記事一覧

その実行とは!!

アイコン

女性のご両親とお会いするきっかけってとても難しいですよね。

始めて会ってお嫁にくださいと言うのは、かなり勇気がいるし、ドキドキ度120%に達して何を言っていいかも解らないし!

先日、男性会員さんが交際期間1ヵ月半でみごとご婚約されました。

ちょっとした支部長からのアドバイス!!彼は素直に実行してくれました。

その実行とは。

二人は那須の牧場にデートに行くとの情報が、私の耳に入りました。

彼にデート中の牧場には、ミルク・チーズ・ハムetcが売っているから、彼女には何も言わずにお土産を買って、彼女を家まで送ったらお土産を取り出し、ご両親に渡してくださいと言ってみたらとアドバイス。

その夜、彼女のご両親から手厚いお礼の電話。

勿論、その後彼女の家族全員から、この結婚大賛成!!

早々に婚約成立でした。

いつまでもお幸せに!!

情と思いやり

アイコン

お見合いの後、交際に入れたと男性会員から嬉々とした報告が入りました。
彼は幾度となくお見合いしては断られてきました。やっと交際に入れたのです。

それから1週間後、先方のお嬢さんからお断りの連絡が入りました。

いったい、どうしたのだろう?

男性会員が来られたときに、どの様なデートであったかを聞いてみました。
デートの場所は横浜、散策はやました公園、食事は中華街(ここがメイン)。
ロケーションはバッチリ。

でも振られました。

彼女を迎えに行き、駅で別れるまでの時間は〆て10時間だそうです。

彼は彼女を見て一目で好きになり、彼女を何とか喜ばそうと張り切っていました。

しかし、ここで注意が必要なのは、君のために一生懸命に頑張るのはよしとしても、それは片務的な行為であるということです。

彼女はデートのためにおしゃれをしてきました。勿論ヒールを履いて。

彼はスニーカー風の革靴。

思いやりとは、相手の気持ちを察すること。

初めてのデートでは相手のことがまだ良くわからない状態です。会っているだけでとても疲れるものです。5時間が限度でしょう。

そして、ヒールを履いているのに砂利引きの公園を散策すれば、かかとが剥がれてしまいます。

情を掛けるだけでは失敗します。思いやりをもって臨みましょう。