記事一覧

高齢独身者ですか?

アイコン

最近、母親の積極的な関与で結婚に結びつくケースが増えています。有難いことです。

この様なケースでは、父親が健在である方が良いようです。母親の目が子供に集中しないからかも知れません。

過去に、如何しても結婚させられなかった方がいらっしゃいますが、この方はいつも母親と一緒に会に来られる男性会員でした。母ひとり子一人の家庭の方です。

お母さんは80歳くらい、息子さんは40代後半。

息子さんが選ぶお相手は一般的な方ですが、お母さんが選ぶ方はモデル並みのきれいな方や女医さん。最終的には母親の意向どおりの容姿端麗才色兼備。

母親とも幾度となく話し合っても、この希望は変更して頂けませんでした。

何故でしょか?

私たちの結論は、母親は世間の目(周辺は兼業農家の多いところ)を気にして結婚相談所に息子を入会させましたが、実際は息子と二人だけの生活に満足し、息子に高望みをさせ、結婚できないように誘導しているのではないかというものでした。

愛する息子との生活は収入の心配もなく、老後の世話も息子に見てもらう。嫁姑問題もない幸せな人生です。母親からすればこの生活は最高です!ビバ・エンジョイ!後は世間体だけです。

また娘さんの例ですと、一卵性母娘とかパラサイト・シングル的な方が入会され、いつまでも結婚できず的な状態が長く続く方がいらっしゃいます。子離れ・親離れができないのか、母親の幸福の70%までしか娘には認めない方(これを主題に書籍化されたものがあります)なのか。

往々にして父親は子供たちに独立を求めますが、概して母親はあまり独立を求めない傾向があるようです。

子供は独立しないとなかなか結婚出来ませんし、ましてや一卵性母子では結婚しても男性に逃げられます。

子供が可愛いと思うのは親とすれば当たり前の事ですが、自分のために可愛がるのではなく、子供のために突き放すのも親の務めかも知れませんね。辛いですが!

43歳を過ぎると高齢独身者と定義する人もいますが、結婚に年齢はありません。心身ともに自立している方であれば、何度?でもチャンスはあります!
さあ、一緒に頑張りましょう!

ファイル 312-1.jpg