記事一覧

男のカッコよさ

アイコン

たまたま乗り合わせた電車の中でのひとコマ。

50代スーツ姿の男性と60代ジャンパー姿の男性が、ベンチシートに座りながら何やら喧嘩を始めました。会社の同僚のようです。

徐々に緊迫度が進み、ドアの入口付近に座り込んでいた20歳ぐらいの若者が直立不動の姿勢に変化するぐらい切迫してきました。

50代男性(後輩か?)は興奮を抑えようと、手に持った雑誌に目を通そうとしますが、手が震え読めません。とうとう堪え切れず60代男性(上司か?)の胸倉を掴んだその時、近くにいた20代後半くらいのブレザー姿の若者(一般的な男性)が、手に持っていた新聞を二人の間に差し入れ小声で一言二言話したところ、二人の喧嘩は収まりました。

その行動の素早さに同じ会社の人かと思っていましたが、かの青年は黙って次の駅で降りてしまいました。赤の他人だったのです。

機転の利いた素早い行動、勇気、そのカッコの良さに女性である私は改めて惚れぼれさせられました。

この一コマによって、今日一日がとても晴れやかに感じられました。

プロポーズのタイミング

アイコン

結婚って誰でも、いとも簡単にしています。

でも、いざ自分がするとなると大変な事だと気付かれると思います。

大学受験は予備校なり塾があります。受験専門の先生がノウハウを教えてくれます。

私達相談所では 結婚までのノウハウを教えています。

ただし大学受験とは違い、結婚は人間対人間=感情対感情なので論理も通用しません。

いかに感性を磨くか!

その“感性の磨き”を言葉を通して伝え、理解していただくかが私たちの仕事だと思って頑張っています。

おかげさまで、数えきれないほどの結婚を幾例もまとめています。

ちょっと偉そうに言えば、実績と経験の元がありますから。

受験も結婚も、一番は本人の熱意とやる気ではないでしょうか?

あと、結婚にはタイミングが重要です。

交際して欲しいと言えず、付き合えなかった!

プロポーズのタイミングを逃してしまい、結婚できなかった!

過去にプロポーズができずに結婚を断念した男性会員が多いのも、タイミングをはずすと言い出せなくなるよい典型です。

交際中に連絡を定期的に入れてくれれば、プロポーズのタイミングをお教えしています。

タイミングよく後押しさせていただくのも、私達の力量のひとつです。

偶然ではなく必然?

アイコン

昨年の夏、新品のタオル2枚(お墓の掃除用)を持って祖母のお墓参り(年4・5回)に行きました。

3年前、ふとしたことから喧嘩別れした伯母(姉妹のように一緒に育った)と、何とか仲直りできますように祖母にお願いをしてきまた。

そして4ヵ月後のある日、トイプードルのまいチャンとイタグレのナタリーを連れて歩いているときに、なんと道端で問題の伯母と再会しました!!

さらに、伯母はナタリーを見て、それってイタグレ!と聞いてきました。

イタグレを知っている人は少ないので、さすが犬好きの伯母だな!と思ったら、なんと!!伯母もイタグレのベベちゃんを飼ったばかりだというのです。

それも、生後4ヶ月で、こんなにたくさん犬種がいる中で、同じイタグレ。

とても不思議!

祖母が導いてくれたのかな!

最近、オーラの泉とかスピチュアルな世界が話題になっているけど、その世界で言えば、偶然ではなく必然。

おかげで伯母との仲はすぐ戻り、ナタリーの着られなくなった服をあげるまでに復活。

おばあちゃんありがとう!

結婚も偶然ではなく、必然的に決まっているのかも?

赤い糸に結ばれたお相手を、一日でも早く手繰り寄せる!

たまにはご先祖様のお墓に行き、どうぞ結婚が一日も早く決まりますようにと、お願いするのも手かも!

でも、数年に1回では効果うすかも?   
でも、行かないよりはましですね!!

感動しました

アイコン

またまた、一家(私・主人・愛犬二人)そろっての散歩でのお話です。

自宅近くの公園での出来事。

1匹のシュナウザー(犬種)ちゃんを抱きかかえている奥さんに出会いました。

私:どうしたんですか!
奥:うちの子(犬)が2・3日前から歩けないんです。
子:(よだれをボタボタ! 目はうつろ)

いつも通っている犬猫病院で、全身検査をしても原因不明との話。

犬猫病院の権威と自認する私。

過去、東京・埼玉・千葉と何十もの病院に愛犬を連れて廻った経験を披露。

その中の一押し病院を紹介。

よほど困っていらっしゃたようで、早速病院へ行かれたようです(院長より報告あり)。

それから数日後、夜も9時過ぎの遅い時間に帰宅した私たちを、なんと、その奥さんがシュナちゃんを連れて玄関前で出迎えてくれました。

通りすがりにお話しただけの間柄でしたが、元気になったわが子(犬)を見せるために、わざわざ私たちを捜して手土産まで持って来てくれたようです。

名前も明かさず、住所も言わないままの私たちでしたが。

まだまだ、日本人も捨てたものじゃありませんね。

感動しました。

シュワちゃんお元気で!

人のやさしさ

アイコン

先日、愛犬と主人を散歩(公園)に連れて行きました。

車を降りたところで、怪我をした少年とその友達に会いました。

少年A:友達が怪我をしてしまったのでティッシュをください。

傷を見たところ、ひざを擦りむいて血が流れています。早速ティッシュとタオルを用意して簡単な応急処置をしました。

少年B:今日はいろいろな人に助けられたナー!
少年C:さっきの人には自転車を直してもらったりしてサ!
少年A:ありがたいナー

それぞれつぶやきながら、去っていきました。

最近、少年たちの嫌なニュースばかりが目を引きますが、人の有り難さを感じてくれた少年たちに、ほっとした一瞬でした。

怒鳴るタイプ!

アイコン

人生いろいろ、夫婦もいろいろ。

めまいがひどいと言われ、83才の義母を車に乗せ、脳外科病院に行ってきました。

待合室で待つこと2時間半。

イヤー いろいろな夫婦が目に留まりました。

まず1組目の夫婦。
会計場所での目撃。

病気のご主人が大きな声で奥さんを怒鳴っていました。意味不明。

そして一人でさっさと外に出てしまい、残された奥さんは会計を済ました後、ご主人を必死で捜していました。

2組目の夫婦。
奥さんが車椅子に座り、その横でご主人が奥さんの手を取り、動かなくなった奥さんのその手を、何時間もさすっていました。

3組目の夫婦。
救急車で運ばれてきた奥さん。
今朝方倒れたらしく、ご主人が待合室にいるいろいろな患者さんに、その様態を必死に説明していました。

ご主人、かなり動揺しているみたい!

人生いろいろ、夫婦にもいろいろありますが。

私は、お互いに相手を思いやり、痛みを分かち合える夫婦になりたいと改めて感じました。

主人が怒鳴るタイプじゃなくて良かった!

その実行とは!!

アイコン

女性のご両親とお会いするきっかけってとても難しいですよね。

始めて会ってお嫁にくださいと言うのは、かなり勇気がいるし、ドキドキ度120%に達して何を言っていいかも解らないし!

先日、男性会員さんが交際期間1ヵ月半でみごとご婚約されました。

ちょっとした支部長からのアドバイス!!彼は素直に実行してくれました。

その実行とは。

二人は那須の牧場にデートに行くとの情報が、私の耳に入りました。

彼にデート中の牧場には、ミルク・チーズ・ハムetcが売っているから、彼女には何も言わずにお土産を買って、彼女を家まで送ったらお土産を取り出し、ご両親に渡してくださいと言ってみたらとアドバイス。

その夜、彼女のご両親から手厚いお礼の電話。

勿論、その後彼女の家族全員から、この結婚大賛成!!

早々に婚約成立でした。

いつまでもお幸せに!!

ページ移動