記事一覧

金運up 鷲子山上神社

アイコン

ここ2・3か月、「犬とお散歩シリーズ」(婚活のためのデートコース紹介)をUPしていませんでした。というのも、あまりに暑くて、愛犬と散歩が出来なかったからです。残念!

このところ少々天候もすぐれてきましたので、栃木県と茨木県の県境に位置する、鷲子(とりのこ)山上神社に行ってきました。

途中、「道の駅しもつま」に寄り、製作者のおばちゃんが「今日は旨くできた!!」と大いに売り込んでいた「草団子」をゲット。勿論、野菜も安かったので購入。
http://www.city.shimotsuma.lg.jp/page/dir001734.html

更に、「道の駅みわ」に寄り、「鮎の塩焼き」350円をゲットすべく、立ち寄りましたが休業中。HPでは翌日より2日間休業となっていましたので残念。
http://miwa.s55.biz/

さて、目的地「鷲子山上神社」に到着。早速、鮎の塩焼きを食べそこなったので、神社前にある食堂へ。ここが大ヒット!旨くて安いというコスパ最高。この定食で1000円。食べきれず、おこわご飯はラップに包んでお持ち帰り。隣の入り口からだと犬と食事ができる場所があります。

ファイル 1396-1.jpg
お腹が一杯になったところで、楼門及び本殿に行きお参り。
http://www.torinokosan.com/

ファイル 1396-2.jpg
楼門(随神門・安養閣ともいう)は、文化12年(1815)年建立。
「安養閣」の文字は、権大納言重嗣の筆による。
門には、右大臣、左大臣、仁王様の像が坐する。

本殿は、大同二年(807年)鎮座。天日鷲命(あめのひわしのみこと)大己貴命(おおなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)がまつられています。
現存する本殿は、天明8年(1788)に再建されたもので、三間社流造の銅板葦で千木・堅魚木を配し、向拝を付している。
本殿柱や、頭貫の彫刻構成と装飾の豊かさは、類例をみない奇抜な手法であり、社殿の彫刻の流れを知る上で貴重な遺構です。
(栃木茨城両県文化財)

ファイル 1396-3.jpg
縁結びの大黒様が祭られている大黒社もありますので、独身にはピッタリのパワースポットです。

ファイル 1396-4.jpg
更に、金運UPの梟(不苦労)神社にお参り。金運UPでは全国3本指に入るパワースポットへ。

翌日から何故か金運が上昇。行ってよかった鷲子山上神社でした。