記事一覧

カルタゴの教訓

アイコン

古代ローマ時代(紀元前)、北アフリカにはカルタゴ(フェニキア系と推測)という通商国家がありました。

当時カルタゴは、イタリア半島の先端に位置するシチリア島(ゴットファザーでお馴染み)を含む地中海の島々を領有し、ローマと覇権を競っていました。

やがて両雄はシチリア島の領有を巡って戦争をします。勿論歴史を見てもローマの勝利で終わります。

この後に採った行動がカルタゴの運命を決したのです!

何故、この歴史の話を持ち出したかといいますと、人生には失敗が付物ですがその後の行動または選択しだいで大きく人生が変わることがあることを、歴史から私自身が学んだからです。

あの時、あのような行動・行為をしなければ、今頃あの人と一緒になり幸せな生活を送れたのに!

さてカルタゴは敗戦後、再軍備をやめて平和的な通商国家を目指しました。ローマ帝国から共同して敵と戦って欲しいと要請があるたびに、軍隊ではなく資金協力を申し出ました。カルタゴにはわずかな防衛軍(傭兵)はありましたが戦争はもうこりごりだったので、海軍を再建することはありませんでした。

しかし当時のローマ帝国軍の主力はローマ軍でしたが、近隣諸国が参戦する多国籍軍がローマ帝国軍だったのです。当時、ローマ軍団の鉄則は“血と汗を共に”することであり、パクスロマーナの真髄がここにあったのです。この精神は今も、現代欧米諸国(パクスアメリカーナ)に引き継がれています。

そして平和を希求するカルタゴは常に軍隊を参戦させることなく、諸国から疎んじられ、やがてはローマ帝国軍(多国籍軍)に滅ぼされ地球上から消滅します。短い期間の繁栄でした。

一度結婚に挑戦しながらその失敗を糧に出来ず、自分の殻に閉じこもり戦いを忘れたあなた、人生の選択を誤り地球上から消滅しますか?

逃げるのは容易いことです。ぬるま湯に浸かっていたいでしょう。でも選択によっては周囲の人から尊敬を勝ち得、子孫繁栄することが出来るのです。

さあ!20代の覇気をもう一度取り戻し、結婚に向けて頑張ってください。

コメント一覧