記事一覧

移民毎年20万人時代

アイコン

最近、日本人の出生率の低さから、外人を毎年20万人ずつ受け入れましょうということが、真面目に議論されているようです。

特殊合計出生率(人口統計上の指標で、一人の女性が一生に生む子供の数を示す)の世界平均は2.56(2005~2010年)。196か国中日本はなんと190位の1.27人。二人の間に子供一人の勘定ですから、瞬く間に日本人は撃滅(?)してしまうと、政府のある諮問機関で騒いでいます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%90%88%E8%A8%88%E7%89%B9%E6%AE%8A%E5%87%BA%E7%94%9F%E7%8E%87%E9%A0%86%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88

家の玄関に鍵を掛けずに出かけることが自慢のカナダ人たち(163位、1.57)。最近、中国と韓国の人たちの移民急増で、町の治安が悪化。結果、中韓からの移民受け入れを中止してしまいました。

日本でも外国人犯罪者では韓国人がダントツの1位。通名(日本での日本人と同じ名前、源氏名)報道のせいで日本人の凶悪犯罪とされているものが、実は在日韓国人というケースが多発しています。

特殊出生率の悪さは、お隣の韓国(193位、1.22)でも一緒。

韓国では、若い男女ともに70%以上が、移民したい!もしくは韓国に生まれたくなかったと思っています。

国に対して自信がないということは、取りも直さず自分に対しても自信がないことです。自分に自信のない人は、他人に自分を売り込むことが出来ません。好きな相手に好きでない自分を推薦なんてできませんよね。

韓国では、反日教育を通じて人を恨むことしかできないなんて、なんて情けないことでしょう。日本では逆に、自虐史観に基づき、私たちは反省せねばならないと教育され続けてきました。

これでは、日本も韓国も自信をもって結婚をし、子供を産み育てることなんてできません。

私たちはいつも、アジアから孤立している。嫌われている。とマスコミによって、洗脳されてきました。でも、実際はアジアの人たちから尊敬もされ好かれていることが、最近、いろいろな媒体によって明らかになってきました。

ファイル 999-1.jpg

アジアから好かれる日本。日本という国を信じ好きになることで、自分に自信を持ち、安心して好きなお相手に自分を売り込んでください。

そして、結婚しましょうね!