記事一覧

犬とお散歩 南房総

アイコン

去年1年間、犬の病気治療に100万円近くのお金がかかり、旅行に行く状態ではありませんでしたが、やっと病気も安定してきましたので、犬のリハビリを兼ねて、久々に1泊旅行をしてきました。

今回は、南房総の白浜に宿泊しました。

ファイル 1178-1.jpg 潮風王国
まずは、千倉にある“潮風王国”で昼食。TVで有名な「王様丼」を早速ゲット。隣席にはどうやら俳優の永島という方が。
今回宿泊したホテルは“Hリゾートイン白浜”です。宿泊&花摘み・いちご狩りセットコース。
http://www.resortin.jp/

一人11,000円と犬1匹無料、2匹目から1000円と非常にリーズナブルなお値段。あまりにも安いので、部屋は汚いのではないかと覚悟を決めていきましたところ、案外と快適な空間。犬同伴可の2F和室10畳部屋でした。

夕食・朝食共にブッフェスタイル。メイン料理は、サザエの網焼き。小ぶりなサザエ君を、およそ10個ほど食べました。寿司は烏賊君と蒸しエビがメイン。刺身は地元アジがメイン。味はほどほどでしたが、結構満腹になりました。

朝食のメインは、自分で焼くアジの干物。すでに軽く焼いてあるので、あぶる程度で十分。美味しかったので、2匹頂きました。女房殿は洋食中心。手作りフレンチトーストに嵌っていました。これは絶品だと!

何しろコックさんが目の前で焼いているのを頂くのですから、美味しい。

値段的にしょうがないと思ったのは、温泉。何しろ古いホテルなので、浴室が古いまま。でも、安く泊まれたのですから十分に満足。それでも2度、温泉に入りました。

ファイル 1178-2.jpg 花畑
翌日は、花摘みと、メインのイチゴ30分食べ放題に。花摘みは農家のおばちゃんが積んだものを頂き終了。

ファイル 1178-3.jpg イチゴハウス
そして、メインのいちご狩りに。館山にある、“お百姓市場”のビニールハウスへ急行。

担当者の若いお兄ちゃんから、我ら夫婦、何やら気に入られちゃったらしくて、おいしそうなイチゴを採ってきてくれては、イチゴの説明および解説。50個ほどを20分で食べてダウン。

もっと食べてくれと新品種のイチゴをわざわざ持ってきてくれ、食べさせてくれましたが、1個食べるのがやっと、今回のメイン品種は“紅ほっぺ”と“章姫”。“とちおとめ”もありましたが、甘さに勝る両品種をがっちり食べてきました。

今回の旅行も好天に恵まれ、リフレッシュできました。有難うございました。

犬とお散歩 ひたちなか海浜公園

アイコン

 先月の末と今月の半ばに、久々ですが2匹の犬と共に、ひたちなか海浜公園に行ってきました。

 ナタリーの抗がん剤治療も終わり、犬の体力回復を願ってのことです。
http://hitachikaihin.jp/

 ファイル 1171-1.jpg 入口

何しろ中は広く、我ら夫婦と犬にとっては4分の1のエリアを歩くのがやっと。10年以上前には、簡単に全エリアを歩いたんですが、あれからうん十年、体重も10キロ以上増えてしまいましたので、歩くのがきつくなってきました。

ファイル 1171-2.jpg 丘の手前

散策が好きな方でしたら、たっぷり歩けますので、デートには最適ですよ。

エリア内にはB級グルメの販売所がありますので、気軽に食事もできます。勿論、ちゃんとしたレストランもあるので、まずは検索を。

今月に行った時には、「房総のむら」を先に見学。街道を模した商家町と江戸末期の農家を見てきました。
ファイル 1171-3.jpg
お魚市場を探索中に、高田純次さんたちの撮影隊に遭遇。我女房殿が声をかけるも無視。撮影直前の緊張しているさなか、知らない婆に「純次さ~ん」と叫ばれても返事のしようがないはず。

うちの旦那と大して変わらないと、おかんむり。

那珂湊のお魚市場で、今夜の食材探しをして帰路へ。

高速を使えば、1時間半で着きますので、日帰りデートに良いと思います。

参考に!

犬と散歩 長瀞

アイコン

ファイル 1158-1.jpg
長瀞に向かっている途中で行田市に差し掛かり、忍城址に立ち寄りました。城址跡に資料館が建っており、往時を偲ばせる貴重な資料が展示されていました。

ファイル 1158-2.jpg
映画、「のぼうの城」で名を馳せた城で、戦国末期には北条家の出城として、真田家と対峙していました。

長瀞へは、2匹とも再訪になりました。犬同伴で食事ができる、「さくら」へ。

ファイル 1158-3.jpg
百畳敷入り口の土産物屋の女主とは久々の対面となり、女主も飼っているイタグレの話をしながら、お買い物。

以前お世話になった、秩父の和同神社にも立ち寄り、お礼。

帰りがけに、入間のアウトレットに立ち寄り、犬とウィンドーショッピングを約1時間ばかり楽しみました。

歩き疲れもあり、お犬様たちは車中で爆睡。

犬とお散歩 渡良瀬渓谷

アイコン

去年、足尾銅山へは車で行きましたので、今回は大間々(おおまま)駅から神戸(ごうど)駅間の渓谷を見ることにしました。

大間々駅の構内には1日500円の駐車場があります。他の駅では800円ですのでかなり格安だと思います。

大間々駅から5分ぐらいのところには、無料駐車場(神明宮の隣)があるので、駅まで歩いても平気な方はこちらがいいでしょう。

わたらせ渓谷鐡道はキャリーに入れれば、犬も乗車可能です。

運賃は片道590円とキャリーOKでしたので、キャリー1台(2匹)260円でした。

乗客の中には、犬嫌いの方がいらっしゃったので、一番後ろの席に陣取りました。お陰で車掌さんたちから愛犬を可愛がってもらい、マイ、ナタリーは大喜び。

渓谷の景色では、宇奈月からの黒部渓谷には敵いませんが、川の水の透明度は高く鬱蒼とした森林を眺めると心が癒されました。

ファイル 1156-1.jpg 神戸駅周辺地図
到着した神戸(ごうど)駅には、流水レストランがあり、バスツアーの老人男女がここで食事をしていました。

この駅から琴平トンネル、草木湖と周(まわ)ろうと思いましたが、途中、電線工事をされていた方から、“歩きではかなりきついよ”と言われたので、早くも挫折。Uターンして駅へ。

ファイル 1156-2.jpg 大間々駅周辺地図
大間々駅へ戻ってから高津戸峡遊歩道へ。アップダウンの厳しい道を愛犬と共に散策。下りは犬の腰に悪いので、抱っこ。

まだ時間があったので、佐野のアウトレッドへ。お店の中に入れませんが、ウィンドショッピングはOKですので、愛犬たちには店外で待っててもらい、夫婦交代で店内へ。

閉店セールのお店で、半そでシャツとカーディガンを800円で購入。本日最大の収穫。

クア・アイナでアボガドバーガーセットを食し、帰路へ。

犬とお散歩 レイクタウン

アイコン

ファイル 1152-1.jpg
地元、越谷市にあるレイクタウンは、「カゼ」と「モリ」、「アウトレット」と施設が分かれています。円形の「カゼ」には犬を施設内に入れることはできませんが、長方形の「モリ」では、トヨタ自動車の展示場周辺に、キャリー無しで犬と共に入ることができます。

「アウトレット」周辺及び施設内は犬連れOKですので、平日は犬連れの客のほうが多いぐらいです。

ファイル 1152-2.jpg
アウトレット隣接地には、湖には小さく、池より大きい、「レイク」があり、これを犬と共に一周したり、ウィンド・ショッピング(店内には犬と一緒には入れませんが、キャリーOKの店舗もあります)したりできますので、結構楽しいですし、ダイエットにもなりそうです。

アウトレットには、犬と食事ができる店舗(ドッグ・デプト)が1ケ所とテラス席は犬同伴OKのスタバとドトール、イタメシのコピンがあります。

駐車場は平日5時間無料ですし、土日は終日無料になっています。暑い日でなければ屋内駐車場に車を止め、お犬様たちには散歩の疲れをいやして頂いている間に、ショッピングも可能です。

犬とお散歩 香取市

アイコン

我が家(野田市)から1時間半ほどで香取市ある水郷佐原水生植物園に到着。ほとんど利根川土手沿いの道路を利用しましたので、信号機も少なく快適なドライブでした。

ファイル 1147-1.jpg 愛犬と共に
水郷佐原水生植物園は犬の入場OKの場所でしたので、大勢の愛犬家が自慢の愛犬と散歩がてら菖蒲・アヤメなどを堪能。

ファイル 1147-2.jpg サッパ船
「いずれがアヤメかカキツバタ」といいますが、皆さんそれぞれの違いが分かりますか。水生公園でその違いがはっきりしました。

ファイル 1147-3.jpg 香取神社
香取神社には犬は入れませんので、私一人参拝しに行きました。

ファイル 1147-4.jpg 利根川の白鳥親子
「水の郷さわら」には道の駅と川の駅とが併設されている施設があり、利根川まで降りられます。驚くべきことに、利根川に白鳥の親子が近くまで来ていましたので、早速撮影、しかしナタリーちゃんが接近したら親二羽がナタリーを威嚇して子供を守り始めました。

ファイル 1147-5.jpg 香取市旧市街地
犬同伴OKの喫茶店が川沿いにあり、値段もリーズナブル。結構凝ったケーキを出してくれます。
「伊能忠敬旧宅」は犬同伴で入場が可能で、入場料も無料。店舗入り口の板戸の仕組みが面白かったです。

香取市のHPには個人が自家用車で来ることを想定してないのか、パーキング情報載って居ません。見どころの場所に駐車場は一日500円ですので、ここを利用するか、伊能忠敬記念館のパーキングも利用可能です(但し有料)。

お彼岸のついでですが

アイコン

久しぶりに、六郷土手にある祖父母のお墓に行って来ました。ついでと言っては何ですが、東京の外れまで行くので、江の島まで足を延ばしてみました。
ファイル 1133-1.jpg 江の島神社入り口
私などは60年ほど前に両親に連れられ、幾度か遊びに来た記憶だけでしたので、参道に行くまでの店舗の変化に時代を感じさせられました。

どの本に書かれていたかは定かではないのですが、明治維新後、諸外国の人たちが横浜に来航、江の島にきて海上からコインを投げ、海士が潜水してコインを取って来る様を楽しんだようです。
ファイル 1133-2.jpg 奥津宮が
この建物の天井には、酒井抱一により1803年「八方睨みの亀」が描かれました。残念ながら、恐れ多いので写真を撮り忘れてしまったようです。

昼食は犬同伴OKのお店で、「江の島ラーメン」と「江の島丼」を注文。どちらもサザエがわずかに入っているので、このような名称に。更に「生しらす丼」を注文。生姜醤油をかけて食べました。

ファイル 1133-3.jpg 海食台
大正時代に発生した関東大震災で、島全体が2mも隆起したため、海食台が見えるようになったようです。ここから船に乗り対岸へ到着。
ファイル 1133-4.jpg レンガ倉庫
時間がまだまだあるので、帰りがけに横浜の「レンガ倉庫」へ。この岸壁に日本最大の巡視船「あきつしま」が停泊していました。基準排水量6500トンは海上自衛隊のイージス艦「こんごう」並の大きさです。

ファイル 1133-5.jpg 横浜中華街
江の島で、アップダウンの急坂を歩き回ったせいで、足腰に負担が。痛む足を引きずりながら、中華街の探索。こちらも10数年ぶりの再訪でしたので、隅から隅まで歩き回りながら食事場所を選定。

帰宅後、尾籠な話ですが、下痢に襲われてしまいました。江の島の「さざえ」か、はたまた中華街の「食べ放題」という語句の卑しさに誘われてしまったせいなのか残念。

犬とお散歩 名栗川

アイコン

シルバーウィ-クは、皆さん楽しみましたか?

私たちも、(越谷のベルMe経営者 夫婦と愛犬、私、娘2人)お休みでしたので、飯能の名栗川にキャンプしに行きました。
ファイル 1105-1.jpg

最後の夏!!そんな感じの暑さでした。

食べました、肉 肉 肉 (笑)
ファイル 1105-2.jpg

野菜も食べましたよ!!

ファイル 1105-3.jpg
でも 流石に水辺は涼しく、水はかなり冷たかったです。

ファイル 1105-4.jpg
久しぶりに。ゆっくりできて、テントの中で、一眠り、
ワンちゃんと
ファイル 1105-5.jpg

最後に、汗を流しに、日帰り温泉、

サイボクハム » 天然温泉 花鳥風月

http://www.saiboku.co.jp/kachofugetsu/に行きました。

いつもいつも、楽しませていただき、ベルMe越谷、経営者夫婦には、
感謝しています。

犬とお散歩 喜多方・会津

アイコン

4月下旬から2泊3日で、甥家族と裏磐梯に行ってきました。本格的なゴールデン・ウィークになる前に行きましたので、渋滞に飲み込まれることもなく、気持ちのいいドライブとなりました。
ファイル 1007-1.jpg 坂内 肉そば
今回の旅のメインの一つ、喜多方ラーメンは坂内食堂での食事。約1時間半、行列に並び、やっと目的の肉そばゲット。
ファイル 1007-2.jpg 五色沼
満腹の腹ごなしに、裏磐梯山、五色沼へGO。

犬同伴OKの裏磐梯ロイヤルホテルに宿泊。洋室36㎡で犬たちもノンビリと寛ぎました。
ファイル 1007-3.jpg 日新館
翌日、会津日新館に参観。弓道場で遊ばして頂き、最後には係員の方から特別に、試合用の弓で試射させていただきました。
ファイル 1007-4.jpg 会津若松城
会津若松城を見学の後、古民家で昼食後、会津藩家老、西郷頼母の屋敷を見学。
ファイル 1007-5.jpg レジーナの森
翌日、猪苗代湖湖畔のガラスの館・お菓子の館を見学後、山中の宿場町大内宿へ。その後、レジーナの森で昼食。勿論、愛犬同伴OKのレストランから小さい湖を見ながらの食事。

珠の命の洗濯もいいですね。元気が湧いてきます!

3月・4月に卒業された方が大勢いらっしゃいましたが、今月は新たに入会される方が増えています。有難いことです。

今朝も40台の男性が彼女同伴で来社され、卒業されていきました。

7月に結婚式だそうです。

おめでとうございます!

またもやドックフードで!

アイコン

米食品医薬品局(FDA)は22日、中国産などのペット用ジャーキーを食べた犬や猫が具合が悪くなり、約600匹が死んだとして、調査のため飼い主や獣医師に協力を訴えている。
ファイル 971-1.jpg 我が家のモデル
FDAによると、2007年以降、約3600匹の犬と10匹の猫が中国などの工場で作られたジャーキーを食べて、食欲不振や嘔吐(おうと)、下痢、腎機能障害などの症状に陥り、580匹以上が死に至ったという。
ファイル 971-2.jpg 我が家のモデル2
ジャーキーの原料は鶏や鴨の肉、さつまいも、ドライフルーツで、さまざまなブランド名で売られており、大半は中国から輸入されているという。FDAの広報担当者はブランド名については明らかにしなかった。

FDAは中国の製造工場数カ所を調査しており、引き続き中国当局と協力していくとしている。結果が出るまでは、ジャーキーをペットに与える際には注意するよう飼い主に呼びかけている。(ロイター 10月24日(木)10時52分配信 )

先日、在日中国人女性と、日本人男性の入籍が終了しました。彼女の両親とも教師で彼女も日本に来る前までは、教師をしていたそうです。

二人の交際期間は、日本人同士との交際期間を上回る長い交際期間を経て、やっと纏まりました。

私どももそして彼氏の親族の方々も、彼女とお会いさせていただく中で、その類まれな明るさで周囲を和ませる姿勢に皆が魅了させられました。

今回のドックフード事件は、幾度となく事件になっているほんの一例にすぎません。中国の中には、素晴らしい方もいれば拝金主義に染まってしまっている人たちもいます。

この様な方々を峻別するには、人を見極める見識を身に着けるしか方法はありませんね。

ページ移動