記事一覧

イエス話法

アイコン

ある学生の実験 交通安全の小さいステッカーを、1枚だけ窓ガラスに貼ることを各家庭の主婦に依頼して回りました。勿論、依頼はOKでした。約2週間後、今度は「安全運転」と大書きした立て看板を1週間、家の前に立てさせて欲しいと依頼しました。結果は、76%の主婦がOKでした。ステッカーの依頼をしなかった場合では17%しかOKは得られませんでした。
ファイル 1113-1.jpg
なんでこのような話をするかといいますと、小さく簡単なお願い(お見合いの申し込み)から、大きいお願い(プロポーズ)に発展させてもらいたいからなのです。

皆さんにはあまり聞き覚えの無いものに、SF商法というものがあります。どちらかといえば、お年寄り・主婦を対象に短期間で商品を売り、店じまいする悪徳商法です。

ここで使用しているのがYES話法といって、先ず始めに100円ショップで売っているような商品を無料で配り(このとき「欲しい方は大きい声でハイと言ってください」と一斉に言わせます)、これを何度か行った後、小額の商品から徐々に高額な商品に切り替え、販売する手法です。

これは小さいお願いから大きいお願いを叶えさせる見本のようなやり方です。

それでは、これを実際のお見合いの席で利用した場合(微視的)はどうなるのでしょうか。

お見合い相手に対して、“メニューをご覧になりますか?”「ハイ」“ 注文は○○で宜しいですか”、「ハイ」などなど色々とアレンジできます。

巨視的に見た場合には、お相手の選定・お見合い・交際・結婚になるわけですが、このイエス話法を使ってOKを連発させれば、成婚に至ります。

但し、お相手が自分に相応しいのか、結婚後、この相手に対して愛を継続できるのか、価値観は合っているのか、等々を主体に判断しながら、自分流のイエス話法を開発してみてください。