記事一覧

そのまんまでは衰退滅亡

アイコン

朝のTV番組で今や人気絶頂の宮崎県知事のそのまんま東氏が、今のままでは日本は衰退滅亡して無くなってしまうと言っていましたが、本当でしょうか?

それは宮崎県のことであって国政には当てはまらないことではないでしょうか。

リーマン・ブラザースに代表するサブプライム問題では、欧米の金融機関が倒産の憂き目に会っています。日本と共にキャリートレードの対象になっていたスイスでは、スイス国内最大の銀行が倒産の危機に見舞われ、スイス国が税金を投入して銀行を助けています。スペインの住宅バブルが破裂して同国の銀行が破裂しそうですし、アメリカは社会主義国になったのではないかと思うほど、民間の会社を国の税金を投入して国営化しています。

お隣の韓国では2年前からするとウォンが急落して半値の状態(一時ブランド品が安くなり女性が殺到しました)で、このためジワジワと輸入品価格が高騰、生活用品の食料品等が政府の介入にも係わらず10%以上も値上がりしています。輸出が減っているので日本からの資本財(材料)の輸入が出来ず、そのため輸出入では黒字基調ですが経済はガタガタ。

本来ウォン安ですから輸出が増えるのが当たり前ですが、円高の影響で日本からの資本財が買えません。韓国は日本の製品を組み立てて輸出をして生計を立てる内職産業ですので、組み立てる材料が値上がりすると完成品も値上がりしてしまいます。でも完成品はメイドインコリアになりますので、値段が高いと売れません。

韓国国内では日本の製品を朴(ぱく)っても、韓国の裁判所(ガンダム裁判)が応援してくれますのでパテント料を日本の企業に支払わなくても済みますが、その製品を海外に輸出するとなると先進国では違法となります。ですから韓国内では売れても海外に輸出できない製品が韓国には山ほどあります。これでは輸出で儲けることが出来ません。
http://nandakorea.sakura.ne.jp/

さてもう一つのお隣中国はどうかと言いますと、まさにスタグフレーションの様相を呈し、1970年代の日本のように不況(就職難)なのに物価が上がる(トイレットペーパー騒動)という状態になってきています。特に中国人が大好きな豚肉が、政府の支援にも関わらず異常に高騰しています。国内には元がダブついているのに、輸出に有利になるように中国政府が元安誘導しているため、海外から安い豚肉が入りません。

更に大学を出ても(年数百万人)、半数以上がまともに就職できずにアルバイト生活を余儀なくされています。ということは、これが毎年続いているのですから、就業者全体をみるとあっという間に1億人の人たちが失業してしまいます。日本の人口ですよ、これ!
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20090609/197127/?P=1

いま日本は銀行が倒産するとか、アメリカのように失業率が10%を超えるとか、民間の企業を国営化するとか、そのような話は出ていません。

世界中に投資をして債権国(お金を貸している)になっている日本。製品(ソニーとかトヨタとか)を輸出して稼ぐより世界中から利息(お金)が入ってくる方が多い日本。ミシェランガイドの3つ星が世界で最も多い東京。アニメ・まんが・日本食・JPOPに代表されるサブカルチャーが世界中を席捲している日本。

この様な状態で日本が明晩、そのまんま東氏が言われるように“今のままでは日本は崩壊衰退する”とはとても思えません。

苦しい台所事情の宮崎県なのに、人員の削減等の努力が他県より進んでいません。議会・行政となあなあの関係を維持しています。うまく立ち回り揉めなければ議員・県民から批判されません。自ら努力もせずに悪いのは政府だ!地方分権せよ!と声高に言っていますが、このまま分権したら宮崎県は真っ先に崩壊してしまいます。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Momiji/6009/income.html
http://www.tohoku.meti.go.jp/cyosa/kenmin/h16/img/syotoku.pdf