記事一覧

お墓参りの仕方

アイコン

夏も近づきお墓参りにお出かけの方も多いと思いますので、一般的なお墓参りの仕方を少々記載します(宗派により異なりますので注意)。

結婚相談所とお墓参りとは、ミスマッチのように思われますが、読んでいただければ意味が解ります。

それでは。

まず用意するものとして、バケツ・新品タオル2枚・タワシ。宗派・場所によりますがお花及びお線香。

お墓に行ったら、まずは簡単なご挨拶(墓参りに来ましたよ!等)。

そして、コケ・カビが生えていたら、水につけたタワシで軽くこすり落とす。古いお墓の場合は、強くこするとお墓が壊れるので注意。

次に新しいタオルを水につけ、キレイに清掃する。
線香台・水入れもキレイに掃除。

更に、乾いたタオルで水分を取りながらキレイに光るように磨き上げる。

最近は大理石のお墓が多いので、光ります。

白川石(京都産)・大谷石(宇都宮産)等の古い墓石は光りませんし、壊れやすいので、あまりこすらないように注意!

最後に、湯のみ、水入れ等にきれいな水をいれ、お花を活け終了です。

おっと、塔婆供養も忘れずに!

お墓の上から水をかけ、掃除もしないでお願い事をしてお仕舞いの人がいますが、それはやめましょう!ご先祖もこいつには期待しないぞと、怒ります。

昔、釈迦像の上から甘茶を掛けた名残りなのか?

これで始めて本当のご挨拶(平穏に暮らしています等)・お礼と、お願い事に入れます。(宗派によりお題目があったり、なかったりします!)

ご先祖も家族のことを心配していますので、たまにはお願い事も良いはずです。

可愛い子供や孫のお願いごと、うれしく聞いてくれますよ!

さあて!何を頼みますか!

やはり、子孫繁栄でしょう。

欲深(宝くじが当たりますよう!)は嫌われます。

先祖にとっても一番の願い事は子孫繁栄ですからね。

独身者であれば“一日も早く結婚できますように”。

さあ!

天気の良い日に、お墓参りにいきましょう!

コメント一覧