記事一覧

悲しいイチゴ

アイコン

先週、みずほ台の星店長と栃木県にいちご狩りに行ってきました。この時期、ほとんど食べられない、スカイベリーを鱈腹食べる予定で出かけました。勿論、時間無制限の一人1300円と超お得な値段設定。

ファイル 1181-1.png
到着して、早速ハウスに案内され目的のスカイベリーへ。食べ始めて気が付いたのが、他の客が食べ残したイチゴの残骸。ごみ箱に捨てられたイチゴの大半が、先端の一部を食べただけのもの。

イチゴ全体の2割程度しか食べずに、残りはゴミ箱に捨てられた大量のイチゴ。同行者3人でゴミ箱の前で、大きな声で非難。どうやら先行して入っていた中年夫婦が、そそくさと退場。

金を払ったら神様にでもなったつもりになる、低俗な人柄。このようなことをすれば、他の客に粒の大きいおいしそうなイチゴが、行き渡らなくなることに気が付かないとは。

その後、この農園に来た家族連れは、入場できずに断られていました。可哀そうに!

周りに気を使うって、当たり前でしょ!

気を使ってばかりじゃ疲れるから好きなようにするんだと、考えていらっしゃる方がいるのならば、少し、考えを変えてみてください。結婚が早まるかもしれませんよ!