記事一覧

都会に近いと未婚女性が増える!?

アイコン

東京近隣及び大阪周辺と北九州では、25歳から29歳女性の未婚率が高くなっています。

ファイル 1217-1.jpg 25~29歳未婚女性地図
ファイル 1217-2.jpg
地元に残った女性は地元の男性と早く結婚し、大都市に働きに出た女性は独身者が多いようです。

では、大都市及び周辺部に元々住んでいる女性はどうかと言いますと、親元で炊事洗濯親任せ、自治会の参加行事も親任せ、友達と高級レストランでの食事及び海外旅行。
25~29歳未婚女性データ
独身ならばこその生活。

働いたお金は、全額おこずかい。

私も味わってみたい、素敵な生活です。

これで結婚せよと言っても、なかなか止められるものではありません。

でも、最近は少々趣が変わってきているようです。

景気が悪くなり、独身貴族を長くは続けていられなくなったのが、現実のようです。

早めに気が付いた20代後半の女性達は、勿論、結婚相談所を利用するようになってきていますし、遅まきながらもアラフォー女性も参戦し始めています。

最近は女性の方が、結婚相談所に入会する人が増えています。

これは、65歳以上の高齢者の人口比率です。地方は平成7年と比べ極端に比率が高くなってきています。
ファイル 1217-3.gif 平成7年
ファイル 1217-4.gif 平成17年
亀井静香大臣の御国元は、今や過疎地になってきています。

地方での郵便局の役割は、都市部とは比較にならない重要な役割を果たしています。

独身を貫く都会の女性、若者が居なくなってきている地方の過疎地。

地方の再生は、日本の再生にも繋がりかねません。

そして、都会の女性を一日も早く、結婚させることも、日本の再生に貢献できると思っています。

皆さん、私達と一緒に前向きにトライしてください!

応援しますから!