

モテ男にも、モテ女にも共通しているものは同じです。それは自分を磨くことです。

美人で可愛い女性を望むなら!

年収の高い男を望むなら!

表層演技ではなく、モテキャラを演じられる自分(深層演技)を作りましょう!

出来ない時は、分相応も忘れずにね!

恋のタイミング!

アイコン

何年も前のことですが、“デスノートL”で有名な松山ケンイチが、キムチ発言で韓国のネオコンに火病(ファビョン)されました。

ファイル 1191-1.jpg
ことの発端は、“韓国の空港はキムチ臭いと友人から言われていたが、韓国の空港は非常に綺麗で匂いもなく清潔でした”こんな感じで韓国の空港に到着後に現地新聞に発言したことです。

ネオコンは韓国を馬鹿にしているとファビョった訳です。

“韓国の空港は非常に綺麗で清潔ですね”これだけで良かったものの、ケチを付けられたと勘違いされる前段の言葉が失敗でした。

これは女性に対する褒め言葉でも同じことが言えます。

“あなたの写真を見た時には、派手かなと少し思ったのですが、お会いしたらとても綺麗で美しい方ですね”と褒めた場合、派手という言葉が印象に残り、相手に嫌悪感を与えてしまいます。

最近はメールでのやり取りが流行っていますが、良く失敗するのが言葉使いです。

自分が意図している内容を相手は反対に解釈してしまう!

会って話をしているときであれば、相手の顔を見て話していますから瞬時にホローの言葉を言えば済むことですが、顔が見えない場合は相手の反応が解りません。ですから、メールでの言葉使いには十分気を付けてください。

お見合いも恋もタイミングが肝心です。ベストタイミングを如何に掴むか?参考にしてください。

感情のコントロール

アイコン

最近“キレる中高年”が増えているようですが、どうやら中高年に限らず皆キレやすくなっているようです。

例えば、自分の話のテンポと相手の話のテンポが合わない、自分が求めているサービスの要求と相手のしてくるサービスが合わない。

ファイル 1190-1.jpg
更に世の中全て自分中心に動いていて、自分の価値基準・行動・知識に合致しないものは認めることが出来ず排斥をしてしまう。排斥するだけならよいものを自分の価値基準に合致しなければ相手を罵倒し、己の感情をコントロールすることがうまく出来ない。

なんだか精神の発育が十分でない子供が大きくなっただけの大人のようです。

自分の子供が他人に対して何かしら悪いことをしたら、監督不十分として親が責任を執らされます。子供は権利を主張しますが、大人は義務を履行します。

大人になるということは、全ての責任は自分にあるということを自覚することです。

スーパーのレジの前に並んでいた老年男性が、隣のレジが開き自分の後ろの客が先にそちらに並んだことに腹を立て、30分に渡りレジ係10人を並ばせ怒鳴りまくったことがあるそうですが、自分の思うようにならないと泣き喚き、自分の要求を叶えられるまで叫び続ける子供とまるで同じです。

あの時こう約束したのに実行してくれない。親としては実行したかったが諸々の事情によって実行できなかった。しかし子供は納得しない。この様な子供が大人になり弱い立場の相手に対して要求をし出したら、たまったものではありません。

お見合い相手・交際相手に対して、理不尽な要求をしていても理不尽と思わず、自分の要求を貫こうとする人は、精神が確立していない子供と同じです。常に自分が正しく相手が非常識であると思ってしまう。

ファイル 1190-2.jpg
20世紀初頭に活躍した旅行紀行家イザベラ・バード女史は“日本奥地紀行”“朝鮮紀行”を記しています。その中でまだ欧米の影響を受けていない、素の日本・朝鮮の奥地を旅して、他人に対して正直でやさしく争いごとをしない日本人と、常に他人を騙し争いごとの絶えない朝鮮人を紀行文に表しています。今、日本人は溶けていくのか?

坐忘のススメ

アイコン

6月と言ってもまだ梅雨入りしていませんので、朝晩、ひんやりして、さわやかな日々が続いています。

この様に、爽やかであればいいのですが、会員さんの中には、過去の恋愛や失恋に捉われて前向きに行動できない方が稀(まれ)にいらっしゃいます。別れた彼、彼女のことを何時までも引きずって考え、心が今一つ晴れないのです。
ファイル 1189-1.jpg
私の好きな歴史上の人物に勝海舟(坂本竜馬の師匠)がいます。山岡鉄舟、高橋泥舟とともに三舟と呼ばれていました。この勝海舟が盛んに言っていた言葉の一つに“座忘”があります。

座忘とは、何事もすべて忘れてしまって、胸中闊然(きょうちゅうかつぜん)として一物をとどめざる境地に至って、始めて万事万境に応じて縦横自在の判断が出る。と話しています。

早い話が胸に気がかりなことがあって、あれや、これやと、心配ばかりしていては、自然と気力が失せて神経が疲れて大事な判断を間違える。ああすればよかった、こうすればよかったと考えるのは馬鹿げた話だということです。

また将来のことも同じで、あれの、これのと、心配ばかりしていてはよい考えは湧きません。止水明鏡(しすいめいきょう)の心持で潮時を待てばよいと思います。

見合いをしても上手くゆかないのではないか、デートをしても上手くゆかないのではないか。いつまでも過去を引きずっていてもしょうがありません。

でも人生、潮目というものがあります。必ずよい潮目になるときがあります。それを根気強く待てばよいのです。人間10年先20年先のことは誰にもわかりません。今から考えてもしょうがないことです。

物事心配ばかりしていては肩がこってしょうがありません。気持ちを楽に持って、今この時を大事に行動しましょう。

ファイル 1189-2.jpg
ファイル 1189-3.jpg
勝海舟 勝部真長編“氷川清話”は私の愛読書の一冊です。子母沢寛著“父子鷹”は板妻主演で映画化され、板妻好きな私の父親がこよなく愛した映画でした。

愛犬とお散歩 銚子&道の駅希楽里あさひ

アイコン

毎週火曜・水曜が当社の定休日。この日は、愛犬がしっかり覚えていてどこかに連れていけと朝から吠えたてられます。そこで今回は、犬吠埼へ。

途中休憩しながら行きましたので、3時間半(一般道)で到着。昼食の時間なので、犬と一緒に食事ができるということで、「なぎさや」へ。
ファイル 1188-1.jpg
この季節になると、日中30度を超すこともあるので、犬と共に室内で食事ができることは、大変助かります。
ファイル 1188-2.jpg
ただ、少し残念だったのは、値段の割に、不味い!こと。天ぷらもフライも、衣がガチガチに硬い。ラードで揚げたような硬さ。

もう少し旨ければ、大絶賛でしたのに残念。

この後、犬の岩と屛風ヶ浦を散策。

ナタリーは大の水嫌い。砂浜に到着したら、一目散に引き返し。
ファイル 1188-3.jpg
屛風ヶ浦は、海岸浸食の跡が素晴らしく、見ごたえ十分。遊歩道がしっかりしていたので、愛犬たちも安心して散策。

潮風を受けながらの素晴らしい行楽日和。海上ではウィンドサーフィン真っ盛りです。

私の若いときにウィンドサーフィンがあれば、嵌ったでしょうに残念。当時、スキンダイビングに嵌っていて、南太平洋に1か月滞在したことがありました。

旅先で女房殿が知り合った、通称「自衛隊の奥さん」から、道の駅希楽里あさひの情報があり、早速訪問。いろいろと買い物。

帰り際に、ウォッセ21で海産物の買い物。びんちょう鮪の小ぶりのものですが、半身を1400円でゲット。数日は刺身三昧になりそうです。

愛犬と散歩を定期的に上梓させて頂きますが、この「愛犬と散歩」シリーズは、皆さんのデートコースを考えてブログUPさせて頂いています。

参考にしてくださいね!

オペレーターとの出会いで、ご入会

アイコン

当社のオペレーターはB会員様のお母様とだけ、お電話にてアポを取っておりました。「もういいです、と娘も言ってます」とお母様は半分断りモード。

ある日たまたまB会員様が☎を取られ、オペレーターの話に引き込まれたそうです。なにかホッとする気持ちだったと。。

実はB会員様は 他の相談所で苦い経験をお持ちで、どこも同じだろうと思っていたそうです。
「ここなら安心かも!話だけでも聞いてみよう」と思えたそうで、
ご来店され、ご入会されました。

お友達も相談所で成婚し、ご主人がとてもいい方で、B会員様は「相談所にもこんな素敵な方がいるんだ! 」と期待と確信につながったそうです。

「まずは自分で1回は話を聞くべき!親に強制されるより、自分で確かめる気持ちで来店してみて下さい。

職場結婚は無理。。。自分で探すのも無理。。。それならば、お手伝いしてくれるところにお願いしよう!

素敵なホテルラウンジでのお見合はいいですよー♥  相談所も決して強制はしないし、サイトから自分で選べてお見合が組めるってうれしいo(^▽^)oです!」と言いながら 入力されていかれました。

気配りのできるB会員様  今月どんどん お見合組めてますね
良きご縁とつながりますように   ♡♥    ♡♥

*手放すと、入ってくる*

アイコン

初夏を感じる季節となりました。

先日、数名の女性会員様が お付き合いされてる方との交際を手放されました。少し不安もあったかもしれません。
ファイル 1186-1.jpg
でも、お二人の女性はスパ!っと気持ち切り替えて、お申し込み作業へと再チャレンジ! すると。。。どうでしょう!みるみる間に、お見合が組めていくではないですか!

楽しみが増えて「頑張ります!」「つてる!ついてる!」とお返事も返ってきます♥

婚活に限らず、人生の中でも執着していることを手放す事って、、大事かも。。。
ファイル 1186-2.jpg
お部屋の断捨離と共に 心の断捨離、是非やってみて下さい!
<手放すと入る>  これ  ほんとかも(*´∀`*)