記事一覧

中年童貞?

アイコン

この業界に入って長い年月が過ぎましたが、私の年代では考えられなかったことが、今、業界、更に世の中では起きています。

それは、“中年童貞”です。

産経新聞を読んでいて、何かの記事の中に“中年童貞”を題名にした本があることを知りました。

事実、何人かの中年男性会員の方から“童貞”であることを告白されています。

それに反して世の中、あまりに性に関する情報が巷に氾濫しています。それも、煽るようにして。

最近では特に女性週刊誌に端を発した、少女マンガ(小学館:小学高学年から中学)にも性描写が多数見られるようです。編集者は少女でも知ることの権利があると開き直ったコメントを述べているようですが。

最近では10代の幼い女の子が特定の男性達(モテオ君)と性交渉を持つことに、喜びを得、経験を積んでしまいます。ところがモテオ君以外の男性には経験を積む機会があまりありません。下手に交際を迫り追いかければ、セクハラの嵐が待っています。

女性高校生の性体験統計結果と巷で聞く話にはかなり乖離があるように思います。実際はかなりの数の女子高生が卒業という名目で処女を破棄しています。

功罪はともかくとして、会社や地域の青年団の先輩たちに連れられて、岡場所を知り、男性は経験を積んできましたが、現在はこのような先輩後輩の間柄が無くなりつつあります。

そのような場所は暴力団の支配するところが多いので、一人だけで初めて出かけるには独身男性にとってかなりのプレッシャーになります。

まして中年童貞の方は、親御様が非常に厳しく育て上げたため真面目な方が多く、遊興(スナック・キャバレー等)の世界に足を踏み込んだ経験すらありません。

このような男性と、経験豊かな?女性とを見比べてみると、男性がなぜか見劣りするように感じられます。

ではどうするか?

出来うることであれば、会社の同僚や友人に頼み、行きつけで安心できるお店を紹介してもらい、相手が中年女性でもいいですから、女性と会話を楽しむ機会を持つことから始めてみるのも方法かと思います。

そして徐々に経験を積むことで成長していきます。
頑張ってください。