記事一覧

沖の鳥島が!

アイコン

中国と韓国が島として認められないと言っていた沖の鳥島が、国連の大陸棚限界委員会で島として認定されました(麻生元総理の置き見上げ)。

拡大が認められたのは、沖ノ鳥島を起点とした「四国海盆海域」のほか「小笠原海台海域」「南硫黄島海域」「沖大東海嶺南方海域」の4海域。

これいったいなんのこっちゃ!と思われる方が多いと思いますが、日本の国土は現在約38万平方キロ。今回大陸棚の拡大として認定されたのが約31万平方キロ、日本国土の約8割。
ファイル 867-1.gif
排他的経済水域(200カイリ)ってご存知ですか?

大陸棚拡大を認められると、排他的経済水域は350カイリになります。
ファイル 867-2.jpg
この範囲に、皆さんもご存じのメタンハイドレートやレアメタルがごっそりあるんです。宝の山と言うか、宝島と言うか。

そのために、中国は尖閣諸島や沖の鳥島周辺の地質を調査して来ました。自国で開発するためです。
ファイル 867-3.gif
ところが、国連で認められると事情が少々変わります。政府は及び腰ですが、沖の鳥島は東京都に属しますので、またまた石原都知事の出番でしょうか。

水産資源とともに日本の富が増えました。

安心して結婚してくださいね!

トラックバック一覧