記事一覧

交際開始の続き

アイコン

交際開始の続きです。

いつも失敗談から入りますが、解りやすいので。

まずは喫茶店から。男性編。
気持ちよくお話をして、さて次の場所へ移動となりました。
支払いはどうしますか? 男性側として。

勿論、割り勘!
ハイ、マイナス1点。
あなたは、お相手に何を望むのですか。

最終的には愛してもらいたい。又は愛したい。
愛してもらいたい相手に支払わせるのですか。

交換の法則(心理学用語)
読んで字の如しなのでここでは解説しません。

まず女性に対しては奉仕の気持ちを持ってください。
お相手の女性の愛が満ちるまで、奉仕あるのみ。

あなたに対して愛が満ちれば、次には嫌になるほど愛してくれます。
ケチほど嫌われるものはありません。

俺はケチじゃないと自認する人で、傍から見るとケチな人が居ます。こう言う人は大きい金額のものに対しては、結構大胆にお金を使います。しかし、小額のものには、ケチるんです。

交際には、この小額をケチらないのが有効打になります。
10万円相当の品物を1回であげるよりは、5万円を小分けして千円単位で10回以上おごってあげるほうが、喜ばれます。

デート中での駅の切符、喫茶店のコーヒー代、軽い食事代、おみあげ、映画の入場料等など。利用すればいいんです。これでプラス1点がどんどん加算されます。
面倒臭がらずに実行してください。愛を得るにはマメさが必要です。

ここで、女性に一言。
おごってくれると思って、喜んでばかりいると、いい男は他の女性も狙っていますよ。
小額でよいから、たまには支払いましょう。男性が驚くぐらい、女性のほうから支払って、好みの男性をゲットした女性も居ますのでご用心。男性だっておごってもらえれば嬉しいものです。