記事一覧

幸福感とは!?

アイコン

米国ハーバード大学の研究者が、興味深い研究結果を米科学誌「サイエンス」に発表していました。

心理学者のマシュー・キリングワース氏とダニエル・ギルバート氏は、iPhoneアプリ「Track your happiness」を使い、2250人から「幸福感」「現在の行動」「今の事に集中しているか、他の事を考えているか」などのデータを収集した。

その結果、ある行動をしている時に他の事を考えている時間は、平均46.9%にも上った。一番「今」に集中していた行為は、セックスだった。一方、幸福感が強かった行為は「セックス」「スポーツエクササイズ」「おしゃべり」と続き、逆に幸福感が弱かった行動は「自宅でのパソコン使用」「休息」「仕事」であった。

気が散るから不幸になる?

結局のところ、不幸だから気が散るのではない。気が散るから不幸になるのではないかと研究者たちは考えている。確かに集中が必要な行為は幸福感が強かったようだ。

「心がさまよっているかどうかが幸福度の重要なバロメータ」だそうなので、幸福になりたい人は、ぜひ目の前の事に集中していただきたい。

嫌なことがあると、ウジウジ考えてしまって、物事に集中できません。今回の心理学者の話で行くと、嫌なことがあるから不幸になるのではなくて、物事に集中できないから不幸になるとのことですが、思い当るところがありますね。

嫌なことがあっても、他の事に集中できている時は、あまり嫌なことを感じません。大きな問題が発生すると、先行していた嫌なことはそっちのけで、この大きな問題に集中します。その時はあまり不幸は感じないものです。

幸福になるためにも、婚活に全神経を集中して、がんばってください。

これぞ、幸福感が得られる特効薬です!