記事一覧

あなた利益!?

アイコン

先日、ある会員さんとお話をしていて感じたことなのですが、何か、とても私の感覚と違う男女平等思想とでもいうのでしょうか、私の考え方が古いのでしょうか、何故か違和感を覚えてしまいました。

お見合いのでの基本は、お茶代(ホテルでのコーヒー代)などは双方折半になっています。ですが、現実的には男性会員が女性のお茶代を支払うことが多いようです。

会社での社交の場であれば、割り勘が主流なのでしょうが、男女の関係では男性が支払うことが多そうですね。これは本能がなせる業かもしれませんね。

女性が妊娠して獲物を獲ることが難しいとき、男性が補佐して食料を確保し女性に分け与えることで、効率の良い役割分担が出来、子孫は繫栄したと思われます。これを公平と言います。

営業が上手い者には営業を。経理の上手い者には経理を担当させることで、効率よく経営ができるわけですが、何でも平等が良い、ジェンダーフリーが良いと思っている人からすれば、公平に行うことは、格差につながると思われるのでしょうね。

女性が男性に頼ることが許せないというか、何で女性を養わなければならないのかと、不満を件の男性会員はおっしゃっていました。人の金で楽をしようなんてふてえ考えだ!

ファイル 1175-1.jpg
孟子曰く「至誠にして動かざる者は未だ之れあらざるなり。誠ならずして未だ能(よ)く動かす者はあらざるなり」

“誠意を尽くして事にあたれば、どのようなものでも必ず動かすことができる。逆に不誠実な態度で事にあたれば、何ものをも動かすことは決してできない”

日本人であれば他人から誠を尽くされれば、それに報いようと思うはずです。男性から誠意を尽くされた女性は、その男性に対して倍返しで臨んでくると思います。「男性に尽くしたい!」と待ち構えているのですから、大きな心でこれに答えてあげましょうよ、男性の方々。

*孟子とは、[前372ころ~前289]中国、戦国時代の思想家。仁義王道による政治を説き、自ら孔子の継承者をもって任じ、性善説・易姓革命説を唱えた方だそうです。