記事一覧

相談所はフォーマル紹介型?

アイコン

昨年1年間に結婚相手を探すための活動「婚活(結婚活動)」をしたことがあるという未婚者が、20~40歳代の男女で約4割にのぼることが21日、東京大学のアンケートで分かった。晩婚化が進む“結婚難時代”に幅広い層が真剣に出会いを探していることを示すデータで、婚活は男性よりも女性に成果が出やすいとの実態も浮き彫りになった。
平成17年の国勢調査によると、30歳代前半で男性の47%、女性の32%が未婚という。国立社会保障・人口問題研究所の調査では未婚者の9割は結婚したいと考えており、若者の晩婚化は深刻な問題になっている。
 調査は、東大社会科学研究所が平成20年1~3月、21~41歳の男女3965人を対象に実施した。その結果、19年の1年間で、結婚相手を見つけるために何らかの「婚活」をしたという未婚者は男性で39%、女性で36%にのぼった。
 婚活の方法(複数回答)は、「友人や知人に紹介を依頼」が男性55%、女性59%で最も多かった。次いで「合コン」との回答が男性45%、女性44%と続いた。
 同研究所は、知人の紹介や合コンという婚活を「ネットワーキング型」と名付けた。「親、兄弟の紹介」や「お見合いパーティー」といった婚活を「フォーマル紹介型」と呼んでいる。
 「ネットワーキング型」は、男女とも30歳を超えると体験率が減少する。特に、女性は26~30歳代が34%なのに対し、31~41歳代では22%にまで減少した。
 一方、「フォーマル紹介型」については、31~41歳代の男性の体験率が、26~30歳代の4%から、13%にまで3倍増。収入600万円以上の男性でも体験率が高くなる傾向がみられる。
 婚活の効果をみると、1年間で交際相手ができたという割合は、婚活した女性(21・2%)は、しなかった女性(13・1%)よりもほぼ倍となった。男性では大きな差はなかった。
 東大社会科学研究所の大島真夫・特任研究員は「婚活は年齢を重ねるほど、家族や業者に頼らざるを得ないことが明確になった。特に、男性にその傾向は強いが、女性ほどの効果が得られないという厳しい実態も浮かんだ」と分析する。
産経新聞 IZAより

女性は婚活した方が、効果が高いようだと分析していますが、恋愛ではなかなか聞き出せない、学歴、年収、就職先が一目瞭然でわかるのが結婚相談所です。勿論年齢の詐称も利きません。短時間で結論が出やすいので、賢い女性ほど相談所に登録するようです。

男性はあまり変わらないと分析していますが、そもそも結婚相談所に入会する男性は奥手の男性が多く、世間では女性をなかなかゲットできません。その男性が結婚相談所に入り修行を積むことで、世間並みに結婚出来れば御の字です。

また、年収が高い男性ほど仕事に追われているケースが高く、一般世間でお相手を選び結婚まで持ってゆくのは難しいと思います。高年収の独身男性ほど案外結婚相談所に入会しているものです。

今日結婚が決まりましたと、二人で来たカップルさん。女性はなかなかの美人でしたので、年収数千万円の男性陣からお見合いの申し込みが殺到、男性の方は一流大出の次期社長、なかなかの顔立ちに人間味あふれた好青年。お似合いのカップル誕生でした。早速、私の本業(最近は副業)である不動産もPRさせていただきました。

お幸せに!!